MENU

【元業者が語る】絶対に住みたくないマンションの話

 

「水漏れしてる!」と連絡を受けた設備屋の私は

すぐに現場である市営住宅に車を飛ばしました。

f:id:Haruosan:20190528021912p:plain

ブンブンブーン

 

 

市営住宅は築何十年っていうオンボロマンションです。

(市営や県営マンションは地域によって格差が激しい)

f:id:Haruosan:20190528040151p:plain

 

・・・すぐに現場の部屋の奥様に挨拶をして家に上がる。

「この辺りが一面ビショビショになっていたんです!」

と言われて見るが・・・・水は見当たらない。

f:id:Haruosan:20190528022349p:plain

 

尋ねると・・・・

漏水してた水はふき取ってしまったらしい。

 

ふんふん・・そうかそうか・・

しかし随分広範囲だ・・・

 

 

そして見たところ・・

新たに水が漏れている様子は無いが・・

f:id:Haruosan:20190528022447p:plain

これは一体どういう事だ?

 

 

そもそもの話ですが・・・

『部屋のどこから水が漏れてるか?』

なーんてそうそうわかるもんじゃない。

 

 

とりあえず「給水バルブ」を回して部屋に入る水を止める。

これで水道メーターが回っていたら給水管からの水漏れということになる。

f:id:Haruosan:20190528022726p:plain

キュッキュッ

 

 

・・・しかし水道メーターは回っていない。

では給水管から水が漏れてるわけでは無いのだろう。

 

 

これは原因ではない。

 

さてさて・・・

どこから水は漏れているのか?

f:id:Haruosan:20190528022852p:plain

いや・・・もしかすると・・・・

 

 

さて・・さて・・・・

 

軽く調査して体裁を整えたので次にやることは・・・

 

奥様に「もしかして勘違いじゃありませんか?」

やんわりと尋ねる事である。

f:id:Haruosan:20190528023233p:plain

やさしくね?

 

漏水だと思ったけど、実は子供が水遊びして

家をビシャビシャにしただけだった・・・・

f:id:Haruosan:20190528023412p:plain

・・・なんてことも当然考えられる。

 

勘違い漏水というのはたまにあることだ。

 

 

しかし子供さんはもう小学校高学年であるからして

「そのようなことは考えられない」と奥様は言う。

 

 

(ふーむ?なるほど?)

f:id:Haruosan:20190528022852p:plain

なるほど・・・・小学校高学年か・・・

家をビシャビシャにするような水遊びはしない・・かな?

・・・まぁ確かにそうかもしれない。

 

 

これも原因ではない。

 

次にむき出しの「排水管」を見る。

 

普通のマンションには見られ無いでしょうが、

古い市営住宅では天井から鉄の管がむき出しに生えている場合がある。

f:id:Haruosan:20190528023553p:plain

この古臭い鉄の排水管。

管の湾曲した部分が錆びて穴が開いてしまう場合がある。

f:id:Haruosan:20190528023704p:plain

もしかするとそこから水が噴き出した・・・

なんてことは・・・無いか?

 

脚立の登り確認するが・・・古臭いわりにキレイなものだ。

これも原因ではない。

 

さてさて困ったものだ。

f:id:Haruosan:20190528022852p:plain

 

・・・すると私の携帯電話が鳴り

「着いたよ」と業者から連絡がある。

 

そうなのだ。私の調査はただの時間稼ぎ。

 

ちゃんと『漏水調査のプロ』を呼んでおいたのだ。

(配管工事の業者)

f:id:Haruosan:20190528023934p:plain

業者に状況を説明すると・・・・

 

 

「はぁはぁ・・」と軽い相槌を打ちながら天井を見上げた。

まぁそうだろう。そこを見るだろう。

f:id:Haruosan:20190528024218p:plain

 

水漏れが天井からならば・・・・・

「天井にシミがあるだろう」と考えたのだ。

 

だが・・・老朽化した市営住宅の天井はどこもシミだらけ。

f:id:Haruosan:20190528024357p:plain

パッと見てもよくわからん。

 

 

ちょろちょろと動き回る業者。

 

すると・・・

 

「よし!じゃあ今日は帰るか」と言い出した。

f:id:Haruosan:20190528024547p:plain

 

「えっ?」と驚いて声を合わせる私と奥様。

f:id:Haruosan:20190528024606p:plain

「だってよくわかんねえもん、また水漏れたら教えてよ!」

と奥様に名刺を渡す業者。

 

うーん、まぁそう言われると・・

緊急性も無いし・・・そうなんだが・・

そんなに早く帰るなんてヘンじゃないか?

 

 

私が若輩だからなめられていたのか?

それとも他の現場で忙しかったのかもしれない。

 

「この現場は任せてくれて良いよ!

また進展あったら連絡するから!」

と私に言って走り去る業者。

f:id:Haruosan:20190528024937p:plain

 

仕方が無いので私もこの現場の今後は

彼ら職人に引き継いで帰ることにした。

 

・・・結局、漏水の原因は何だったのか?

 

後日・・・業者からの報告を聞いて・・度肝を抜かれた。

 

 報告はこんな感じ・・・

 

現場である305号室の奥様と

真上の階405の30代の息子さんが

ある日、些細なことで言い争いになったそうだ。

f:id:Haruosan:20190528025210p:plain

 

 

405の息子さんは・・・

 

頭に血が上り・・・

f:id:Haruosan:20190528025336p:plain

 


バケツに水を汲み・・・

f:id:Haruosan:20190528025654p:plain

 

 

その水を床にバラまいた。

f:id:Haruosan:20190528025711p:plain

 

バチャッ!バチャッ!

バチャッ!バチャッ!

バチャッ!バチャッ!

 

何度も何度も・・・・

水を汲んで床にばら撒いたらしい。

f:id:Haruosan:20190528025859p:plain

 

そして・・・・・

 

その水が床にしみ込んで・・・・・

 

f:id:Haruosan:20190528025711p:plain

ドバァ・・・

 

 

そして・・・・その大量の水が

 

305号室の天井から染み出てきたらしい。

 

f:id:Haruosan:20190528030122p:plain

えっ・・・・・うん。

 

 

これが業者から報告された

「漏水の原因」である。

  

 

・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

f:id:Haruosan:20190528030614p:plain

 

「それマジで言ってるんですか?」

 

 

「いや・・そう言ってるんだって・・」



「ええっ・・・・」

 

f:id:Haruosan:20190528031015p:plain

 

意味が分からなすぎるだろ・・・

 

えっ?なんで家に水まいたの?漏水させるため?え?

でも自分の部屋が水浸しになるよね??え?どういうこと?

そんなことあるのか???

 

 

わからない・・・

 

f:id:Haruosan:20190528031015p:plain

 

 

・・・確認のため現場へ向かい

漏水した部屋の奥様が納得しているか確認してみると・・

 

漏水させた子の父親だという痩せこけた男性がやってきて

「この度は申し訳ありませんでした」と謝罪してきた。

f:id:Haruosan:20190528031356p:plain

「2度とこのようなことが無いようにいたします」と言う。

まぁまぁ・・・・妙なトラブルは無い方が私も助かる。

 

 

ちなみに・・・

この漏水騒動に気づいたお父さんが・・・

 

「息子が部屋に水を撒いたせいに違いない!!」

・・・・と奥様の元に自ら謝罪してきて発覚したのだとか。

f:id:Haruosan:20190528033242p:plain

お父さんが言うには親子二人暮らしで・・・・・

息子さんは30代の無職で引きこもりがちらしい。

そして少し・・・なんというか・・

 

心に病があるのだという。

 

そうか・・・心の病か・・・はぁ・・・

うん・・・なるほどねー

f:id:Haruosan:20190528025859p:plain

うっ・・・うん・・・・まぁ・・・・

 

そうか・・・なるほど・・・

 

その後、数週間・・・

305号室で漏水は見られなかったそうだ。

 

 

なにはどうあれ・・

これで解決・・

・・・・ということにするしかあるまい。

f:id:Haruosan:20190528031810p:plain

 

依頼主が良いと言えば良いのだから。

う・・・うん・・・いや・・・ただ・・・

 

305号室の奥様は・・・

「誰かと喧嘩や言い争いなどしたことなんて無い!」

「405号室の息子なんて知らない」と言うのだ・・・・

f:id:Haruosan:20190528034517p:plain

ふーむ・・・ふむふむ・・・

まぁ・・・そうか・・・・・うん。

 

漏水が無いのであれば。

それ以外の事は私には関係の無いことだ。

 

はい・・・・これにて仕事は完了。

 

めでたし。めでたし。

 

 

 

・・・・・・

 

f:id:Haruosan:20190528032639p:plain

 

 

ええ、私には全く理解できませんでした。

 

でもこれは・・・そうだなぁ・・・

理解できちゃダメな話なんだと思う。

 

 

この話を理解できてしまう人は恐らく・・・

尿検査に引っ掛かる人だろう。

 

 

f:id:Haruosan:20190528032934p:plain

 

 

薬ダメ。絶対。

 

 

 

 

・・・・それでは。また。

 

f:id:Haruosan:20190528033800p:plain

 

おわり

 

 

 

【ぜひ見て欲しい最近の作品2つ】

 

15の頃から始めた日雇い&設備屋時代の漫画描きました。

■「日雇い労働少年記」第三話まで描きました。

https://note.mu/keikubi/m/m43f382686a68

 

 

 むーかし勢いに任せて描いた漫画を動画にしてもらいました。

 

■セクハラウォーズ 

https://www.youtube.com/watch?v=ThaFF4t42o0&feature=youtu.be