子供に「障害があるかも?」と言われたら?

「アタマどうなってるんですか?」

っていう質問を頂く事があります。

f:id:Haruosan:20170722070717p:plain

私は幼少期に重い脳の病気にかかり

「まず死にます。生き残っても重い障害が残るでしょう」

なんて事を言われたワケなんです。

 

まぁ先生のオカゲで、

こうしてピンピンしてるワケなんですけど、

ここに一つの欠陥品が生まれたのです。

f:id:Haruosan:20170722070422p:plain

今回は医学的な話とか難しい話を一切交えず。

(交えられない)

 

頭のオカシイ奴が30年余りの人生で感じた、

頭のオカシイって事の話をしたいと思います。

 

まぁまともな人間の話では無いので、

軽く聞き流して下さい。

f:id:Haruosan:20170724011134p:plain

脳治療のはじまり~

 

 

 

私の完全に欠陥品でした。

「まともに動いてくれない」

という表現が正しいかと思います。

f:id:Haruosan:20170721132252p:plain

みなさんは少し先の未来の事を考えられますか?

私には出来ませんでした。

 

動いてくれないんですよ。

周りに霧がかかったような状態で、

人の話や物を認識するのも一苦労でした。

f:id:Haruosan:20170723061359p:plain

 

でも・・・お医者さんが

「普通の学校に行っても良いですけど・・」

なんて事を言ったものですから、

両親は「普通の学校」に進む事を選んだそうです。

 

で・・・・・学校は地獄でした。

「みんなの当たり前」が私には出来ないのです。

 

まず先生の指示や話が全く理解出来ないのです。

・・・・まぁ例えばこんな感じになります・・・。

 

先生がこんな指示を出します。

f:id:Haruosan:20170721060800p:plain

 私は話を理解していません。

指で指された方向にただ歩き出します

歩きだすと周囲の霧が濃くなっていきます。

f:id:Haruosan:20170721053404p:plain

(目の前に何かある?なんだろう?)

f:id:Haruosan:20170721053537p:plain

(・・・・・・????)

わからない。

そもそも自分がイマ何をしているのかわからない。

f:id:Haruosan:20170721052158p:plain

 その場に立ち尽くして、

別のことを考え始めます・・・・・・・

f:id:Haruosan:20170721053651p:plain

f:id:Haruosan:20170721053904p:plain

f:id:Haruosan:20170721054205p:plain

再度指示を出されても、

私は話を理解していません。

f:id:Haruosan:20170721054407p:plain

(怒られた!!!!)

私は焦ります。

f:id:Haruosan:20170721054548p:plain

一生懸命考えます。

f:id:Haruosan:20170721054803p:plain

思い出せない、わかっているハズなのに。

わからないのです。

f:id:Haruosan:20170721055011p:plain

f:id:Haruosan:20170721055247p:plain

f:id:Haruosan:20170721055257p:plain

f:id:Haruosan:20170721055546p:plain

f:id:Haruosan:20170721060237p:plain

f:id:Haruosan:20170721060537p:plain

こうして・・・・

 よくわからないうちに

何もかもが終わってしまうのです。

f:id:Haruosan:20170721061218p:plain

これは例え話ですが・・・・・

 

大体がこんな状況で、

 

先生の言っている事が全く理解できないので、

もちろんテストは全て白紙で提出していました。

文字を目で見るだけでも辛かった。

f:id:Haruosan:20170723062351p:plain

そんな私に対して、

母は懸命に勉強を教えよう・・・

として・・・・いたんですが・・・・

 

やっぱり何を言われても、

全く理解出来ないのです。

 

勉強だけじゃありません、

親の言っている事が殆ど理解出来ないのです。

f:id:Haruosan:20170723062904p:plain

母は焦ったんだと思います。

(この子はまともじゃない・・・)

なんてね?

 

まぁそれは焦る・・・焦る・・・・

 

・・・・・・その結果、

母は私への教育をそうそうに諦めました。

で、言葉の代わりに暴力を振るうようになったのです。

(コイツは口で言ってもわからない)

そういうシンプルな結論に達したのでしょう。

f:id:Haruosan:20170723065130p:plain

暴力・・・・・

母のヒステリーは日に日に増すばかりでした。

汚い言葉を吐いて、

食器や家具等に当たり散らすのです。

 

そして何かにつけて

言葉より先にバシバシと手を出してくるのです。

 

これで家庭が崩壊します。

 

父が母に耐えかねて

家に帰らなくなったのです。

 

そして・・・感情の不足分を補うためなのか、

父はスピリチュアルな力を求め始めました。

・・・人を集めて・・なんと言いますか・・

・・・・まぁやめておきましょう。

いくつになっても子は父を誇りたいモノなのです。

父もちょっと特殊な人だったのです。

f:id:Haruosan:20170723071519p:plain

前にお話しましたが・・・・

これは私の最初の婚約者の家庭とそっくりなのです。

f:id:Haruosan:20170723071756p:plain

教養が無いゆえに、

暴力で周囲の人を従わせようとする人。

 

何も無い自分を「特別」だと思いたいがために

霊や超能力に傾倒する人。

 

貧困層の思考回路は、

みなどこか似通っているのかもしれません。

 

まぁ母は晩年錯乱して

記憶がスッポリ抜けていたようでしたけれども。

f:id:Haruosan:20170724012030p:plain

 

 

・・・・病気でツライのは自分自身だけではありません。

家族にも大きな負担がかかるのです。

f:id:Haruosan:20170723073425p:plain

そして・・・・・・

一人の大病家族を崩壊させる事もあるのです。

f:id:Haruosan:20170723073638p:plain

これは・・・・

私自身の個人的な出来事に対する

個人的な意見ですけど、

「障害があるかも」とわかった時点で、

「無理に産んでくれなくても良かった」そう思っていました。

 

そこまで周りに迷惑をかけてまで

「生まれてきたい」とは思いません。

f:id:Haruosan:20170723074128p:plain

私を殺して,

次の子に期待をかければ良かったと思います。

死よりもツライ事がこの世界には沢山あるのです。

 

よくドラマで言うように

「それでも産んでくれてありがとう」

というような気持ちもあったのですが・・・・

気持ちは複雑です。

 

なにせ、ここは地獄なのですから・・・・

 

そして時は流れ・・・・・

警察官をクビになる時、

私は「自分がオカシイ」と自覚させられたのです。

 

上司である教官達は私を辞めさせる為に、

私のオカシイ所を一つ一つ

ストレートに教えてくれたのです。

もちろん脳の病気の事も指摘されました。

「オマエの頭は病気だ」

f:id:Haruosan:20170723074711p:plain

(自分がオカシイのは脳の病気のせいなのか?)

しかし脳の病気のせいだと思いたくはありませんでした。

怖かったのです・・・・だってそれは・・・・

自分の致命的な欠陥を認める事になるからです。

 

幼少の頃に病院に行った時の事を思い出します。

看護士さん達が私を取り囲んでこう言うのです。

「ちゃんと喋れるの?すごいね!」

「真っ直ぐ歩けるんだね?すごいね!」

f:id:Haruosan:20170723075108p:plain

すごくどうでも良い

当たり前の事をするだけで、

みんながスゴイ・・・スゴイと私を褒めるのです。

 

私と「普通の人」との間には、

一体どれ程の差があるのだろうか?

f:id:Haruosan:20170723080049p:plain

もうあまりに極端な差があるので、

考えるだけムダのように思えました。

 

まぁなんにせよ・・・・

警察官をクビになってから、

数え切れないほどの欠点の改善が必要とわかりました。

そして・・・・

やはり脳の病気とも

向き合わなければならなかったのです。

f:id:Haruosan:20170724014215p:plain

 

しかしある日・・・

私は脳の治療法を思いついてしまったのです!

 

それは今から十数年前のこと・・・・

 

警察官をクビになった18歳の私は、

ショックで鬱だとかなんだかで

ゾンビ状態になっておりました。

(脳の病気も関係あるのかもしれませんが)

 

記憶が飛んだり深夜徘徊をしたり。

奇声を上げたり鳴いたり喚いたり。

f:id:Haruosan:20170724000240p:plain

なんだかよくわからない生き物になっていました。

 

そのせいで何度か死にかけたのですが・・・・・

ある日、道路に飛び出して

車に轢かれそうになった時・・・・

f:id:Haruosan:20170724001125p:plain

この瞬間!

閃いたのです!!

・・・脳の障害を治す方法を☆

f:id:Haruosan:20170724001423p:plain

 

つづけ

f:id:Haruosan:20170724021544p:plain

 

つづきだよ

www.keikubi.com