MENU

人生に疲れたら夜山へ行く

 深夜。

 

私は沖縄の山中を歩きます。

f:id:Haruosan:20171202042843j:plain

暗い。

 

周りにあるモノが木か?人か?

もはや見分けがつきません。

f:id:Haruosan:20171202043618j:plain

仕方が無いので灯りを付ける。

 

そしてさらに進む。奥へ。奥へ。

f:id:Haruosan:20171202043407j:plain

進む・・・・・進む・・・・

 

(・・もう十分歩いただろう)

f:id:Haruosan:20171202044606j:plain

適当な場所で荷物をおろし、

そこで灯りを消す。

 

すると・・・あたりは真っ暗闇。

f:id:Haruosan:20171202044844j:plain

もう何も見えません。 

 

暗闇にネガティブなイメージを持つ人は

多いと思います。

 

私も幼いころは暗闇が怖くてですね・・・

トイレに行けなかった記憶があります。

 

でも・・・今は・・・・・

(なかなか悪くない・・)そう思うのです。

f:id:Haruosan:20171202040947j:plain

 

そう・・・・暗闇も悪くない。

 

f:id:Haruosan:20171202041107j:plain

真っ暗で何も見えないのが心地よい。

 

そうそう・・・・

私は何かに取り組みだすと、

周りが見えなくなってしまいます。 

 

それは多分・・人よりも頭が劣る分、

必死にやらなければならないからです。

必死過ぎて見えなくなるのです。

f:id:Haruosan:20171203025123j:plain

誰よりも必死にやる。

 

それは仕事でも・・・

こんなブログでも同じ事です。

 

ああ・・・でも・・・・

『必死にやるからこそ面白い!』 

そういう持論もあるんですけど・・

 

あまりにも・・・

のめりこみすぎてしまう。

f:id:Haruosan:20171203025705j:plain

危険な事です。

 

そう・・・そこが・・まるで・・

『その世界が自分のすべて』だと

そう思いこんでしまう程にです。

 

そんな自分だからこそ・・・

全ての事から離れる事が出来る

時間や場所が必要だと思ったのです。

 

例えば・・・ そう

暗い山の奥深く。

 

ここには何もありません。

f:id:Haruosan:20171202040947j:plain

灯りを消すと・・・・

まるで自分さえも消えてしまうような?

そんな不思議な感覚になります。

f:id:Haruosan:20171202045505j:plain

 

で・・思うわけですよ。

 

ああ・・・そうか・・ぜんぶ・・

大したこと無いんだな・・

 

なんてね。

 

自分も自分のやってる事も、

周りもの何もかも・・・

別に大層な事は何も無い。

 

真っ暗闇にいると・・・

そんな風に思えてきます。

 

f:id:Haruosan:20171203035448j:plain

 

さっ・・・・・

スッキリしたら帰りましょう。

 

f:id:Haruosan:20171203035600j:plain

 

わかっている事なのに、

当たり前の事なのに、

『ソコから離れないと感じ取れない事』

ってけっこーあると思うんですよ。

 

考え事をするには、

夜山の闇が最適なんです・・・・

f:id:Haruosan:20171202041429j:plain

 

でも夜山は危ない!

遠くに行くのも面倒くさい!

って人は・・・・・

 

適当に穴掘って・・・・・

 

f:id:Haruosan:20171203040254j:plain

 

 そこに入ってみてもいいですよ。

f:id:Haruosan:20171203040540j:plain

うん。

 

なんなら押入れでも良いですよ。

f:id:Haruosan:20171203043720j:plain

まぁ・・・・

夜山とそんなに変わらないと思いますし。

 

え?スッキリし無さそうですかね?

 

うーん・・・

あっ・・・そうそう・・

わたくし最近ストレス解消に

鳥の鳴きマネとかしてますよ。

 

一緒にどうですか?

 

f:id:Haruosan:20171203043210j:plain

 

ん・・?あれ・・・?

私・・なんか変な話してます?

f:id:Haruosan:20171203034020j:plain

 まぁいいか・・・

 

 

おわり