MENU

就職氷河期という地獄の思い出

時はまさに就職氷河期。

 

警官をクビになりフリーターになった私が、

就活を始めた20歳そこそこの頃。

 

床屋で何気なく手に取った漫画・・・

 

それが行政書士が活躍する

『カバチタレ』という漫画でした。

f:id:Haruosan:20180128032829p:plain

(コレだ!コレをやろう!)

f:id:Haruosan:20180128033214p:plain

なぜか唐突にそう思った私は、

すぐにハローワークに駆け込みました。

 

そして法律事務所の求人

申し込みをしました。

 

f:id:Haruosan:20180128033034p:plain

即面接が決まったので・・・

数日後、私はスーツを着て面接に伺いました。

f:id:Haruosan:20180128052833p:plain

 

 

まず志望動機を聞かれたので

私は大きな声で答えました。

「行政書士になりたいです!」

 

「・・ははぁ~」

微妙な反応が返ってきます。

面接は優しそうな代表が自ら行ってくれました。

f:id:Haruosan:20180128032216p:plain

代表はうーんと少し言葉を選びながら・・・

「行政書士の資格を持っている社員はいるけど、

 仕事はほとんど無いんだよ・・・」

とそう言いました。

 

「えっ!?」

 

漫画の中ではあんなに活躍してるのに?

ん???仕事が無い???

f:id:Haruosan:20180128033433p:plain

「行政書士を目指すのは止めた方が良い」

と優しくこんこんと諭され帰らされました。

 

 

・・・・事務所を出た私は思いました。

(もしかして採用してくれるかもしれない!)

 

f:id:Haruosan:20180128033618p:plain

もちろん後日、不採用通知が届いた。

 

バカである。

生粋のバカである。

 

私は地元で1、2を争うほどの

頭の悪い高校卒で特に資格も無い。

 

おまけに警察を半年で辞めたオマケ付き。

さすがに採用する理由は無い。

f:id:Haruosan:20180127073527p:plain

1社2社3社4社と

随分落ち続けました・・・・

しかし落ち続けるにも関わらず・・

f:id:Haruosan:20180127073527p:plain

なぜか面接が終わると。

 

(おっコレ受かったんじゃない!?)

 

・・・そんな風に毎回思っていました。

f:id:Haruosan:20180128033618p:plain

もちろん結果は不採用。

 

ある日は求人広告を見ていると・・・

f:id:Haruosan:20180128053137p:plain

『会社を生まれ変わらせる!』

『社長の右腕になる幹部候補募集

みたいな求人がありました。

 

(幹部候補・・?)

(メッチャカッコイイ?!)

私は即面接を申し込みました。

f:id:Haruosan:20180128055254p:plain

 

面接に向かうと小さな事務所に、

ソファに座る30代前半の若社長

f:id:Haruosan:20180128034608p:plain

まず私は持参した作文を提出しました。

 

「君のやる気を作文に書いてきてほしい」

そういう要望があったのです。

f:id:Haruosan:20180128034921p:plain

無言で作文を見つめる若社長。

 

作文を読みながら社長は言います。

「僕は2代目でね~求人にもあった通り

 自分の右腕となる幹部を探してるんだ!」

 

会社の展望を熱く語る社長に感激しました。

 

すごい・・・全然話の内容がわからないけど、

なんかこの会社なら頑張れる気がする!!!

 

f:id:Haruosan:20180128035402p:plain

しかし気になる事が一つありました。

 

社長の斜め後ろに立つ初老の男性

f:id:Haruosan:20180128034608p:plain

フーフーッと異様に呼吸が荒い。

 

プルプルと小刻みに震えている。

気分が悪いのか?機嫌が悪いのか?

 

目を閉じてこちらを見ようとしない。

f:id:Haruosan:20180128035559p:plain

 

(一体誰なんだ!?)

 

熱い若社長と、

熱意だけはある私の会話は弾みました。

 

「一生懸命に頑張ります!」

何もない私はやる気アピールを続けました。

f:id:Haruosan:20180128053408p:plain

 

人とこんなに話が弾んだのは初めてだ!

f:id:Haruosan:20180128040001p:plain

私は採用を確信しました!!!

 

そうこうしていると・・・

 

私と社長の目の前に

太い腕がズズッと伸びてきました・・・・

 

!?

f:id:Haruosan:20180128040434p:plain

この腕は・・・・

斜め後ろにいた初老の男性です。

 

男性は私の履歴書を机の上から

パッと取り上げると・・・

 

カッと目を見開いて読み始めました。

顔は真っ赤、汗がダラダラと流れている・・

f:id:Haruosan:20180128040718p:plain

どうも普通の人じゃない。

怒ってるようにも見える・・が?

 

(どういうことだ??誰なんだ??)

 

チラリと若社長に

「誰なんですか?」

と言う目線を送りましたが・・

社長は何も言ってくれません。

f:id:Haruosan:20180128041030p:plain

私と社長は無言で見つめあい・・・

 

そして数分後・・・・

 

初老の男性が大声を出しました。

「一度始めた仕事はな!

絶対辞めちゃダメなんだ!」

f:id:Haruosan:20180128042044p:plain

 

私が警察官を辞めた事を言ってるのか?

しかし新卒の募集とは聞いていない。

 

そして大声は出しているが、

なぜか目線は出入口の方を向いている。

f:id:Haruosan:20180128042227p:plain

とにかく何か怒らせてしまったようだ。

 

それだけを言うと初老の男性は

事務所の奥に消えていきました。

 

ここで若社長が声を出しました。

 

「うーん・・・」

 

f:id:Haruosan:20180128042642p:plain

この時点で私はわかりました。

 

この「うーん」は、

「うーん不採用かなぁ?」

の「うーん」です。

 

初老の男性は恐らく先代社長か?

 

どうにか

この場を挽回しようと、

私も何か言おうとしましたが・・・

ショックで言葉が出てきません。

 

f:id:Haruosan:20180128042808p:plain

こうして面接は終了。

 

後日、不採用の電話がありました。

f:id:Haruosan:20180128050740p:plain

 

しかし私は就活を諦めません!

 

今度も幹部候補募集!という

建築関係の営業の募集を見つけました。

 

f:id:Haruosan:20180128053137p:plain

面接に向かうと随分大きな会社でした。

 

(ここなら安心だ!)

f:id:Haruosan:20180128044459p:plain

 

面接官はメガネをかけた小奇麗な紳士。

(うーん良い人そうだ!)

f:id:Haruosan:20180128044612p:plain

 

しかし紳士は言いました。

「もうすぐ社長が参りますので・・・」

 

(ん?ここも社長が直に面接してくれるのか)

 

そして現れた社長は

半袖短パンに便所サンダル。

酒の匂いもした。

f:id:Haruosan:20180128044134p:plain

しかしそんな事はどうでも良い。

よくある話だ。

 

問題はチャックだ。

 

チャックが全開だったのです。

 

f:id:Haruosan:20180128044849p:plain

 

これまで私は何度も何度も、

面接で落とされており・・・

 

変な疑心暗鬼になっていました。

 

そう・・・これは・・・・

(試されているのではないか?)

そんな風に思えてきたのです。

f:id:Haruosan:20180128045026p:plain

ここで社長の全開チャックを指摘出来れば・・

 

f:id:Haruosan:20180128045320p:plain

 

「うーん!!!!素晴らしい!

君のような人材を探していたんだ!」

 

「採用!!!!」

そんな展開になるかもしれない。

f:id:Haruosan:20180128045412p:plain

応接室に鳴り響く拍手。

 

おめでとう・・・・おめでとう・・・

 

みんなが祝福してくれる。

 

おめでとう・・・・おめでとう・・

f:id:Haruosan:20180128054020p:plain

 

f:id:Haruosan:20180128054125p:plain

 

しかし臆病者の私は・・・

チャックの事をなかなか指摘できません。

f:id:Haruosan:20180128050946p:plain

こうして面接が始まります。

 

私はやる気と経験をアピール。

「15の頃から現場に出ています!」

 

そう言うと社長も紳士も

「おお!そりゃエライなぁ~」

と良い反応をしてくれました。

f:id:Haruosan:20180128051100p:plain

(おっ・・案外いける!?)

やはり現場経験は評価される!?

 

希望が見えてきました。

f:id:Haruosan:20180128035402p:plain

現場の話で話もそれなりに弾む。

 

これはもう100%いける。

いけるぞ・・・いける。

 

しかし・・・

ある一つの質問で空気が変わりました。

 

「そうかそうか・・・

  では飲めるのか?」

 

「いえ・・・お酒は飲みません」

f:id:Haruosan:20180128055545p:plain

社長と紳士がピタリと黙った。

 

「あっ・・じゃ・・あと任せるわ・・」

そう言うと社長はタバコを吸い始めた。

 

f:id:Haruosan:20180128051222p:plain

そして紳士はゆっくり、

なぜ不採用か?

の説明を始めました。

 

話をまとめると。

 

つまりこの建築会社の営業は、

仕事終わりに夜の店で行われる。

f:id:Haruosan:20180128051902p:plain

つまり営業にお酒は必須。

 

 

ダメかぁ・・・・絶望だ。

f:id:Haruosan:20180128052024p:plain

面接に落ちるたびに、

自分が無価値な人間だと思い知らされる。

 

「お前はうちに必要ない」

そう言われるのはツライに決まってる。

 

そして帰り際・・・

私は最後の希望にかけて、

声を振り絞って言いました。

 

「チャック・・・あいてますよ・・?」

 

「あぁ・・」

 

しかし社長はチャックを見ようともしません。

f:id:Haruosan:20180128051507p:plain

なんだ・・そのチャックは

好きで開けてるのか・・・・・?

 

f:id:Haruosan:20180128044849p:plain

・・・・・・・・

 

・・・・・就活の思い出は多い。

しかし良い思い出は少ない。

 

そして10数年後の今・・・

就職氷河期世代の私はまた

いま就職活動を頑張っている。

 

いや・・・頑張っていた・・・

ああ・・昔と何も変わっちゃいません。

f:id:Haruosan:20180128054507p:plain

ボコボコのボロボロ。

 

人は過ちを繰り返す。

 

おわり

 

f:id:Haruosan:20180128055020p:plain