MENU

婚約破棄を3回して気づいたこと

 

 

初めて彼女が出来たのは23歳の時だった。

 

f:id:Haruosan:20180604223917p:plain

・・・それからなんやかんやで、

3人の女性と3回をした。

 

そして3回の婚約破棄を経験した。

 

f:id:Haruosan:20180604224504p:plain

 

 

別れた理由はモチロン

ひとことで表現しきれませんが・・

 

『無理をしてしまったからだ』

後からそう気が付いた。

 

社会に出てから10数年が経ちますが、

私は『無理』をして働き続けた。

 

警察官、死体痕の清掃、営業などなど・・・

 

休みが無くても、給料が数万円でも、

殴られても蹴られても・・・・・

意地を張って無理無理を重ねてきた。

 

f:id:Haruosan:20180604225328p:plain

 

無知な私は大切なことに気づけなかった・・

この無理で傷つくのは自分だけじゃないってことに。

 

f:id:Haruosan:20180604225732p:plain

 

自分の無理は、恋人や家族までも傷つけてしまう。

 

 

「愛し合う」っていうのは、お互いの肉体や精神が

液体のように混ざり合うモノだと思う。

 

f:id:Haruosan:20180604230142p:plain

私が無理をして辛くなると、

彼女も同じように辛い気持ちになる。

 

私の「無理」が大切な人を汚染してしまった。

 

「大丈夫?」「そんな仕事やめて!」という

私を気遣う言葉さえ無視してしまった。 

 

結局・・私は無理に無理を続けて・・

仕事中に首の骨を曲げてしまった。

f:id:Haruosan:20180604230510p:plain

 

・・・・そして運ばれた病院で

十数年に渡る「無理」がやっと止まった。

f:id:Haruosan:20180604230746p:plain

 

体を壊してやっと気が付いた

「ああ・・・無理だったのか」と。

 

アホである。

 

無理とは無知だ。

 

 

しかし気付くのがあまりに遅すぎた・・

すでに私の周りには誰もいなくなっていた。

 

みんな私の無理に耐えきれなかったんだ。

f:id:Haruosan:20180604231122p:plain

3度目の婚約は破棄され、

家族からも縁を切られてしまった。

 

無理とは理(ことわり)が無いということ。 

 

私はできもしないこと(無理)を続けたことで、

仕事も家族も婚約者もすべて「無」にしてしまった。

f:id:Haruosan:20180604231606p:plain

無理をすることで見える世界もある。

だけど無理の果てにあるのは「無」だけだ。

 

f:id:Haruosan:20180605001957p:plain

 

 

・・私が仕事で無理をするときは

「自分がやらなければ!」

「自分が頑張らなきゃ!」

と常に責任を感じていた。

 

f:id:Haruosan:20180604231934p:plain

でも・・私が病んで会社を去ったあと・・

とくに会社にダメージは無かった。

 

つまり私の代わりなんていくらでも居たのだ。

 

f:id:Haruosan:20180604232251p:plain

だから無理をする必要なんて無かったんだ!

 

でも・・愛する人にとっては・・・・

私は唯一無二の存在だったはず。

 

会社のために無理をするのではなく、

愛する人のために無理を止めるべきだった。

 

f:id:Haruosan:20180604235748p:plain

 

もちろん責任や義務感は大事だけれど・・

本当に守らなきゃいけないモノを見失っていた。

 

ただただ、『強い人間』になりたかった。

無理が出来る自分は強い人間だと思っていた。

 

f:id:Haruosan:20180605030123p:plain

無理をすると「お前はスゴイ!」

褒めてくれる人が会社には居たからだ。

 

でもそれは強さじゃなかった・・・

 

ただ周りに流されているだけだったり、

都合よくコントロールされているだけだった。

 

 

愛する人のために「無理」なことに対して

「無理です!」とそう言えることこそ

本当の強さだったのかなって・・・・思うんだ。

 f:id:Haruosan:20180605002359p:plain

 おわり

 

www.keikubi.com