MENU

警察官による上司射殺事件によせて

 

19歳の警察官が、上司の頭を銃で撃ちぬいたらしい。

 

f:id:Haruosan:20180418015114p:plain

この事件に関しての警察関係者の意見が凄かった。

 

「撃たれた上司に問題は見られない、

 若者特有の突然のブチ切れじゃないか?」

 

「最近の警官はこらえ性がない」

 

「昔は警察学校でもっと殴られていた、

ケンカの仕方がわからないから銃なんて使うんだ」

 

ニュースでこんな警察関係者の意見を見て、

おお?・・・・あ・・・・ああ?・・ってなった。

f:id:Haruosan:20180419003517p:plain

警察は相変わらずである。

 

 

いまから10数年前、私も上司を撃った彼と同じく、

18歳で警察官になった。

私はそこで上司からパワハラを受けた。

( ※彼の上司がどんな人だったかは知らないが)

 

 

その警察官をクビになった話が、

このブログの記念すべき第一記事だ。

 

▼コレ、暗いので読まなくて大丈夫です。

 

警察が不祥事を起こすたびに、

このブログのアクセスが急激に伸びる。 

 

最近は数日で40万を超えるアクセスがあった。

いかがなものかと思う・・・・

 

さてさて・・・・上司を射殺か・・・・

 

警察だけでなく、社会に足を踏み込むと、

ぶっ殺してやりたい上司の一人や二人いるもんだ。

 

f:id:Haruosan:20180419005256p:plain

「そんな上司はいない!」と言う人は、

よほどの人格者か、たまたま周りの人に恵まれたか、

社会に足を踏み出したことが無い人でしょう。

 

 

私が出会った上司たちの話を

かるーく・・・しましょう・・・

 

ある上司は、

従業員を騙し、安い給料で過酷な労働をさせた。

 

そこで一人の同僚が死んだ。

 

顔がパンパンに膨れ上がってね・・・

日に日に紫色になって死んでいった。

f:id:Haruosan:20180419011353p:plain

あの顔、死ぬ間際の顔。今でも思い出す。

 

金も休みも無く、病院にも行けなかった。

そんな・・人の命を何とも思わない上司もいる。

 

 

海外から技術研修?にきた女の子を・・・

自分のオモチャにしてた人もいた。

f:id:Haruosan:20180419012144p:plain

 

その女の子を見かけなくなったので、

理由を尋ねてみると・・・

 

「泣いて嫌がるようになったから、追い出してやった!」

と職人たちはゲラゲラ笑いながら言う。

 

胸糞の悪い話だ。

 

 

この件について他の職人に意見を求めみても、

「職人ってのはそういう世界だ」

なんてことしか言わなかった。

 

自分達がやっているのは特別な仕事だから、

多少人道に外れることをしても仕方ない。

 

・・そういう考えが私には全く理解できない。

 

警察だって、そういう傾向が無いだろうか?

 

 

ある営業の会社では、

 従業員に過剰な暴力を振るう上司も居た。

f:id:Haruosan:20180419013026p:plain

一人の従業員が鬱になり、

車道に飛び出して死んだ。

 

f:id:Haruosan:20180419013258p:plain

しかも・・・・・上司はそれを美談にした。

 

「死んだあいつの分も頑張ろう!」って

よく涙を流しながら話してたっけなぁ・・・

 

バカバカしい・・・・

 

・・こんなクソ上司の話をしてたらキリが無い。

 

 

そして、そんな彼らに天罰が下る日は来ない。

f:id:Haruosan:20180419015438p:plain

商売も繁盛しているし、

 

きっと楽しく暮らしている。

 

アニメやドラマの話じゃないんだ・・

これが現実。

 

彼らが死ねば、世の中が少しは良くなるんじゃないか?

そう考えたことも・・・無いと言えばウソになる。

f:id:Haruosan:20180419015553p:plain

 

そして私が18歳で警察官になった時、

直属の上司がクズだった。

 

私は仕事のミスが多く能力不足だった。

だから、辞めるようにうながされたのですが・・

これは仕方ない。仕方ないんですが・・・・ 

 

上司はサディストだった。

 

毎晩私を呼び出して、クズだバカだと

ののしる事を楽しんでいた。

その役割を楽しんでいた。

f:id:Haruosan:20180419013913p:plain

でなければ、私は10年も不眠症やら、

鬱に悩まされることもなかった。

 

 

私を侮辱する時に出て来る・・・・

あの笑いをククッとこらえる表情・・・

f:id:Haruosan:20180419014229p:plain

どうも・・・あの表情が忘れられない。

 

 

人に命令したり、追い詰めたり、

侮辱することに快感を覚える人は多い。

 

f:id:Haruosan:20180419014932p:plain

そのために必死に努力して、出世して、

人の上に立つ人だっているんだろう。

 

警察だろうと、民間企業だろうと人間は人間。

 

なにも珍しい話ではない。

 

もちろん19歳の少年が頭を撃ち抜いた警察官が

どういう人間だったかは知りません。

 

 

ただ私の上司だった警察官は、

大勢の人から尊敬されていた人でした。

f:id:Haruosan:20180419015053p:plain

同期は「〇〇教官みたいになりたい!」

「〇〇教官はかっこいいよなぁ」

 そう口々に言っていました。

 

彼らにとっては、

紛れもなく素晴らしい上司だったんだろう。

 

人は色んな顔を持っているし、

相手によっても態度を大きく変える。

 

 

・・・ただ19歳の彼にとっては、

上司は殺したいほどの人だったんだろう。

  

 

じゃあ性格の悪い上司だったら、

殺してもいいのか?

 

という話は・・答えるまでもない話。

f:id:Haruosan:20180418015114p:plain

 

 

私が警察官を辞めることになり、

警察学校を去る時、上司が別れ際に笑顔でこう言った。

 

「俺のことを恨んでくれていいからな?」

 

f:id:Haruosan:20180419015308p:plain

 

ぜひ、みんなに聞きたい。

 

 

この言葉の意図はなんだろうか?

 

 「俺のことを恨んでくれていいからな?」

 なぜこの場面で、こんなことを言ったのか?

 

私はこういう意図だと思いました。

 

お前に酷いことを沢山したけれど、

俺は悪くない、本当は良い人間なんだ。

 

仕事だったから、仕方なかったんだ・・

だからどうかオレを恨まないでくれよな?

 

 

いや、もしかしたらこうだろうか?

 

警察官は特別な仕事、

ちょっとヤリすぎちゃっても、

お国の為、大義のためだから許してくれるよな?

 

・・・・調子が良すぎないだろうか?

 

 

私はキレそうになった。

f:id:Haruosan:20180419015936p:plain

適性の無い警察官を辞めさせる⇒わかる

 

公務員ゆえ辞めたくない警察官を

無理に辞めさせる方法が恫喝しかない⇒わかる

 

「だから、パワハラも仕方ないよね?」

という話にはならない。

 

毎晩、毎晩呼び出され、

バカだアホだ頭がオカシイと、

罵って良い理由にはならないと思う。

 

 

そして私の去り際に大勢の前で、

さも自分を善人かのように見せる、その演出

f:id:Haruosan:20180419022701p:plain

  

 

 

殺してやろうかと思った。

 

f:id:Haruosan:20180419015936p:plain

 

もし・・当時18歳の自分の手に拳銃があったら・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

f:id:Haruosan:20180419014720p:plain

 ・・・・・なんてね。

 

 

この上司の良い人アピールを聞かされて・・

 

頭がクラクラした、

吐き気もした。

f:id:Haruosan:20180419020511p:plain

あこがれだった警察官をクビになり、

精神的に追い詰められすぎていた。

 

まだ当時は18歳の少年だったんだ。

 

 

その・・直後だったと思う・・・

 

 

また一人の教官が、目の前に駆け寄ってきた。

f:id:Haruosan:20180419021218p:plain

なんだ?なんだ?

 

 

その教官は私が上司に罵倒されている時、

いつも後ろに立っていた岩のような教官だ。

f:id:Haruosan:20180419021415p:plain

 

教官は私に近づくと・・・

汗をだらだら垂らしてパクパクと口を動かした。

f:id:Haruosan:20180419020750p:plain

「俺は…」

 

俺は俺は・・・と教官は繰り返した後、

 

「がんばれよ!応援してるぞ」

と・・・励ましてくれた・・気がする。

 

 

いや・・実は頭がまわらなくて、

よく聞き取れなかったんだ。

f:id:Haruosan:20180419020511p:plain

・・・でもその表情や仕草から、

教官の演技でも演出でもない、

温かい気持ちは感じ取れた。

 

f:id:Haruosan:20180419053558p:plain

そうだ・・・そうだった・・・

教官は嫌だったんですよね。

 

どんな理由があっても、 

部下を追い詰めるようなやり方。

 

 わかる、わかってた。

 

上司が私を罵倒してる時・・・

ずっと目をそらしてたもんなぁ・・・

f:id:Haruosan:20180419021626p:plain

 

 

つらい・・・

 

つらい仕事だと思う。

f:id:Haruosan:20180419021029p:plain

 

警官だって・・・いろいろだ。

 

いろいろなんだと思う。 

 

 

おわり