終わりの無い校内暴力の話③

 :🔻前回の話

終わりの無い校内暴力の話① - 警察官クビになってからブログ

終わりの無い校内暴力の話② - 警察官クビになってからブログ

 

 

幼い頃・・・・一人でよく工作をしたものです。

ごみ袋をハサミでチョキチョキ・・・・・

f:id:Haruosan:20171005003508j:plain

 

・・・・すると『マント』の出来上がり。

ヒーローにはマントがつきものですよね!

f:id:Haruosan:20171005003937j:plain

おっと・・・・カラダの大きな男の子が、

か弱い女の子をイジメているぞ!?

f:id:Haruosan:20171005003710j:plain

はしれーはしれー

f:id:Haruosan:20171005013139j:plain

 

近づいて~~パーンチ!

f:id:Haruosan:20171005013330j:plain

 

保育士さんが、

この騒動に気がついてざめます。

f:id:Haruosan:20171005013559j:plain

そして保育士さんは私に聞くのです。

「なんで殴ったの!?」

f:id:Haruosan:20171005013906j:plain

(えっ?!なんでって・・・?)

そりゃ・・・ご覧の通りですよ。

このマントが見えないのでしょうか?

 

今の私はアンパンマンなんです。

 

悪いヤツを見つけた・・・だから

『アンパンチ!!』

それだけの話です。

f:id:Haruosan:20171005014328j:plain

 

しかし保育士さんは言うのです。

お友達を殴っちゃダメよ!」

なんてね?

 

私はさらに驚きました。

(えっ!?・・お友達・・・?)

f:id:Haruosan:20171005014656j:plain

 

違う違う・・・・友達じゃない!

コイツはバイキンマンだ!

ほら・・・よく見れば・・

きっと頭にツノが生えている!

f:id:Haruosan:20171005015244j:plain

バイキンマンにゆっくり近づく私の前に・・・

二人目の保育士さんが立ちはだかります。

 

なっ・・・・・

なんなんだ・・・!?

 

私はか弱い女の子を助けたのに!

f:id:Haruosan:20171005015523j:plain

保育士さん達はまるで・・・・・

正義の味方である私を悪者にように扱うのです。

 

悪いヤツを殴って何が悪い!?

ヒーローはみんなそうしてるじゃないか?

f:id:Haruosan:20171006005833j:plain

私は何も悪く無い・・・・

悪く無いのに!!!!

f:id:Haruosan:20171005015523j:plain

 

 

10数年後・・・・・

高校3年生になった私は・・・

学校中を見回っておりました。

 

そうです・・・・・

『殴っても良い不良』

・・・バイキンマンを探していたのです。

 

f:id:Haruosan:20171005020024j:plain

しかし・・・・こう探してみると・・・・・

なかなか見つからないモノです。

 

上から見ても・・・・・・

f:id:Haruosan:20171003215518j:plain

 

下から見ても・・・・

f:id:Haruosan:20171003215456j:plain

バイキンマンは見当たりません。

 

片っ端から悪そうなヤツを殴り飛ばしたい所ですが・・・

さすがに・・・そうはいきません・・・・ 

f:id:Haruosan:20171005123614j:plain

 

だって・・・殴るのはそう・・・

とっびっきり悪いヤツじゃなきゃいけない!

何をしても・・・どうなっても許されるヤツ!

 

殴る事も、殴られる事も全く問題ではありません。

しかし・・・そう・・唯一問題になるのは・・・・

『自分の良心が痛むこと』

f:id:Haruosan:20171005124322j:plain

 

そう・・・・私は警察官になるのですから・・・・

『正義の味方』でなければいけないのです。

f:id:Haruosan:20171005124508j:plain

ハハハハッ・・・・・・

 

(ああっ・・・でも早く・・早く殴りたい!!!)

 f:id:Haruosan:20171005020703j:plain

こうしてバイキンマンを探して・・・

校舎を彷徨っていると・・・・

 

耳寄りな情報を入手しました。

「キムラの親は◯◯◯なんだって!」

「ええっ!?こえ~」

f:id:Haruosan:20171005021351j:plain           

(えっ?◯◯◯の息子?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

・・・

・・

f:id:Haruosan:20171005123934j:plain

おっ・・・・・・いいんじゃないか?

 だって・・・・◯◯◯の息子なんて・・・

『悪いヤツ』に決まってる・・・そうだ!

きっと・・・みんなだってそう思う。 

 

ああ・・・・・・良かった~

 

バイキンマンみーつけた!

f:id:Haruosan:20171005124108j:plain

(ボコボコにしてやるぞぉ・・・・・・)

 

 

つづく

 

 

つづき🔻

www.keikubi.com