MENU

純血を守る日本人の話

 

 

自分が純粋な日本人じゃないと教えられたのは、

私が20歳を超えてからのことでした。

 

TVを見ているときに「あの人クォーターなんだって」

と家族の誰かが言うと「ウチと同じじゃん」と誰かが言った。

 

驚いて「えっ?」と私が反応すると・・・・

 

なぜか急に家族一同が顔を伏せて黙ってしまった。

 

「えっ?」

f:id:Haruosan:20180914053608p:plain

どうやら口が軽く頭がオカシイとされていた、

私にだけはナイショにしていたらしい。

 

バカバカしい話に聞こえるでしょうが・・・

もし海外の血が入ってると近所の人や友人にバレてしまったら、

「差別されるかもしれない」

私の家族は本気で思っていたようでした。

 

 

問い詰めて、話を聞いてみると・・・

思った以上に血筋はゴチャゴチャしているようでした。

 

 

言われてから思い出してみると・・・

親戚の中にアカラサマな容姿をしている人がいる。

f:id:Haruosan:20180914042819p:plain

↑こういうね

 

見た目の話をすると・・・

メキシコっぽい人が多いんじゃないかと思う。

(たぶん)

 

当時は凄くショックでして・・・

自分はずっと日本人だけの家系の純粋な日本人だと、

そう思って心のどこかでそれを誇っていたからだと思う。

f:id:Haruosan:20180914054226p:plain

海外の血が入ってるってことが、

なんだか汚らしいモノのようにさえ思えました。

(いまはぜんぜんそんなことはないんですけどね)

 

 

私の家族が警戒していたような

外国の血が入っていると差別されるかどうかの話は別として、

たしかに日本人は血筋 を重要視する人が多いと思う。

 

例えばそれは・・・ 

「凄い人は親や先祖が凄いから凄いんだ」

 

みたいな理屈がないと・・・

凄い人が凄い説明にならないからかもしれない。

 

人気漫画の主人公の設定にも多い。

 

父親が伝説のスーパーサイヤ人だとか。

父親が凄腕のハンターだとか。

父親が革命軍のボスだとか。

父親が魔族の王だとか。

父親が火影だとか。

 

もうあえて主人公の父親だけ登場させない、

みたいな手法をとっている漫画もある。

 

私が暮らしたクソ田舎の居酒屋などは

 

酒が入ると・・・ 

「オレの家は武士の一族なんだよね~」

「どこの武士なの?」

「平家だったらしいよ?」

「バーカ、おれの家は源氏だぞ?」

みたいな先祖自慢合戦が繰り広げられることがありました。

f:id:Haruosan:20180914052644p:plain

 

そんなことをワイワイ言い合っていると・・・

「オレの家は家系図はあるけど?おまえらあるの?」

みたいなマウンティングがさらに始まる。

f:id:Haruosan:20180914052819p:plain

家系図の力は偉大である。

 

 

しょせん酒の上での世間話とはいえ・・

 

みんな血筋の話が大好きだ。

血筋へのこだわりは強い。

f:id:Haruosan:20180914053006p:plain

 

私はそういう話題になると、

そっと席を離れたりして・・・

 

なるべく会話に混ざらないようにしていました。

f:id:Haruosan:20180914053304p:plain

やっぱり、みんな良い血筋が大好きだし。

 

なにより日本製が大好きだ。

海外製品は壊れやすくウサンクサイと思ってる。

 

「日本国籍ならみんな日本人だから!」とか。

「どんな生まれであっても自分は自分!」とか。

なーんて・・・簡単に割り切れない感覚がある。

 

 

 

 

・・・まぁとにかく家族からは、

「血筋の話は人には絶対に言うんじゃないよ?」

と強くクギを刺されておりました。

 

当時は物凄い強烈なショックを受けましたが・・・

 

1年、2年、3年、4年と経つうちに・・・

 

(いやいやいやいやいや、まさか・・・・

血筋くらいでどうこう言う人いないでしょ?)

と冷静に思うようになっていました。

f:id:Haruosan:20180914054411p:plain

 

自分から血筋のことは言わないけど・・・

別にそんなことで差別するヤツいないでしょ~ってね。

 

くだらない話だ。

 

がっ・・・・・しかし・・・・・・・・

 

その数年後・・・・・2度目の婚約の時に、

相手の親御さんからこう言われてしまったのです。

 

「〇〇人の血が入ってるなんて怪しい!」

なんてね?

f:id:Haruosan:20180914054625p:plain

まさかのまさかでした。

 

他にも、かなりボロクソに言われましたが・・

「財産目当てじゃないのか?」とかね。

 

さすがに婚約者の彼女には、

血筋のことは言ってあったわけですが・・

 

(えっここで?人生のこのタイミングで?

まさかこんなとこで突っ込まれる?)

 

みたいにあっけにとられてしまいました。

f:id:Haruosan:20180914054800p:plain

どうせ一生血筋のことなんか

誰からも突っ込まれないだろうと

タカをくくっていました。

 

いやぁでも・・・でも・・・

 

こういう時どうすればいいのか?

 

なんて弁解すれば良いのかわかりませんでした。

 

「日本で育ったから日本人です、怪しくありません!」

って言ったところで・・・・言ったところで・・・・

 

(怪しい・・・怪しいかな・・・・?)

どうすれば自分が怪しくないって証明できるのか?

 

信用される方法がわかりませんでした。

 

そこでさらに・・・・さらにさらに・・・

 

親御さんは出してくるわけですよ・・・

 

アルティメットマウンティングウェポン

    『家系図』

f:id:Haruosan:20180914055312p:plain

こうかはばつくぐんだ!

 

江戸時代から続く由緒正しい純血の日本人家系らしい。

 

これこそ真の日本人である証明!

 

信頼の証!

 

私達は純粋な日本人による日本人だけの純潔家系。

 

オマエとは違う!

f:id:Haruosan:20180914055917p:plain

 

・・・・くらいの勢いと圧力を家系図から感じた(笑)

別にそこまでは言われてないですけど。

 

街中にビルみたいな家建てて住んでいましたから、

そりゃお金持ちで良い家庭なんでしょう。

 

ああ、すごい・・・・

 

その『由緒正しい一族の家系図』

まるで生まれた瞬間から自信と自己肯定感を

与えられているかのような奇跡のアイテムだと思う。

f:id:Haruosan:20180918065620p:plain

本当に羨ましく思いました。 

 

 

最終的には「家柄が合わない」っていう一言で

婚約は破棄となったんですが・・・・

 

まぁ・・・なんていうか・・・

 

 

自分たち一族が代々守ってきた

素晴らしい『家柄』素晴らしい『血筋』

私みたいなゴチャゴチャと血が混じった無能の貧乏人が

間違っても一族に入るなんて許せなかったんでしょうね。

 

f:id:Haruosan:20180914062959p:plain

それは代々培ってきた伝統と誇りみたいなものだから、

今更変えられない感覚なんだろう。

 

それは・・・・・もう仕方ない。

生き方はそう変えられるもんじゃない。

 

私も今となっては「自分は自分!」とかじゃなく、

「べつになんでもいいや・・」みたいな感覚で生きてます。

 

自分がどうのこうの~なーんて考えない。

 

晩御飯に何食べるか悩むので精一杯ですよ。

f:id:Haruosan:20180918070400p:plain

 

おしまい

 

f:id:Haruosan:20180918071251p:plain

 

 

【寄稿のお知らせ】

 

▼面白く書けたので、読んでください。

  ▼借金玉さんとnoteで人生相談始めました。

チャリティー企画で 有料300円

売り上げは被災地に寄付します。

 

ハルオサンと借金玉の雨やどり人生相談|note

 

 よろしくお願いします。