MENU

本嫌いな私が「星新一を読め」と勧められて・・

中学生の頃・・・休み時間はずっと、

本を読んでいるフリをしていた記憶があります。

f:id:Haruosan:20171101051544j:plain

そうフリだけフリだけ。

 

私は人と話すのが非常に苦手でして、

友達が居ない事を誤魔化すために、

本を開いていたのです。

 

『本好きで無口な人』

・・そんなキャラ付けが欲しかったんです。

f:id:Haruosan:20171101065818j:plain

本を読み始める前は・・・

休み時間になると・・・

ゆっくりゆっくり・・トイレに行って、

そしてゆっくりゆっくり・・教室に帰る。

という無意味な動作を繰り返していました。

f:id:Haruosan:20171101053704j:plain

まるでナメクジ。

 

しかしナメクジのマネは大変です・・

だから本を読むフリをする事にしたのです。

 

でも実際は・・・・本なんて読みません。

いや・・・読めません。

 

一応開いた本は読み始めるのですが・・・

これがまぁ・・全く頭に入ってきません。

f:id:Haruosan:20171101052236j:plain

頭の弱い私には、どれも難解過ぎたのです。

 

家に帰ると母にこう言います。

「違う本をくれないか?」と・・・・

f:id:Haruosan:20171101052747j:plain

「また読めなかったの?」と言いながら、

母は別の本を渡してくれます。

 

私の両親は熱心な読書家でして・・

 

二人は本の貸し借りを通じて出会って、

そこから結婚をした程なのです。

f:id:Haruosan:20171101052935j:plain

なので・・・・

家は本であふれ返っておりました。

 

そんな本好きな母ですから、

私が本をねだると、

上機嫌で本を用意してくれました。

f:id:Haruosan:20171101053438j:plain

何度か母の勧める本を突き返していると・・

「これならきっと読めるでしょう」

そう言って渡されたのが・・・・

『星新一』『ショートショート』でした。

 

えーと・・・この本は・・・

SFチックミステリアスな話が集まった、

1話完結型の短編集なのです。

f:id:Haruosan:20171101054321j:plain

いつも通り休み時間になると・・・

パラパラッと本を開きました。

f:id:Haruosan:20171101051544j:plain

すると・・・母の言う通り・・・・

なぜか読める!

 

とんでもない本嫌いで、

文字を見るだけでイライラする私が・・

スラスラと読み進める事が出来たのです。

f:id:Haruosan:20171101055030j:plain

 

わかりやすく面白い!

 

率直にそう感じました。

 

気が付くとチャイムが鳴り・・・・

休み時間が終わっていました。

f:id:Haruosan:20171101060936j:plain

この本はすぐに読み終わり、

また母に次の本をねだりました。

 

すると今度は・・・また別の

『星新一』の本を渡されました。

・・どれも夢中になって読みました。

f:id:Haruosan:20171101055030j:plain

星新一先生の作品の良さは・・・・

こう・・・・なんて言えば良いのか・・・・

 

文が苦手で知識の無い私にすら、

傍で寄り添ってくれるような文章なのです。

f:id:Haruosan:20171101065027j:plain

どれも不思議な話なのに・・・小難しく無い。

 

星新一先生のオカゲで・・・・・

孤独で苦痛な休み時間は無くなりました。

 

こうして4冊ほど読んだころ・・・・

私が夢中に読んでいたのが気になったのか?

 

「それ何読んでるの?」

とクラスメイトに話しかけられました。

f:id:Haruosan:20171101061841j:plain

ああっ・・・チャンスだ!

 

私はこの本の面白さを伝えたい気持ちと、

友達が欲しい!という一身で懸命に話ました。

f:id:Haruosan:20171101062328j:plain

話したのは確か・・・・

『館に入った人が次々と記憶を失っていく』

ショートショートの不思議な短編の話です。

 

 

私がワチャワチャと懸命に話をすると・・

「え-面白いじゃん?ほかの話は?」

とクラスメイトも興味を持ってくれました。

 

こうして本の話をしていると・・・・

グループの輪に入れてもらえる事になり・・

休み時間に本を読む必要は無くなりました。

f:id:Haruosan:20171101063500j:plain

 

星新一先生とも・・それっきりです・・・

f:id:Haruosan:20171101065343j:plain

しかし・・・・

こうしてブログを書いていると・・・

『星新一を読んだ事あるの?』

と聞かれる事が何度かありました。

 

その名前を見てドキッとしました。

(あっそういえば読んだ事があるぞ!)

f:id:Haruosan:20171101063905j:plain

いやぁ・・自分でもスッカリ忘れていました。

 

読んだのは、もう20年以上前の話です。

それも・・ほんの数週間の出来事なのです。

 

そうだ・・・中学生の時に、

星新一先生の作品を読んだ事がある。

f:id:Haruosan:20171101064216j:plain

不思議です・・

なんでわかったんだろう?

うーん・・・自分でも忘れていたのに。

 

 

文章には人柄や人生がにじみ出る、

『自分を隠す事は出来ない』

そんなような話を聞いた覚えがあります。

f:id:Haruosan:20171101072434j:plain

やはりどこの世界にも優れた人がいて、

わかる人には全部見透かされてしまいますよね。

 

言葉でも文章でもそうでは無いでしょうか?

 

それが恐ろしくもあり、

愉快だとも感じております。

f:id:Haruosan:20171101072032j:plain

そう・・・人に見透かされるって事は、

案外気持ちが良かったりもしますよね?

 

えへへ・・・

 

おわり