MENU

会社を辞めた裏切り者への報復

 

数年前のお盆休み・・・・・

その日、知らない番号から着信がありました。

(だれだろう・・・・?)

f:id:Haruosan:20170901105318p:plain

電話をとってみると・・・・

「おう、ひさしぶり~」

と聞き覚えの無い声がしました。

 

(だれだろう・・・・?)

f:id:Haruosan:20170901105151p:plain

「どちら様でしたでしょうか?」

と尋ねると・・・・・

 

「あ~オレオレ、キド」

 

(・・・・・?ああっ!)

 

キドさんと言えば、

営業マン時代の先輩です。

f:id:Haruosan:20170901105510p:plain

 

しかし私が営業マンをやってたのは数年前の話。

(今更なんの用だろうか?)

 

「いま何やってんの?」

 

「工場で働いてます・・・」

私がそう質問に答えると・・・・・

 

「へえ~そうなんだ」

 

プツッ!

 

そこでなぜか突然電話が切れました。

f:id:Haruosan:20170901105752p:plain

(ん??電波が悪かったのかな・・・?)

・・・・・私は電話をかけ直しました。

 

すると・・・・・電話に出たキドさんは

「オイ、こいつかけなおして来たぞ!」

と笑いながら言ってきました。

 

周囲に誰かいるのでしょうか・・・・?

 

なんか・・・・イヤな感じがしました。

f:id:Haruosan:20170901110124p:plain

デタラメ言ってんじゃねえよ!」

と急に怒り出すキドさん。

f:id:Haruosan:20170901110850p:plain

 

突然の事でビックリしました。

 

「えっ?何がですか?」

 

「ホントはお前ニートなんだろ?」

 

「ええっ?」

 

・・・この会話の意味がわかりませんでした。

 

確かに私は営業を辞めてから職を転々としていました、

キドさんも噂で聞いていたのかもしれません。

 

今の工場も知人の紹介で運良く入れた会社です。

f:id:Haruosan:20170901110723p:plain

だから私がまともに就職しているワケが無い。

そう思うのも無理は無いでしょう・・・・

 

私は知人の紹介で運良く入れた事を

キドさんに懸命に説明しました。

f:id:Haruosan:20170901111256p:plain

「わかった・・・わかったよ・・・」

キドさんは、なんとか信じてくれたようです。

 

すると今度は・・・・・

「なぁ◯日にバーベキューやるから来いよ」

と言い出したのです。

 

ワケがわかりません。

f:id:Haruosan:20170901114614p:plain

「いやぁ・・・・すいません・・それは・・・」

と丁重にお断りし続けたのですが・・・・

 

「いいから来いよ!◯◯も会いたがってるぞ?」

とかつての後輩の名前を出してきました。

 

どうやらキドさんと、その場にいるらしい・・・・

電話越しにクスクスと数名の笑い声が聞こえてきます・・・

f:id:Haruosan:20170901111913p:plain

(なんだこれは・・・・・?)

 

もう私は何年も前に会社を辞めているのに・・・・

キドさんは営業マン時代のノリで強引に誘ってきます。

 

結局・・・私は強引な誘いを断りきれませんでした・・・

 

そしてバーベキューの当日・・・・・・

服を着替えて、出かける寸前・・・・・・・

キドさんから携帯に着信がありました。

f:id:Haruosan:20170901112505p:plain

「バーベキューやっぱ中止になったわ、じゃあな」

そう言ってキドさんは電話を切りました・・・・・・

 

(はぁ・・・・・)

f:id:Haruosan:20170901112342p:plain

その時には・・すでに、

私はキドさんの真意に気づいていました。

 

これは・・・小さな報復なのです。

f:id:Haruosan:20170901113211p:plain

 

数年前・・・・・・

 

私がブラック営業会社を辞める時、

同僚や先輩達がお別れ会をしてくれたのですが・・・・

f:id:Haruosan:20170901113453p:plain

その会の中でキドさんは、

「社長の恩を仇で返しやがって!」

 

と私の胸ぐらを掴み「この裏切り者!」と激怒していました・・・

f:id:Haruosan:20170901113910p:plain

ブラック企業にも色々ありますが・・・・

この会社は社長を神とする宗教のような会社でした。

 

古参社員のキドさんは、

社長の事を心から崇拝しておりました。

f:id:Haruosan:20170901114132p:plain

 

そんなキドさんは会社を辞めて、

社長を裏切った私』

何年たっても許せなかったのでしょう・・・・・

f:id:Haruosan:20170901112342p:plain

 

数年前・・・わたしが勤めていた営業会社は、

毎朝出勤すると・・・・・

『仲間』という曲が大音量で流れていました。

f:id:Haruosan:20170901115548p:plain

 

曲をかけているのはキドさん。

 

私を見かけると・・・・

「オハヨー!」と元気よくアイサツをしてくれます。

f:id:Haruosan:20170901115815p:plain

この曲の通り『仲間思いの良い先輩』だったと思います。

 

夜はみんな仲良く残業です。

繁盛期などは『朝まで残業』なんてのもザラでした。

f:id:Haruosan:20170901125927p:plain

ブラック企業らしく拘束時間は無駄に長い。

(残業代も出ません)

 

だからこそ・・・長い時間一緒にいるからこそ・・・・

『仲間意識』は特に強かったように思います。

 

残業を終えてキドさんと飲みに行くと・・・・・・

「一緒に社長を支えて、会社を大きくしようぜ!」

なんて二人でよく熱く語り合いました・・・

f:id:Haruosan:20170901122331p:plain

この強い仲間意識があったからこそ、

辞めた時の反動が大きかったのかもしれません。

 

辞めた社員は「裏切り者」「根性なし」

そうボロクソに言われるのです。

 

数年たってもキドさんの恨みは消えていませんでした。

f:id:Haruosan:20170901113211p:plain

たぶん10年たっても20年たっても・・

キドさんにとって私は『裏切り者』なんだと思います。

 

こんな風に・・・・・気持ちがすれ違い・・・・

大人になってからが切れてしまった人が大勢います。

 

キドさんに「この裏切り者!」と胸ぐらを掴まれた時、

私は「すいません・・」と、ただ謝ってしまいました。

f:id:Haruosan:20170901132521p:plain

謝ればそれで済むと思ったからです・・・・

 

しかし・・・・

「こんなクソ会社にいられるか!」

と本心を言っていれば・・・・どうなったでしょうか?

f:id:Haruosan:20170901132752p:plain

そこで恨みは残らず・・・・

 

また違った関係になれていたかもしれません、

人に心を開くって難しいですね・・・・・

 

おしまい

 

f:id:Haruosan:20170901133740p:plain