MENU

健常者と障害者の境界線 後編

🔻前編はコチラ

 

私は幼いころからずっと自分のことを

『ただのバカ』なのだと思っていました。

f:id:Haruosan:20180106193650j:plain

もちろん・・勉強なんて全く出来ません。

 

高校卒業まで殆どのテストを

全て『白紙』で提出していました。

f:id:Haruosan:20180106193930j:plain

そういうコトが許される環境だったのです。

警察官の試験には合格しましたが・・

 

でもこれ・・

エンピツを転がしても合格出来るんですよ。

当時は40点中20点もとれれば十分だったんです。

f:id:Haruosan:20180106200146j:plain

 

テストや勉強の話だけではありません・・・

先生や同級生の話すことの大半が

自分には理解出来ませんでした。

 

だから・・・・

自分が人に劣るコトはわかっていました。

f:id:Haruosan:20180106194607j:plain

しかし・・それが脳の病気と関係があって、

警察官をクビになる程のモノだとは・・・

f:id:Haruosan:20180105231452j:plain

何をしても人並み以下の私に対して、

両親はもう呆れ気味でした。

 

そんな私が警察官に受ると・・・

両親は大喜び。

 

f:id:Haruosan:20180106200445j:plain

過剰に喜んだ母は、

親戚中に息子の自慢話をして回りました。

 

そしていつもの話を繰り返しするのです。

「脳外科医の先生もこの子は天才だって!

 そう言ってたんだから!」

なんてね・・・・

 

私が幼少期・・・

先生が私の脳波?を検査したところ・・・

ピンッ!

真っ直ぐに伸びていたそうです。

 

f:id:Haruosan:20180106202834j:plain

 

多くの人の脳波はグチャグチャなんだとか・・

 

それを見た先生がこう言ったそうです。

「この子は天才かもしれませんよ!ハハハ!」

なんてね・・・

f:id:Haruosan:20180106203628j:plain

モチロンただのリップサービスです。

先生は私達家族に希望を持ってほしかったのです。

 

私が白紙のテストを持ち帰るたびに、

母はこの話を持ちだしました。

 

「先生は天才だって言ってたのに!」

f:id:Haruosan:20180106204015j:plain

ハハハハ・・・

いや・・天才どころか・・・

私はたった半年で警察官をクビになった無能。

 

その事実を聞けば誰もが私をこう思うでしょう。

『ダメなやつだ!』

『あいつはオカシイ!』

「何か問題があるに違いない!」と。

f:id:Haruosan:20180106210337j:plain

私もそう思いました。

f:id:Haruosan:20180106204900j:plain

教官も言っていた通り・・

私は「頭がオカシイ」

 

もう・・・・絶望ってヤツですよ。

 

f:id:Haruosan:20180101202146j:plain

子供の頃からの夢だった、

警察官もクビになってしまった・・

 

 

私は家に引きこもり・・・

鬱状態になりました。

f:id:Haruosan:20180104225456j:plain

 

18歳の私には、

もうどうすれば良いのか?

サッパリわかりませんでした・・・

 

こんな自分の病気や人生の話をすると・・

「生まれてきて良かったと思いますか?」

なーんて質問をされる事もあります。

f:id:Haruosan:20180106211228j:plain

 

私は笑顔でこう答えると思います。

 

「ええ、もちろんです!

死にかけていた私を手術してくれた

両親には心から感謝していますよ!」

 

なんてね?

f:id:Haruosan:20180106211433j:plain

この言葉にウソ偽りはありませんが・・・

ただ・・そういう気持ちばかりでもありません。

ハハハ・・・・

 

死よりもツライことが沢山あったからです。

 

日本では毎年数万人の自殺者が出ているそうですね。

『死ぬほうが楽』

f:id:Haruosan:20180106213004j:plain

そう思っている人は、

案外きっと沢山いるんでしょうね。

 

でも私は死ねません・・

f:id:Haruosan:20180106211632j:plain

 

夢も失った、頭がオカシイこともわかった。

そんな状態で生きるのはツライ・・・

 

でも「このままじゃ終われない!!!」

あまりにも惨めすぎる・・・・

f:id:Haruosan:20180106213253j:plain

・・18歳の私は理解したのです。

 

自分は健常者には力が及ばない、

でも障害者とも呼ばれず守られない。

 

きっと・・・その中間・・

私はそんな半端な人間なのだと。

 

その2つの境界線の上

私は自分の居場所を探し続けるのです・・・

f:id:Haruosan:20180106215727j:plain

 

おわり

 

続き

 

 

同じく障害の話

www.keikubi.com