子供に「障害があるかも?」と言われたら?②

  前回の記事。

www.keikubi.com

 

車に轢かれかけた時、

私は脳の障害を治す方法を思いついたのです。

チーン☆

f:id:Haruosan:20170724001423p:plain

私が車に轢かれそうになり、

死にかけた瞬間・・・・・

 

その前後の「瞬間だけ」

視界がパァッと広がり、

頭の中がスッキリするような感覚になったのです。

f:id:Haruosan:20170726015654p:plain

「脳がちゃんと動き出した?」

・・・・・・そんな風に思ったのです。

 

いつもは視界も曖昧で、

頭の中に霧がかかったような状態なのに・・・。

f:id:Haruosan:20170726021327p:plain

「危機的状況に陥った時だけ」は、

周囲のモノがハッキリと見えるのです。

 

f:id:Haruosan:20170726045400p:plain

・・・・思い出してみると、

警察官をクビになる時もそうでした。

 

教官に呼び出されて「バカはやめろ!」

強烈に責められた続けた時、

「ヤバイ・・」

そう感じて頭がスッキリして、

グルグルと回り始めたのです。

f:id:Haruosan:20170726024052p:plain

これは・・・つまり・・・・

「死ぬほどの負荷や刺激」を与え続ければ、

ずっと脳はそのまま動き続けるんじゃないか?

そして改善していくんじゃないか・・・?

 そんな事を思ったのです。

だから私は脳に高負荷・刺激を与え続ける事にしたのです。

f:id:Haruosan:20170726030055p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Haruosan:20170726025232p:plain

この全く根拠の無い閃きが、その後、

100人中の100人が思いつくであろう

「病院に行って普通に治療する」

という思考をどこかに追いやってしまったのです。

 

「バカなのか?」

と思われるでしょう・・・・・そうです。

f:id:Haruosan:20170722070422p:plain

しかし何の根拠も無い、

個人的な経験談からお話させて頂きますと、

その効果は絶大でした。

 

ある夏の猛暑の日。

私は熱中症のせいか頭痛と吐き気がして、

神社へと駆け込みました。

f:id:Haruosan:20170730115557p:plain

 その頃は、炎天下の中で

毎日10時間近く飛び込みをしていたのです。

さらに給与も少なく、

日々の食事も満足に取れないので、

体力もガリガリ削られていきました。

 

しかし・・・・・・ 

肉体的、精神的には最低だけど、

私の脳にとっては最高の環境でした。

 

契約はどうしてもとりたい・・・・

でもカラダが動かない・・・もう時間がない・・・

 

こういう必死に追い込まれた状況になると、

(あぁ・・に効いてるなぁ・・・)

フラフラになりながら、よくそんな事を考えていました。

f:id:Haruosan:20170730121617p:plain

(脳が暖かい・・・・・)

液体か?電気信号なのか?

ナニカはわからないのですが、

危機的状況になると脳にナニカが、

ギュルギュルと「送り込まれる」のです。

 

そしてそれが頭の中を駆け回るように感じるのです。

f:id:Haruosan:20170730153219p:plain

・・・・・やはりこういう状態になると、

急に頭が冴えて来るのです。

頭の回転が抜群に早くなります。

f:id:Haruosan:20170726015654p:plain

私はいつもは話しだすと、

「あっあ・・あの・・・」

みたいにドモリの状態になりガチなのですが、

f:id:Haruosan:20170730224535p:plain

脳が働き始めると、

それもなくなります。

 

ハキハキ喋れるようになるのです。

f:id:Haruosan:20170730224320p:plain

状況判断能力もグッと早くなります。

飛び込み営業で家のチャイムを鳴らした瞬間、

一瞬だけチラッと周囲を見渡すのです。

 

庭にかけてある洗濯物。

玄関先に置いてある植物。

オモチャ。

自転車。

 

それをパッと見た瞬間に、

玄関から「出てくる人」を予想するのです。

そして迎え撃つ準備を頭の中でグルグル考えるのです。

f:id:Haruosan:20170730225629p:plain

(どう話そうか?何を勧めようか?)

 

100%では無いにしろ、

その予測はよく当たりました。

それが出来ると割りと有利に事が進められるのです。

 

こう頭を何度も何度もグルグル回してると・・・・

なんとなく働きが良くなっているように感じました。

 

あ、そうそう、

あと・・・・・・以前にこのブログで

「契約がとれる家がって見えた」

というチョット病気みたいな話をしたと思います。

f:id:Haruosan:20170730230106p:plain

まぁこういう頭が本当に病気のヤツの話なので、

真に受けず、聞き流してほしいんですが・・・・

 

私が体験した事実だけをお話させて頂ければ、

確かに家が温かく光って見えたのです。

 

そしてその家は必ず契約がとれました。

 

これが脳の病気と関係があったのか?

まぁ・・・それは・・・

・・・・あったような気もするんですが・・・

ただの栄養不足からくる幻覚症状な気もします。

f:id:Haruosan:20170731001547p:plain

ただこういう光る家が見える時、

調子の良い時の私の月間の契約数は

100件近くにのぼりました。

 

健康食品飛び込み営業で、

100件近くも売るのはけっこースゴイことなんですよ。

・・・・大して自慢になる話じゃないんですけどねぇ・・・

 

まぁこれもそれも全部「頭がオカシイ」って話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Haruosan:20170726025232p:plain

(おわかりにならない幸せというのもあるのです)

 

そんなこんなで・・・・

この飛び込み営業との出会いは、

私の脳をグッと改善してくれる事に繋がりました。

 

先のことを考えたり、

目の前のリンゴを認識する事にすら、

時間がかかる私でしたが・・・・

f:id:Haruosan:20170721055247p:plain

 

飛び込み営業は、

とにかく「目の前の事」だけ、

「それだけ」を集中する力を鍛えてくれました。

f:id:Haruosan:20170731002116p:plain

1日に訪問して対面するお宅は約120件。

1日に120回も、

短いレッスンを繰り返せたのです。

 

それを約3年間・・・

やはり脳には良い環境でした。

 

オカゲで私は数分間の短い会話や、

瞬間的な判断であれば、

人並みに出来るようになってました。

 

 

・・・・その後も数年間、

テレフォンアポイント業務に就いて、

目の前の事に集中するレッスン。

瞬間的な判断能力の上達に努めました。

f:id:Haruosan:20170731015559p:plain

これで・・・・つまり・・・・

先の事が見えなくても、

うまく考えられなくても、

 

どの方向からの

どんな変化にも、

 

瞬時に噛み砕いて判断して、

対応出来るようになったのです。

 

例えば・・・・・

リンゴがビューンと飛んでくる。

f:id:Haruosan:20170731032609p:plain

 

普通の人は飛んでくる前に予測出来たりもします。

 

でも私は事前に予測することが困難です。

目の前、直前で脳が認識した瞬間・・・・・・

f:id:Haruosan:20170731090119p:plain

素早くキャッチ!で、サバく!

f:id:Haruosan:20170731032756p:plain

これが上手になると・・・

「仕事によっては」ですが、

まるで普通の人のように振る舞う事が出来ました。

f:id:Haruosan:20170731132627p:plain

ほらほら、

よく見て下さい、

今でも、この記事も全部、

瞬間的に書き出した短い文をパズルみたいに

パチパチ組み合わせているだけなんですよ?

f:id:Haruosan:20170731140437p:plain

普通の営業の職にも就いたのですが・・・・

長い時間お客さんと会話したり・・・・・

書類を書いたり、読んだりするのは、

ど~~~~~~しても出来なくてですね・・・

(計画したり、順序立ててお話するのが苦手)

f:id:Haruosan:20170731015852p:plain

単発の営業を繰り返す、

飛び込み営業テレアポなら良いのですが、

あんまり一般的な営業には向いていませんでした。

 

いや・・・・むしろボロボロでした。

社会不適合丸出し。

 

当時の私と付き合った彼女はみな口を揃えて、

私の事を評してこう言いました。

小学生と変わらないよね・・」

なんてねハハハ・・・・(まぁ自分でもそう思います)

f:id:Haruosan:20170731021059p:plain

プライベートでは気を抜いてしまい・・・・

頭が全然働いてくれませんし・・・

人には理解されない奇行も繰り返してしまいます。

f:id:Haruosan:20170731030440p:plain

コレ見てる人の方がツライんじゃないかなぁ・・・・

ってそう思ったりもします・・・・・。

 

まぁ私、本人は気にしないタチなのでね、

いいんですけれども・・・・・・

f:id:Haruosan:20170731094223p:plain

ハハハ・・・・

まぁ人にしか与えないこのクソ病気ですが、

病気になったからコソ出来る事もあります。

 

昔、テレフォンアポインター部署の管理をしていた時、

子供が病気になったご婦人がいらっしゃったんです。

f:id:Haruosan:20170731095025p:plain

後遺症が残るような病気だったらしく・・・・

大事なお子さんの事ですから・・・・

ヒドク落ち込んでいました。

f:id:Haruosan:20170731132921p:plain

話を聞いた私は、

とっさに自分の頭の深い傷跡を見せて励ましたんです。

f:id:Haruosan:20170731133202p:plain

そして言ったのです。

「私も幼いころに脳の病気で死ぬって言われて~

 障害が残るって言われましたけど~

 まぁ今は元気でやってますから!ハハハッ」

なーんて・・・・・

f:id:Haruosan:20170731095643p:plain

ほらほら~

そしたらご婦人が急に泣き出して・・・・・

f:id:Haruosan:20170731100020p:plain

(ああっ・・これは・・・なんか間違えたかな?)

とオロオロしたんですが・・・・・・

 

「ありがとうございます、

 なんだか気持ちが軽くなりました・・・・」

 

なんて・・・泣きながらお礼を言うのです・・・・・

 f:id:Haruosan:20170731100642p:plain

(おっ・・・・・・)

 

それは・・あまりに予想外の出来事だったので・・・

私もお礼を言われてドキッとして

しばらく固まってしまいました。

 

・・・・・・・・

病気になったから話せる事、

感じられた事、

人にしてあげられること、

そういう事も世の中にはあるみたいですよ・・・

 

この生まれもった脳の病気のオカゲで、

これまで色んな人を励ます事が出来ました。

 

脳の病気とコノ傷跡・・・・

いやぁ・・非常に・・・便利ですよ。ええ。

他の殆どの事ではクソの役にもたちませんが。

f:id:Haruosan:20170731140941p:plain

・・・・・なにより、

 

大きな問題を抱えて産まれてきたオカゲで、

他の問題ではそれ程は悩まずに生きてこれました。

 

「オイオイ、もっと大きな問題があるだろ?」

 「何を小さな事で悩んでるんだ?」ってね、

 

f:id:Haruosan:20170731135457p:plain

まぁ・・・・なんと言いますか、

大きな病気を持って産まれてくる事も、

「そんなに悪い事ばっかりじゃぁ無い」って話です。

 

なんだか首をヘシ曲げてカラダが動かなくなってから、

脳の調子がスゴク良いんですよね・・・

まぁこれが続いてくれれば良いのですが・・・・

まだまだ・・・・脳との付き合いも道半ばですよ。

f:id:Haruosan:20170731140832p:plain

おしまい

f:id:Haruosan:20170731142543p:plain