MENU

自分の子供が愛せない親の話 後編

 

🔻前編はコチラ

 

深夜23時を過ぎた頃。

 

私とちーちゃんは

『◯◯ホール』なーんて名前の

よくある公共施設に来ていました。

f:id:Haruosan:20171129183712j:plain

サチさんはここで

社会人サークルの集まりをしている。

・・・と聞いています。

 

施設の電気は消えている。真っ暗。

f:id:Haruosan:20171129183933j:plain

もうここにはいないのだろうか?

 

幼いちーちゃんはもう眠そうだ、

下を向いたまま動かない。

 

20時頃までは

「ママ・・・ママ・・」

と泣いていたのに・・・

f:id:Haruosan:20171129184317j:plain

喋りかけても、

もう何も喋ってくれません。

 

深夜に連れ回すのは可哀想ですが、

一人で家には置いてはおけません。

 

私も眠い。

 

明日は早朝から現場仕事がある。

だから泊めるワケにもいきません。

f:id:Haruosan:20171129184737j:plain

サチさんをどうにか見つけなければ・・

しかしどこにいるんだろうか・・・?

 

時刻はもう0時。

サチさんから連絡はありません。

 

他にアテも無いので、

施設の前でジッと待機していると・・

 

突然!

 

ちーちゃんが大きな声で叫びました。

「ママだ!」

f:id:Haruosan:20171129192243j:plain

(えっ!?)

 

ちーちゃんが指す方を見る。

確かに人影がある・・・・・

f:id:Haruosan:20171129185645j:plain

(サチさんがいるのか?!)

 

施設の裏?から人がゾロゾロ出てきている。

身を乗り出して凝視・・・・・

 

しかし・・サチさんは見当たりません。

f:id:Haruosan:20171129190037j:plain

「ママはどこにいるの?」

とちーちゃんに聞こうとした瞬間。

 

隣で妙な音が聞こえました。

 

ガチャガチャッ

 

バタン。

 

ちーちゃんが車のドアを開けて、

外に飛び出したのです。

 

「ちーちゃん!!待って!!」

私は叫びながら外に飛び出します。

f:id:Haruosan:20171129190728j:plain

ちーちゃんは大声で叫びます。

 

「ママー!!」

 

階段の上にいた集団の目線が、

一斉にちーちゃんに集まります。

f:id:Haruosan:20171129191513j:plain

ちーちゃんは短い階段を

ダダダッと駆け上がります。

 

しかし私は・・・

階段の下で立ち止まりました。

 

そして集団を見つめます・・が・・

サチさんがいるようには見えません。

f:id:Haruosan:20171129191817j:plain

(どういう事だ??)

 

ちーちゃんは走り続けます。

そして・・・

「ママー!」と言いながら、

一人の女性に抱きつきました。

f:id:Haruosan:20171129192928j:plain

 

サチさん・・・?

サチさん・・・だ。

 

まるで『別人』

間近で見てもわからない程。

 

音楽やダンスのサークルだから?

髪型も化粧も服装も

まるで違う。

 

普段から可愛らしい人でしたが、

しかし・・これは・・・美しい。

f:id:Haruosan:20171129193853j:plain

 

ちーちゃんは

「ママ!ママ!」と甘え続けます。

よほど寂しかったのでしょう。

 

まぁとにかく!

サチさんが見つかってよかった・・

そう思っていたのですが・・・

 

「えっ!?サチちゃん子供いたの?」

周囲にいた金髪の女性が声をあげます。

f:id:Haruosan:20171129194909j:plain

・・場がシーンと静まり返ります。

 

(えっ?!サチさん?!子供がいる事・・・

 みんなに言ってなかったのか・・?)

f:id:Haruosan:20171129194248j:plain

私も驚きましたが・・いや・・しかし・・

子供の存在を周りに伝える義務は無い。

・・・・そうですよね?

 

サチさんは何も言わず、

薄い笑みを浮かべながら、

ちーちゃん頭をなでています。

f:id:Haruosan:20171129203910j:plain

・・・・・・・

 

金髪の女性はさらに

みんなに聞こえる大きな声で言います。

「えっ子供いるの?マジーでーッ!?

ショック受けた人は多いと思うよ~?」

 

そう言いながら・・・・

金髪は男性陣をチラッと見つめます。

f:id:Haruosan:20171129195604j:plain

 

なぜそんな大声で言うんだ・・・? 

ライバルを蹴落としたいのか?

f:id:Haruosan:20171129195722j:plain

 

この金髪女性の事はさて置き。

 

いや・・・私が驚いたのは・・・

周囲にいた男性陣全員が、

黙って下を向いてしまった事です。

 

全員ですよ・・・全員・・・・・

f:id:Haruosan:20171129200304j:plain

 

サチさんは魅力的だった・・

そういう事でしょうね。

 

そして一瞬うつむいた男性陣は・・・

今度は顔を上げて・・・・

揃って私をジッと見つめるのです。

f:id:Haruosan:20171129201002j:plain

(あっ・・・こ・この状況は・・・)

f:id:Haruosan:20171129194248j:plain

走ってきたサチさんの娘・・・・

それを後ろから追いかけてくる私。

 

これではまるで・・・

私が旦那さん

彼氏のように誤解されてしまう。

 

 

私は振り返って、

車に向かって全速力で走り出しました。

f:id:Haruosan:20171129201522j:plain

しかしもう手遅れでしょう。

(やってしまった・・・)

 

サチさんの居場所を

私が壊してしまった。

 

急いで車に戻ると

私はダンゴムシになりました。

f:id:Haruosan:20171129202433j:plain

そして思い出しました・・・・・

 

むかーしむかーし

ある日の朝の台所。

パンが空を飛んだ時の事・・・

 

フワァ~

f:id:Haruosan:20171125031640j:plain

わ~

 

パン・・・・・

すると今度はお皿が飛んできました。

 

ビューン

f:id:Haruosan:20171125032014j:plain

・・・・・・・

 

そしてポスンと小さな音がする。

・・・パンが床に着地したのです。

f:id:Haruosan:20171125032223j:plain

パンは着地が上手・・・

 

音も静かでカラダも崩れていない。

 

でも・・・お皿は・・・・・

f:id:Haruosan:20171125032726j:plain

着地がヘタだから粉々。

 

かわいそうに。

 

ハッと気がついて・・・

台所を見渡すと・・・・・・・

f:id:Haruosan:20171125032950j:plain

先程まで台所に居た

母の姿がありません。

 

代わりに真っ赤な鬼がそこにいました。

f:id:Haruosan:20171125033350j:plain

 お母さんはどこ・・・・?

 

鬼は私を引きずって、

お風呂場へ向かいます。

f:id:Haruosan:20171125033613j:plain

 

鬼はブツブツと呪文を唱えます。

 

クチデイッテモワカラナイカラ

クチデイッテモワカラナイカラ

 

お風呂場に着くと・・・・・

鬼は熱湯で私を洗ってくれます。

f:id:Haruosan:20171125033949j:plain

「熱い!」

 

「止めて!」

と私が必死にお願いしても、

鬼は止めてくれません。

 

こんな時です。

 

だんだん『自分の意識』が、

自分から分離していくんです・・・

 

むくむく

f:id:Haruosan:20171125034712j:plain

むくむくむくむく

f:id:Haruosan:20171125034727j:plain

 

むくむくむくむく・・・・・・

f:id:Haruosan:20171125034740j:plain

むむっ!?

これは一体・・・・・?

 

子供が熱湯をかけられているぞ。

「こりゃぁヒドイ・・・」

f:id:Haruosan:20171125035751j:plain

・・こうやって私は辛い時に、

『別の自分』を作り出して、

自分の心を守ってきたのです。

 

そうするとツライ出来事の全てが

まるで他人事。

 

いや・・・良く言えば

客観的に物事を捉えられるのです。

f:id:Haruosan:20171125191617j:plain

思い返せば私の人生は『自分だけ』では

抱えきれない事ばかりでした。

 

『色んな自分』が必要だったんです。

f:id:Haruosan:20171127021713j:plain

 サチさんもそうだったんでしょう。

『母である自分』とは違う『自分』

『家族とは別の居場所』

 

心の安定のために、

それが必要だったんでしょう・・・

 

私は色んな事を考えながら

車内でダンゴムシを続けました。

f:id:Haruosan:20171129202433j:plain

 

十数分後・・・・・

サチさんとちーちゃんが戻ってきました。

 

お互いの第一声は同じでした。

「ごめんね」

お互い何度かごめんねを言い合いました。

f:id:Haruosan:20171129204937j:plain

それはいつものサチさんでした。

 

ポツポツと世間話をしながら・・

車で二人を 家まで送りました。

 

車の中でちーちゃんは

サチさんから離れようとしませんでした。

f:id:Haruosan:20171129205647j:plain

 

その後・・・・

 

ちーちゃんは一人

サチさんの地元に送られたらしい。

 

そこでお爺ちゃんとお婆ちゃんと

3人で暮らしているらしい。

f:id:Haruosan:20171129221428j:plain

・・・・・・・これが結末。

 

 

ああ・・・そうそう・・・・

昔のエライ人が

確かこんな事を言っていました。

 

「君たちの両親は君たちを生む前は、

今のようなつまらない人間じゃなかった」

 

子育ては得るモノも多いでしょうが、

失うモノも多いのでしょう。

 

社会人サークルは失敗でしたが・・・

もしサチさんに『母親の自分』の他に、

『楽しく過ごせる別の自分』があったら?

そこで心のバランスがとれていたら?

f:id:Haruosan:20171127022942j:plain

それはまた・・・

違う結末になっていたのかもしれません。

 

『子供は産んだけど

 母親にはならない』

f:id:Haruosan:20171129225951j:plain

 

今の時代には・・

そういう『自分』を選択肢する

自由権利ってのがあるんですよね?

 

ええ、わかっていますよ。

 

 だから・・・・・・

「誰も悪くない」

  

 

そうなんでしょう・・・?ねえ?

 

f:id:Haruosan:20171129223633j:plain

 

 

おわり

 

 

 

明日の12月1日

このブログの本が発売します。

 よろしくお願いします。

天国に一番近い会社に勤めていた話

天国に一番近い会社に勤めていた話