「社長と知り合いだからくれ!」と言う客

 

ある日・・・

わが社にラフな格好をした

二人組の女性がやってきました。

 

f:id:Haruosan:20171103035323j:plain

 

「どのようなご用件でしょうか?」

総務が対応すると・・・

 

「〇〇〇が欲しいんですけど!」

と二人組の女性は言うのです。

f:id:Haruosan:20171103035644j:plain

 

これは・・・

無理な話です。

 

 

『〇〇〇』当時人気だった、

最新機器の事です。

f:id:Haruosan:20171103034137j:plain

わが社のような弱小代理店には、

ほんの数台しか配布されませんでした。

 

この貴重な十数台の最新機器は、

営業マンにそれぞれ割り当てられ・・

f:id:Haruosan:20171103034638j:plain

大きな契約クレーム処理等に、

交渉材料として使われました。

 

f:id:Haruosan:20171103035058j:plain

やはり人気商品なだけに、

それなりの効果はあったようです。

 

 

だから見知らぬ女性には渡せない!

 

この二人の女性に対して・・・・・

総務は言います。

「あいにく在庫がありませんので・・」

f:id:Haruosan:20171103040435j:plain

しかし二人の女性は引きません。

 

「でも社長ちゃんはあるって言ったよ?!」

「私達は社長ちゃんの友達!」

f:id:Haruosan:20171103041810j:plain

総務も相当イライラしたそうですが・・

結局、社長にお伺いを立てると、

「くれてやれ!」

の一言だったそうです。

 

わが社では、

社長(神)の言葉は絶対です。

 

こうして貴重な最新機種〇〇は・・・・

この二人の女性の元へ旅立ったのです。

f:id:Haruosan:20171103042852j:plain

 

この一件は・・・・

スグに会社中に広まりました。

 

口に出す者は少ないですが・・・・

 

特に営業マンの間では、

社長に対する不平不満が高まりました。

f:id:Haruosan:20171103043728j:plain

みんなそれぞれ・・・・・

〇〇〇の在庫があれば、とれた契約。

収められたクレームがあったからです。

 

そんなある日・・・・・・・

出先で部長からこんな電話が入りました。

 

「お前に〇〇〇をくれる!って言われた、

 そう言ってるお客さんが来てるんだけど?」

f:id:Haruosan:20171103044423j:plain

(私が〇〇〇をあげる?何の話だ!?)

全く身に覚えがありません。

 

「オマエ何したかわかってんのか?」

そう言う部長の声は怒りに震えています。

f:id:Haruosan:20171103045937j:plain

(早く帰らないと殺される・・・・)

 

急いで会社に戻ると・・・・・

「そう言ってるのはあの二人だぞ!」

と先輩に指で教えてもらいました。

f:id:Haruosan:20171103045130j:plain

しかし・・

その姿を見ても記憶にありません。

 

身なりのしっかりしたご婦人と、

高校生くらいの少年。

 

(一体誰だ・・?)

 

営業部の面々は私に怒りの眼差を向けます。

(何を勝手な約束をしてるんだ!?)

f:id:Haruosan:20171103050832j:plain

「全く面識ありません!」

そう伝えても不審な目で見られます。

 

みんな吐き出せない社長への怒りまで、

私にぶつけるつもりのようでした。

f:id:Haruosan:20171103052457j:plain

これは仕方ない・・・・

 

私は身の潔白を証明する為に、

ご婦人と少年に話しかけました。

 

「はじめまして!」

そう言って名刺を差し出して・・

f:id:Haruosan:20171103052517j:plain

私はみんなに聞こえる声で・・

ストレートにご婦人に質問しました。

 

「失礼ですがお会いするのは、

 これが初めてですよね?」

 

f:id:Haruosan:20171103052735j:plain

ご婦人は笑顔で答えました。

「ええ!はじめてですよ~」

 

(おおっ!やはり!)

これで話は終わりだ!

 

〇〇〇を渡す必要は無い!

・・・そう思いました。

f:id:Haruosan:20171103053711j:plain

 

しかしご婦人はさらに笑顔で言います。

うちの受付に言ったそうじゃないですか?

 〇〇〇を差し上げます!って?」

f:id:Haruosan:20171103053458j:plain

(そんな話・・知らない・・・)

f:id:Haruosan:20171103053558j:plain

くわしく話を聞くと・・・・

ご婦人は近所の個人病院の奥様。

f:id:Haruosan:20171103054520j:plain

私がご近所回りに名刺を配った時に、

「〇〇〇を差し上げます!」

病院の受付けさんに対してそう言った!

と、ご婦人は言うのです。

f:id:Haruosan:20171103054303j:plain

(そんな事を言うワケが無い・・・)

 

そもそも私がご近所を回ったのは、

数か月も前の話なのです・・・・

 

奥様の話は、

まったくのデタラメです。

f:id:Haruosan:20171103054742j:plain

(無理を言えばもらえると思ってるのか?)

 

部長に判断を仰ぐと・・・

「ご近所だし揉めるのはよくない!」

そう言うので・・・・

しぶしぶ〇〇〇を2台渡しました。

f:id:Haruosan:20171103055435j:plain

ゴネ得。

 

社会人になってから、

こういう出来事が何度もありました。

 

ゴネられてゴネられて・・・・

結局、最後に私達が折れて損をする。

f:id:Haruosan:20171103055915j:plain

結局いつでも得をするのは・・

厚顔無恥で声の大きい人達です。

 

「ああいう人はどこかで損をするよ」

その時は部長にそう言われましたが・・・

f:id:Haruosan:20171103062534j:plain

未だにどうもピンッときません。

 

学校などで教わってきた道徳っていうのは、

得をしたい誰かが作った、

損をする人を作り出す仕組みなんでしょうか?

f:id:Haruosan:20171103064805j:plain

 

なーんて・・・

そんな風にすら思えてしまいます。

 

 

ちゃんちゃん