自分の子供が愛せない親の話 前編

いまから数年前・・・・・

 

私が住むマンションの一室には、

小さな女の子がいました。

名前は『ちーちゃん』5歳くらい?

f:id:Haruosan:20171125194500j:plain

実は元同僚の女性『サチさん』

「どうしても預かって欲しい!」

そう懇願されたのです。

f:id:Haruosan:20171125200007j:plain

ビックリしました。

 

(こんな一人暮らしの男の家に、

 幼い娘をひとり預けるのか?)

そう思いました。

f:id:Haruosan:20171125195332j:plain

それに・・・

もし預かるなら私にも責任がある。

もし幼いちーちゃんが、

『怪我』『事故』にあったら?

 

いや・・もしかすると・・・

犯罪者と間違われる可能性もあるかも・・

f:id:Haruosan:20171125195738j:plain

おおっ・・・怖い怖い・・・・

 

力にはなりたいが・・

さすがに困惑する私・・・・

サチさんはさらに懇願をしてきます。

「今日だけ!お願い!!

 20時には迎えにくるからさ!」

 

とにかく事情を聞いてみると・・・

今日は社会人サークルがあるらしい。

みんなでダンスや音楽を楽しむのだとか?

f:id:Haruosan:20171127011939j:plain

(・・こういう息抜きも必要だろう)

私は子守を引き受ける事にしました。

f:id:Haruosan:20171127012704j:plain

それに・・・私は知っていたのです。

 

サチさんには子供を預かってくれる

知人や友人が居ないのです。

 

なにせサチさんは離婚したばかりの

『シングルマザー』

f:id:Haruosan:20171127022942j:plain

地元からは遠くはなれており、

『親戚も居ない』

 

友人は居たようなのですが・・・

 

なにせ離婚の原因が

『ドロドロの社内不倫』でして・・

 

まぁ不倫は社内で横行していたので、

それ程の事は無かったんですが・・

f:id:Haruosan:20171127013124j:plain

その・・・・さらに離婚後・・・

会社の飲み会などで、

「子供なんて産まなきゃ良かった」

「子供がカワイイと思えない」

なんていう発言が痛手でした。

 

そのせいで・・・・サチさんの

周りにいた人が離れてしまったんです。

f:id:Haruosan:20171127014134j:plain

特にお子さんのいる奥様方からの

反感はとにかく強かった。

 

「サチは母親失格!」

みんな陰でそう言っていました。

嫌われちゃったんですね。

 

まぁ・・・そうなると・・・

もう会社には居られません。

 

こうしてサチさんと私は偶然にも、

同時期に会社を去る事になったのです。

f:id:Haruosan:20171127013839j:plain

私達二人は入社時期も近い、

付き合いも3年ほどになります。

 

割りと仲は良かったと・・思う。

 

だから・・・・何となく、

私に頼みやすかったんだと思います。

 

(いいさ・・半日くらい子供を預かろう)

f:id:Haruosan:20171127015835j:plain

そう・・・・正直・・・・

頼られる事が嬉しかったんです。

 

お恥ずかしい話ですが・・・

私は1年程前に婚約破棄をされたばかりで、

相手方の両親や元婚約者から

「学歴が低い」

「家柄が悪い」

「サギみたいな仕事」

なんて・・・散々言われて・・・

 

(自分の人生は何だったんだろう?)

とか・・・何だかこう・・自分が・・・

全く価値の無い人間に思えしまって・・

ボロッボロだったんです。

f:id:Haruosan:20171127015300j:plain

だから・・・頼られる事が嬉しかった。

なんか・・・自分にも価値がある・・

そんな風に思えるじゃないですか?

 

さてさて・・・・・

ここで私はバトンタッチです。

根暗な日雇い作業員に子守は難しい。

f:id:Haruosan:20171127022130j:plain

スイミングインストラクター時代に作った、

『明るく気さくな自分』を呼び出します。

f:id:Haruosan:20171127021713j:plain

きっと彼なら上手くやってくれるだろう。

 

 

私はちーちゃんと仲良く遊びました。

久々に子供と遊べて楽しかった。

f:id:Haruosan:20171127022021j:plain

ちーちゃんはお母さんに似て、

とっても明るくて元気な子でした。

 

時間はあっと言う間に過ぎていき・・

 

18時になり、19時になり、

サチさんが迎えに来る、

『約束の20時』になりました。

 

でもサチさんは

迎えに来なかった。

f:id:Haruosan:20171127022728j:plain

電話にも出てくれません。

 

21時・・・・

22時になっても。

サチさんは迎えに来なかった。

f:id:Haruosan:20171127030309j:plain

おかしい!!!

 

まさか・・・・!?

何かトラブルがあったのか?

 

なんてね・・・

ふふふっ・・・いや・・・

違うでしょうね・・・

 

連絡をして来ない理由は?

社会人サークルの集まりで、

よほど楽しい事があったからでしょう。

f:id:Haruosan:20171127032627j:plain

子供が心配じゃないのか・・・・?

 

私も焦りましたが・・・・

驚きはしませんでした。

 

(あっ・・やっぱりなぁ)

そんな感じです。

f:id:Haruosan:20171127024631j:plain

お腹を痛めて産ん子だから~

血の繋がりがあるから~

『だから親子になれる』

なーんて理屈・・

最初から信じていませんからね。

 

親に捨てられたり、

物のように扱われてきた人間を、

この最下層で何人見てきた事か・・

f:id:Haruosan:20171127032428j:plain

 

そう言う私も・・・・

今では両親と絶縁しております。

 

f:id:Haruosan:20171127024752j:plain

何が親だ・・・子だ・・・・

 

もう時刻は23時。

 

サチさんからは1通のメールも、

1本の電話もありません。

 

ああ・・・幼いちーちゃん。

もう気付いているかなぁ?

 

どうやらお母さんは・・・・

君の事を愛していないようだ。

 

かわいそうに・・・

 

私達と同じだね?

f:id:Haruosan:20171127025254j:plain

 

🔻後編