MENU

健常者と障害者の境界線 前編

 

警察官をクビになった私が

家に帰って真っ先に考えたことは

『何が一番の失敗原因だったのか?』

という至極真っ当なことでした。

f:id:Haruosan:20180105223027j:plain

警察学校での記憶がよみがえります。

 

「オマエ頭おかしいんじゃねえか?」

初老の教官が自分の頭をトントンと指しながら、

よくそんな言葉を私に投げかけました。

f:id:Haruosan:20180105223213j:plain

何でもないよくある侮蔑の言葉に聞こえます。

 

が・・・・私にとっては違います。

 

それを聞いて思わず自分の頭部にある傷

そっと指でなぞりました。

f:id:Haruosan:20180104225924j:plain

そそそそ・・・・・っと・・・・

 

もちろん教官は知った上で言っているのです、

私が幼い頃に大きな脳の手術をしたことを・・

f:id:Haruosan:20180105224346j:plain

つまり教官が頭をトントンと叩いて、

「頭がオカシイんじゃないか?」

と言うのは私の脳の病気の事を指してるのです。

f:id:Haruosan:20180105223213j:plain

ああ・・・残酷な人でした・・・

 

ここから遡ること18年前・・

私が生まれた直後の話・・・・

 

お医者さんは両親にこう言いました。

 

 

「この子は状態が悪い、

 手術をしてもまずぬでしょう」

・・・突然の死の宣告でした。

 

f:id:Haruosan:20180105224553j:plain

私の両親は

「それでも手術をして下さい!」

そう答えたそうです。

 

お医者さんは話を続けます。

「もし万が一手術が成功したとしましょう」

 

しかしこの子には

『重い障害』残るでしょう。

 

f:id:Haruosan:20180105225357j:plain

 そんなクッソみたいな話を聞かされた両親は・・

相当なショックを受けたと思います。

 

f:id:Haruosan:20180105225034j:plain

そんな話を聞いても両親は

 「それでも手術をして下さい」

そう先生にお願いしたそうです。

 

ハハハ・・・・大したもんですよ。

もし自分が逆の立場だったら・・

一体どうしていたでしょうかね・・・?

 

f:id:Haruosan:20180106013523j:plain

結果・・・『手術は大成功』

まさに奇跡的な話なのですが・・・

 

これは奇跡ではなく、

当時私が住んでいた田舎に、

天才脳外科医と呼ばれた先生が

たまたまいらっしゃったからなのです。

f:id:Haruosan:20180105231452j:plain

私が生き残ったのは奇跡などではなく、

先生の経験技術のオカゲなのです。

 

こうして私は生き残りました・・・・

しかしまだ大きな問題が残っています。

 

私には障害があるのか?無いのか?

という難しい話です。

f:id:Haruosan:20180105232254j:plain

私は検査と入院を繰り返しましたが・・・

 『とりあえず問題はない』

というような結論だったそうです。

 

しかし・・・先の事はわかりません。

 

天才脳外科医と呼ばれた先生にだって

未来の事はわからなかったのです!!!

 

 

18歳になった私は『頭がオカシイ』と言われ、

その後・・・警察官をクビになりました。

f:id:Haruosan:20180105223213j:plain

それはただの軽口だったのでしょうか?

 

事実だったのではないか?

 

ただただ真実が知りたかった・・・

 

だから私はまず・・・・

警察官をクビになってから・・・

自分の病気のことを調べてみました。

f:id:Haruosan:20180105232555j:plain

で・・・・調べて驚きました・・・・

脳の病気をした私が正常に育つ確率は・・

 

『約70%』

 

背筋がゾクゾクするような微妙な数字した。 

しかし・・・私にこの確率は当てはまらない。

 

なぜなら・・・私は・・・

この病気と手術を2度もやっているのです。

f:id:Haruosan:20180105224346j:plain

 

ええっ・・・・

 

じゃあ・・・

 

私が正常に育った確率は・・・?

 

ああ・・・くそぉ・・・

認めるしか無いのか?

f:id:Haruosan:20180105232946j:plain

教官の言うとおり・・・

私は『異常者』なのか?