MENU

災害・防犯対策に最もオススメのガジェット

 

 

最近は物騒な事件が多い。

 

f:id:Haruosan:20180618044153p:plain

『新幹線殺傷事件』を見て改めて思う、

身を守る手段は常に持っている方が良い。

 

事件の犯人は新幹線の中で、

とつぜん刃物を振り回したのだ。

f:id:Haruosan:20180618041923p:plain

 

犯人に動機を聞いてみると

「誰でもいいから殺そうと思った」

なんていう理不尽な理由を言ったそうだ。

 

どうしても一定数、

理不尽に暴力を振るう理不尽な人間が

この平和な日本にもいるのだ。

f:id:Haruosan:20180619015628p:plain

 

先日、6月18日には『大阪地震』

とつぜんの災害で多くの犠牲者が出てしまった。

 

 

・・必要以上に不安になる必要はありませんが、

「他人事」だとか「自分は大丈夫」などとは

思わないほうが良いでしょう。

 

ある程度の『備え』は大事だと思う。

f:id:Haruosan:20180619015301p:plain

言い出したら切りが無いのですが・・

 

 

私は防犯・防災時の対策ガジェットとして、

『フラッシュライト』をオススメしたい。

 

 

▼私が3年ほど使っている製品はコチラです。 

※この商品を勧めるわけじゃありませんので、

 フラッシュライトの一つの例として

 参考までに聞いてください。

 

 

■護身グッズとして勧める理由

 

①即座に暴漢の行動を制限できる

②必要以上に相手を傷つけない

③携帯しやすい

 

■防災グッズとして勧める理由

①夜間や暗がりの移動には必須

②防水で衝撃に強い

③携帯しやすい

 

 

参考までにお話しを続けますが、

フラッシュライトの中で

この製品を選んだ理由は5つ。

 

①2000ルーメンが出る。

 

普通の懐中電灯が

だいたい『10~50ルーメン』くらいです。

2000ルーメンで失明はしませんが、

近距離で当たると目がくらみます。

 

一番大切なのは

『目がくらむだけ』という所でしょう。

 

刃物やスタンガンなど、

必要以上に傷つけてしまう道具は

例え暴漢相手でも使いずらい。

f:id:Haruosan:20180619020411p:plain

同じフラッシュライトだとしても、

失明させるほどの光も必要無い。

 

 

この『2000ルーメン』

光の当たり具合にはよりますが、

光を当てられてから

視界がハッキリ見えるようになるまで、

『10数秒』はかかります。

f:id:Haruosan:20180618045342p:plain

※自分にも知人にも何度か試しました。

 

暴漢が目をくらませているうちに、

逃げられる状況なら逃げる。

もしくは助けを呼びましょう。

 

f:id:Haruosan:20180618045456p:plain

②適度な大きさがある。

 

フラッシュライトは様々ありますが、

大きすぎても小さすぎても良くありません。

 

大きすぎれば邪魔になります(携帯できない)

即座に使うことも隠し持つことも出来ません。

 

暴漢相手に目つぶしからの

格闘などは絶対にオススメしませんが・・・・

 

f:id:Haruosan:20180618051558p:plain

もし最悪の場合は、

握った手から少しハミ出るくらいの

大きさであれば打撃武器にもなります。

f:id:Haruosan:20180619020755p:plain

長すぎても、太すぎても使いずらい。

 

 

このライトの場合は先端にベゼルが付いています。

f:id:Haruosan:20180619002641p:plain

災害時にはガラスを割ったり

するのにも使えますね。

 

 

・・それでも暴漢に追い詰められ、

止む終えず格闘する状況になったとします。

 

相手が武器や格闘技経験者であっても、

フラッシュライトで目くらましができれば、

普通に格闘するよりは・・・・

有利な状況に出来るかと思います。

 

f:id:Haruosan:20180618045748p:plain

もう一度言いますが、

格闘などはオススメはしません。

 

危険な人からは即逃げましょう。

f:id:Haruosan:20180618045456p:plain

 

③スグに2000ルーメンが出せる

 

ライトの中には、

小・中・大といった順番でしか、

明るさを大きくできないモノもあります。

 

この製品は最後に付けた明るさを記憶します。

 

あと背後にあるボタンに

ストロボ機能が付いており。

 

ワンタッチで

パパパパッと強烈な光が点滅して、

相手を幻惑します。

 

f:id:Haruosan:20180619021429p:plain

このストロボが強力でして、

知人に頼んで見てもらったところ、

「気持ち悪くなる」とのこと。

 

とにかく素早く使えること、

『瞬時に取り出して使える』

というのは大きなポイントです。

 

④防水

 

災害時はもちろんですが、

私はハイキングなどで使用しますので、

防水機能は必須だと考えております。

 

f:id:Haruosan:20180619021747p:plain

災害時は建物が崩れて雨が漏れたり、

排水管が壊れたりなどで

大量の水を浴びることもあるでしょう。

 

簡単に壊れてしまっては

緊急時に持ってる意味がありません。

 

 

⑤USB充電が可能

 

日常生活で使うにしても、

災害時にもUSB充電のほうが便利でしょう。

 

f:id:Haruosan:20180619022255p:plain

私は携帯バッテリーで充電しています。

 

 

この製品を勧めているわけでは無いので、

使っていて感じた不満点も書いておきます。

 

①2000ルーメンは数十秒使うと高熱になる。

 

2000ルーメンはあくまで緊急用。

 

ライトは4段階あるので、

普段は2000ルーメンは使いません。

 

ただ、カバンの中で

2000ルーメンのボタンが

オンになってしまった時・・・

 

知らない間にカバンの中で

高熱になってしまい怖い思いをしました。

f:id:Haruosan:20180619022652p:plain

壊れたりはしませんが・・・

 

ちゃんとケースの中に入れておけば

大丈夫かとは思います。

 

2000ルーメン以外は普通のライトです。

それらは使用しても熱くなりません。

 

他は・・もう3年ほど使いましたが、

自分としては特に不満はありません、

 

フラッシュライトを携帯して捕まらないか?

 

結論、捕まります。

 

ただし、懐中電灯を持っていても捕まることがあります。

www.j-cast.com

 

警察が捕まえようとか怪しいと思ったら、

何を持っていても捕まるでしょう。

 

ただナイフやスタンガンを携帯するよりは、

圧倒的に捕まりにくいとは思います。

f:id:Haruosan:20180619024140p:plain

見た目はただの懐中電灯ですから。

 

 

 護身について

 

『刑務所一日体験』という番組で

自衛のためにナイフを持ち歩く少年に対して、

受刑者の一人がこう語り掛けました。

 

「もし相手が本気なら

ナイフなんて持っていても意味が無いぞ

そうならないように生きる事が大事なんだ」

f:id:Haruosan:20180619020411p:plain

あと護身といえば合気道ですが・・・

 

合気道の達人と呼ばれた塩田剛三氏が

「合気道で一番強い技は?」

と聞かれて答えたのは・・・

 

「自分を殺しに来た相手と友達になることさ」

だった。

 

f:id:Haruosan:20180619025125p:plain

日頃からヤベー奴には近づくな。

無暗に敵を作るな。

 

突発的な暴力にはどんな武器を持っていても、

なかなか対処出来ないぞ。

 

と・・・いうことだと思う。

f:id:Haruosan:20180618044153p:plain

日頃の生活態度から改めろということですね。

 

 

 

・・・ただ、真っ当に生きていても、

『新幹線殺傷事件』の被害者のように

突発的な犯罪や災害に巻き込まれることはある。

 

f:id:Haruosan:20180618041923p:plain

フラッシュライトでどこまで

犯人を抑える事が出来るのか?

 

 

仮に『十数秒のめくらまし』が出来たらなら

・・・無事に逃げ延びられるのか?

f:id:Haruosan:20180618045748p:plain

それは・・全く断言できません・・

 

・・・もっともっと強力な

護身用の武器もあるでしょう。

 

相手を失明させてしまうほどの

フラッシュライトもあります。

f:id:Haruosan:20180618045245p:plain

 

・・・しかし私としては

『自分も他人も傷つけたくない』と考えた末に、

このフラッシュライトを選択しました。

f:id:Haruosan:20180619032149p:plain

守らなきゃいけないのは、守りたいのは、

自分の身の安全だけじゃないですからね。

 

 

・・・災害時や防犯対策に

こういうガジェットが一つあるだけで、

守れるモノが沢山あると思います。

 

今回は私が愛用しているライトを例に

お話をしましたが・・・

 

もっと自分に合った

良いガジェットもあるハズです。

 

是非、一度検討してみてください。

 

 

おしまい

 

f:id:Haruosan:20180619031733p:plain

主に自分を目つぶしして楽しんでいます。