MENU

警察官をクビになった話 後編

 

🔻前のお話

 

警察学校に呼び出された父。

何を言われても辞めない私に代わり、

上司である教官はを説得し始めました。

 

f:id:Haruosan:20180101203932j:plain

「お父さん、息子さんは限界ですよ!

警察を辞めるように言ってくれませんか?」

 

父はポカーンと話を聞いていました。

 

私は父に対する恥ずかしさ

不安でクラクラと目眩がしました。

f:id:Haruosan:20180101210505j:plain

実は私は父のことを殆ど何も知りませんでした。

 

父はワケあって家に殆ど寄り付かない人なのです。

 

最後に会話をしたのはいつだったか・・?

いや・・まともに会話をしたことがあったのか?

 

就職した息子が醜態を晒して、

あげく職場に呼び出される・・・・

 

(父は今どんな気持ちだろうか?)

そんなことばかり考えていました。

 

f:id:Haruosan:20180102190328j:plain

教官たちは

『私がどれ程ダメな人間か?』という話を

コンコンと父に話すのです・・

 

あまりに辛すぎました。

f:id:Haruosan:20180101211256j:plain

 

十数分後・・・教官達が話を終えると・・

今度はゆっくりと父が口を開きました。

「なぜそれが辞める理由になるのですか?」

f:id:Haruosan:20180101212423j:plain

 

この父の第一声を聞いて驚きました・・・

まさか・・・・父が私をかばうとは・・・

f:id:Haruosan:20180101212257j:plain

 

「雇った以上は責任があるのですから、

 ダメなら育てようとは考えませんか?」

父が教官達に反論します。

 

教官たちは警察官特有の

強烈な威圧感を全面に押し出してきました。

 

f:id:Haruosan:20180101213000j:plain

父は長い間営業マンの仕事をしていたせいか?

父は物怖じしません。

 

3人の教官達は父の反論を聞いて黙りました。

短い間が空きます・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

f:id:Haruosan:20180101212802j:plain

沈黙の後・・リーダーである初老の教官は

「わかりました、もう少し様子を見ましょう」

一言そう言うと、その場を去っていきました。

 

父を説得できないと理解した教官は、

すぐに考えを変えたのでしょう。

 

18歳の私には、その判断の速さが・・・

とても恐ろしく感じられました。

f:id:Haruosan:20180101213627j:plain

父のオカゲもあって、

何とかここまで辞めずには済みましたが・・

 

私は心もカラダもボロボロの状態でした。

 

こんな状況になったのは、

紛れもなく私の落ち度です。

 

同期のイジメも仕方がない。

 

コミュニケーションがとれなかった、

嫌われてしまった私が悪い。

f:id:Haruosan:20180101220524j:plain

それにイジメなんてどこにでもある。

 

しかし・・・・

辞めさせる方法が他に無いにしても、

教官達の責め苦は酷いモノでした。

 

「お前はバカだ」

「どうしようもないヤツだ」

「頭がおかしいんじゃないのか?」

そんな事を毎晩3人の大人に何時間も言われ続ける。

f:id:Haruosan:20171231170245j:plain

18歳の私にはあまりにも辛すぎました・・・

 

それが1ヶ月も続くと・・・・

私は壊れてしまったのです。

もうどうしようもありませんでした・・・

f:id:Haruosan:20180101220704j:plain

・・・っていうんでしょうか?

夜は眠れない・・・食事も取れない。

仕事のミスは増すばかり。

 

私は意識も曖昧なまま・・・・

警察学校での訓練を続けました。

f:id:Haruosan:20180101215517j:plain

しかし私は

死んでも警察官を辞めない!

と決めていました。

 

・・・そう思っていたのですが・・・・

ここで教官達は最終兵器を導入してきます。

 

ドーン

f:id:Haruosan:20180101220957j:plain

・・・これで私は警察を去ることになります。

 

教官は同期全員にこんな罰を下しました。

「卒業まで全員外出禁止にする!」

f:id:Haruosan:20180101221430j:plain

警察学校では普段は勝手な外出は許されませんが、

週末だけは自宅に帰る事が出来きたのです。

 

つまり外出禁止になれば・・・・

半年ほど家族や恋人に会えなくなってしまう!

f:id:Haruosan:20180101221616j:plain

教官達はその罰を下す理由を、

「私の素行が悪いから」だと

私の同期達に話したのです。

 

同期達は怒り狂いました!

 

そして私の元に詰め寄ります。

「どうしてくれるんだ!」と・・・・

 

妊娠中の奥さんがいる人もいる。

小さなお子さんがいる人もいる。

 

みんなが怒るのは当たり前。

f:id:Haruosan:20180101221821j:plain

(ああ・・・ここまでか・・)

と・・・私はここで観念しました。

 

そして教官の元へ行き自ら頭を下げて言いました。

「ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした、

私が責任をとって辞めるので罰を取り消して下さい」

 

f:id:Haruosan:20180101222218j:plain

初老の教官はニッコリ笑って・・・

「うーんそうかそうか・・」

と何やら考えるフリを始めました。

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・

f:id:Haruosan:20180101222738j:plain

教官は・・・・たっぷり時間をかけた後に、

「よし!わかった!お前の気持ちを汲もう!

 特別に罰を取り消すことにする!」

そう言ったのです。

 

・・・ぜんぶ茶番です。

 

すべて筋下記通りの結末。

 

 

 

私が警察官になってから、

ここまでわずか半年の間の出来事、

 

こうして18歳の私は警察を去りました。

惨めな夢の結末です。

f:id:Haruosan:20180101222934j:plain

 

私の憧れた警察官のヒーローは、

必ず『警察官になってから』物語が始まりました。

f:id:Haruosan:20180101224125j:plain

しかし・・・・

私は警察官になる事すら出来ませんでした。

 

これは誰からも憧れられる事もなく、

尊敬される事もない、

 

何も始まらなかった

私の半生を書いたブログです。

 

f:id:Haruosan:20180101225240j:plain

 

 

 

【警察編の最後の記事】

 

www.keikubi.com