MENU

近所のラーメン屋が潰れた話

 

数年前・・・・・

家の近所にラーメン屋がオープンした。

『魚のラーメン』がウリらしい。

f:id:Haruosan:20180301003701p:plain

珍しいので会社帰りに寄ってみた。

 

入ると30代の女性が、

「らっしゃ~い」と明るく迎えてくれた。

f:id:Haruosan:20180301003900p:plain

調理場からは40代の男性が

こちらをジッと見つめていた。

 

f:id:Haruosan:20180301004211p:plain

どうやら夫婦で経営しているらしい。

 

店はガラガラ。

 

私のほかにお客さんはいないようでした・・・

f:id:Haruosan:20180301011943p:plain

カウンター席に座り。

 

わたしは迷わずメニュー表の一番上にある、

魚のラーメンを1杯注文しました。

f:id:Haruosan:20180301004426p:plain

出てきたラーメンは・・・・

『魚の独特な匂い』はあるものの、

なかなか美味しく頂けました。

f:id:Haruosan:20180301004605p:plain

(なんでお客さんが居ないんだろうか?)

 

まぁ商売の事はよくわからない。

 

ラーメンを食べ終わった頃、

さて帰ろうか・・・と思っていると・・・

 

「今日はもう店じまいだから、

  良かったらコレ・・・・」

と突然おかみさんが、

『何か』を差し出してきた。

f:id:Haruosan:20180301004816p:plain

おそらく店の残り物だろう。

 

ギョーザ?カラアゲ?チャーハンだろうか?

 

しかし・・・差し出されたのは・・・

『白米』だった。

f:id:Haruosan:20180301005212p:plain

 

なぜだ?

f:id:Haruosan:20180301012134p:plain

 

しかもけっこー盛られてる。

f:id:Haruosan:20180301005322p:plain

 えええ・・・・

 

 

上目遣いでおかみさんをチラリと見る。

f:id:Haruosan:20180301005702p:plain

満面の笑みを浮かべている。

 

あ~良いことをしちゃったなぁ~

 

そんなことを思っているのだろう。

f:id:Haruosan:20180301005855p:plain

その笑顔・・断りづらい。

 

 

「ありがとうございます!」

もう・・そう言って食べるしか無かった。

f:id:Haruosan:20180301010203p:plain

 

食べ終ったラーメン。

その横に、もりもりの白米。

 

オカズは無い。

別に腹も減っていない・・・・

f:id:Haruosan:20180301010726p:plain

(どう処理すればいい?)

 

おかみさんはどういうつもりで、

この白米を出してきたのか?

f:id:Haruosan:20180301005212p:plain

考えた・・・・・まさか?!

 

ラーメンの残り汁に白米を入れて食え』

そういうことなのか?!

f:id:Haruosan:20180301010513p:plain

下品である。

 

いや・・家でカップラーメンに、

白米を入れて食べたことは確かにある。

f:id:Haruosan:20180301011316p:plain

しかし外食先でそれをやるのか・・・?

 

 

では逆にラーメンの残り汁を白米にかけるか?

f:id:Haruosan:20180301012636p:plain

それも汚いだろう。

 

そもそもラーメンの汁で

食べる白米は美味しいのか・・・・?

 

 

・・・私は悩んだ末に、

白米をそのまま胃に流し込みました。

 

f:id:Haruosan:20180301083438p:plain

満腹の状態で、

味の無い白米を食べるさよ・・

 

 

帰りがけに

「また来てくださいね・・」

 

そう笑顔で声をかけられたので、

私も「へへっ」と

精いっぱいの笑顔を返しました。

 

f:id:Haruosan:20180301083830p:plain

 

・・・その後すぐ、

店は潰れてしまった。

 

誰も悪くない。

 

誰も悪くない。

 

悪いのは『白米』だ。

f:id:Haruosan:20180301005322p:plain

白米が悪い。

 

 

私が白米を断固拒否していれば・・・

あの店は救われたのかもしれない。

f:id:Haruosan:20180301094619p:plain

・・・そんな妄想をしてしまう。

 

 

店の跡地を見かけると思い出す。

おかみさんの笑顔、盛られた白米。

 

自分の中の何かが痛む・・

f:id:Haruosan:20180301091808p:plain

痛むのは胸か?胃か?

 

それは・・わからない。

 

おわり

 

f:id:Haruosan:20180301095657p:plain