MENU

崖っぷち小学生と金を撒く浮浪者

 

 

小学生の頃・・・

よくみんなで公園に遊びに行った。

 

鬼ごっこをするためだ。

 

でも・・

その日の公園はいつもとチョット違った。

 

友人の一人が小声で言った。

「へんなひといる」

f:id:Haruosan:20180704025111p:plain

友人が指さす方を見ると・・・

 

ベンチに汚いオッチャン。

地面には叩きつけられた白米。

f:id:Haruosan:20180704021807p:plain

・・・・なんだなんだ??

 

 

この光景を見た幼い私たちは

ついワクワクしてしまった!

 

f:id:Haruosan:20180704022324p:plain

まいにち、まいにち、

公園で繰り返す鬼ごっこに飽きてたんだと思う。

 

みんな刺激が欲しかったんだ。

 

私達は汚いオッチャンに話しかけた。

 

「ねえねえ!!」

 

呼ばれたオッチャンはこちらを振り返った。

 

友人たちは遠慮なくオッチャンに質問をする。

 

「なんでゴハン捨てたの!?」

f:id:Haruosan:20180704025328p:plain

 

「食いたくねえからだよ!」

オッチャンは笑顔で答えてくれた。

f:id:Haruosan:20180704023017p:plain

 

どうでもいい答えなのに・・・

何故か私たちは感心してしまった。

 

f:id:Haruosan:20180704023240p:plain

 

 

私達とオッチャンは少し世間話をしてバイバイした。

f:id:Haruosan:20180704025448p:plain

・・それからオッチャンは

まいにちのように公園に居るようになった。

 

どうも仕事はしていないらしい。

 

私達はオッチャンを見かけるたび話しかけた。

 

そして・・・・気づけば私達だけでなく、

公園に来る子供達全員が

オッチャンに話かけるようになっていた。

 

「オッチャン!」「オッチャン!」と。

f:id:Haruosan:20180704025650p:plain

オッチャンは話しかけると、

たまにお菓子をくれた。

 

しかし・・・しばらくすると・・・

オッチャンは普通にお菓子をくれなくなった。

 

オッチャンは「ほらっ!」

お菓子を遠くに放り投げる。

f:id:Haruosan:20180704030109p:plain

すると私達は、一斉に走り出し・・

お菓子を必死に奪い合った。

 

犬みたいに。

f:id:Haruosan:20180704030337p:plain

わんわん

 

 

 

当たり前だけれど・・

 

オッチャンの要求は

少しづつエスカレートしていった。

 

「100円やるから、そこから飛び降りろ!」

みんな競い合って、遊具から飛び降りた。

 

もちろん私も・・・・

f:id:Haruosan:20180704034500p:plain

 

「ほら、飛んでみろ!」とオッチャンが言う。

 

f:id:Haruosan:20180704034717p:plain

ドンっと飛び降りると・・足がビリビリする。

 

みんなドンッドンッと遊具から飛び降りる。

 

しかし中には上手く出来ない子もいる。

一人飛び降りてケガをしてしまった子供がいた。

f:id:Haruosan:20180704035612p:plain

 

オッチャンは半泣きの子を見て言う。

「お前がドジだから悪い!」

 

みんな「そうだ!そうだ!」と同調する。

f:id:Haruosan:20180704035813p:plain

オッチャンが「危険だから止めよう!」

なーんて言い出したら大変だからね。

 

 

「お金をくれるオジサンがいる」

そういう噂が立つと・・・

 

公園に来る子供は少しづつ増えていった。

しかし増えているのは子供だけじゃなかった。

 

汚いオッチャンの数も増えていた。

f:id:Haruosan:20180704040033p:plain

 

ある日、私が公園に行くと・・・

汚いオッチャン達が

「いいぞ!がんばれ!」

大きな声を出していた。

 

・・・・何がなんだかわからない。

 

私がオッチャン達が見ている崖を見上げると・・・・

f:id:Haruosan:20180704040159p:plain

驚いた。

 

 

上級生たち数名が・・

『崖』を必死によじ登っていた。

 

f:id:Haruosan:20180704040720p:plain

ヤモリのように。

 

 

崖といっても、石垣のようなもので

大きな石がごつごつと飛び出している。

 

・・・・しかし頂上まではかなり高い。

 

10数メートルはある。

 

子供には過酷すぎる。

f:id:Haruosan:20180704040948p:plain

 

 

下から見てもゾッとした。

 

 

 もし落ちたら・・・ 

 

 

f:id:Haruosan:20180704041600p:plain

 ケチャップゴハン

 

(なんでこんな危険なことをしてるんだ?)

・・・・という疑問はすぐに打ち消された。

 

 

「登りきったら千円だぞ!」

とオッチャンが大声で叫んだからだ。

f:id:Haruosan:20180704041921p:plain

(千円!?)

 

小学生の我々にとって千円は大金。

プラモデルだって買える。

 

 

千円と聞いて私は納得した。

 

いや・・・・

 

(千円なら・・やりたい!)

 

 

そう思った。みんなそう思っただろう。

f:id:Haruosan:20180704042339p:plain

 

オッチャン達がさらに大きな声をあげる。

「さぁもう少しだ!がんばれ!」

 

まるで・・・・

競馬か競艇を楽しんでいるかのように・・・

 

オッチャン達はガハハと笑い合っていた。

f:id:Haruosan:20180704042751p:plain

この汚いオッチャン達による

命がけの『子供レース』

しばらく開催され続けた。

 

が・・・・

 

学校か誰かの親が文句を言ったらしく、

 

気付けばオッチャン達は居なくなっていた。

f:id:Haruosan:20180704043310p:plain

きっと・・・・

また別の公園に行ったんだろう。

 

 

・・これは子供の頃にたまたま出会った

『特殊な変人達の話』だと思っていた。

 

 

・・・でもよく考えてみると

大人になっても私の世界は

あの公園と何も変わらなかった。

 

 汚い上司が私にこう言うんだ。

「さぁ飛べ!飛んだら100円だ!」

f:id:Haruosan:20180704043745p:plain

 

 

 無茶ぶりもほどほどだよ・・・・

f:id:Haruosan:20180704044422p:plain

・・・・・・・

 

 

・・お金を出して無茶ぶりをする大人。

そして誰も幸せにならない不毛な仕事。

 

そんなことを十数年・・・

ずっと繰り返していたなぁと思う。

 

 

今おもえば、あの公園の子供レースは

とてもためになる茶番だったんだ。

 

f:id:Haruosan:20180704040720p:plain

 

『こうなっちゃいけない』

あの公園にはたくさん詰まっていた。

 

 

おわり

 

 

【寄稿のお知らせ】

 

▼NHKとの不毛な争いについて書きました。

めちゃくそよく書けたから読んでください!

 

news.woshiru.com