なぜゴキブリを殺さなければいけないのか?

 

部屋の片隅に見える黒い影

f:id:Haruosan:20170705112327p:plain

黒い影それはゴキブリ

 出会いは突然に。

f:id:Haruosan:20170705112140p:plain

私はゴキブリが怖くて、

怖くてたまらないのです。

f:id:Haruosan:20170705112729p:plain

その当時は同棲していた彼女がいたので、

彼女にお願いして退治してもらっていました。

f:id:Haruosan:20170705112750p:plain

勇敢な彼女は何もわず、

ゴキブリを一撃で処理してくれます。

f:id:Haruosan:20170705113154p:plain

 情けない事に、

私は彼女にすがる事しか出来ません。

 f:id:Haruosan:20170705113507p:plain

しかし彼女はある疑問を持っていました。

そして私にこう言うのです。

「いつも仕事で沢山ゴキブリ殺してるでしょ?」

 

まぁ・・・・・・・そうなのです。

 f:id:Haruosan:20170705114047p:plain

私は15歳の頃から日雇い労働を始め、

休日や仕事終わりを利用して30歳近くまで、

工場や公共住宅の清掃等をしておりました。

 

清掃ですから、

・・・・ゴキブリとの付き合いは長い。

 

私の殺したゴキブリの数は百や千ではありません。

数万匹にも達するでしょう。

f:id:Haruosan:20170705232450p:plain

特に・・・配管の洗浄の時などは、

大量のゴキブリを殺してしまいました。

 

高圧洗浄機のガンのトリガーを引くと・・・・・

f:id:Haruosan:20170705114920p:plain

ホースについた先端のノズルが水を逆噴射しながら、

高速で管内を突っ込んでいくのです。

f:id:Haruosan:20170705114711p:plain

 

f:id:Haruosan:20170705115449p:plain

汚れは落ちる。

ゴキブリも死ぬ。

f:id:Haruosan:20170705232450p:plain

 しかし彼等も死にたくは無いのです。

 

驚いて懸命に外へ這い出て来きます。

f:id:Haruosan:20170705115836p:plain

カサカサ・・・・カサカサ・・・・・

 

でも殺す。

もう殺すしか無いのです。

f:id:Haruosan:20170705233504p:plain

ドン!ドン!とゴキブリを踏み潰す。

f:id:Haruosan:20170705120625p:plain

ここで1匹でも逃がせば、

住民からのクレームにもなりかねません。

f:id:Haruosan:20170706063744p:plain

最悪の場合「あの業者を使わないでくれ!」

親会社に連絡が入り、仕事が無くなる可能性も0ではない。

だからゴキブリは全て・・・・殺すしか無いのです。

 

しかしなぜ、

こうもゴキブリは嫌われているのでしょうか?

 

実は過剰なテレビCM等のせいで、

「ゴキブリは気持ち悪い」

そう思い込まされているだけなのでは?

というような話を耳にした事もあります。

f:id:Haruosan:20170706014450p:plain

確かにマンガやアニメでも

「ゴキブリ!?」

「キャー気持ち悪い!!!」

みたいな描写はよく見かける気がします。

 

とすると・・・

このゴキブリを嫌う感情は、

自分の本当の気持ちではない?のか?

f:id:Haruosan:20170706014230p:plain

 

じゃあ自分の本当の気持とは、

どこにあるのでしょうか?

 

そして・・・・・彼女の言うとおり、

見るだけでも恐ろしいハズのゴキブリが・・・・

なぜ仕事の時は平気で殺せるようになるのだろうか?

f:id:Haruosan:20170705120625p:plain

 

仕事だから、クレームを出さないように殺す。

それはモチロンなのですが・・・・

 

私は本来ゴキブリは怖いというだけでなく、

生き物であれば

動物でも、

植物でも、

虫でも、

出来る限り殺したくは無いハズなのです。

f:id:Haruosan:20170706064123p:plain

しかし仕事になると、

そういう感情は吹き飛んでしまいます。

これは上司や先輩の教えのせいかもしれません・・・。

 

思い返せば・・・・

いろんな所でいろんな誰かの都合の良い様に

感情や思考が上塗りされてきたように思います。

f:id:Haruosan:20170706064546p:plain

私は人を信じ込みやすいタイプですので、

ガンガン塗られてきてしまったように思います。

 

TV、ラジオ、マンガ、アニメ・・・

学生時代は先生から・・・

警察官時代、営業マン時代

職場であれば、必ず上司や先輩から

「こういう考え方をしろ!」と強要されたものです。

f:id:Haruosan:20170706065307p:plain

本来の自分がどういう人間だったのか?

何だかもう・・・・・よく思い出せません。

 

 

そういえば・・・・

 

ある職場でキツイ仕事を押し付けられて、

チョット嫌な顔をした時には、

こんな事を言われました。

「個性は出しても我は出すな」

f:id:Haruosan:20170705120838p:plain

お前は全体のための一人にしか過ぎない、

「与えられた仕事をただヤレ!」

そういう事だと思います。

 

それはツライ事のようにも思えますが・・・・

 

でも、そうやって自分の感情や思考に

ドンドン上塗りして、

「その場に必要な自分」になれなければ、

自分の居場所はスグに無くなってしまいますよね。

f:id:Haruosan:20170706080447p:plain

適者生存。

生きていく上で、

自分を他人の思考で上塗りしていく事は、

やはり必要不可欠なのでしょうか?

 

案外みんなが自分で「自分の個性や思考」

そう思っているモノだって、

「他人から認められる為に作った単なる後付け」

だったりするのかもしれませんね・・・。

 

私の

「ゴキブリを怖い!」と思う気持ちも、

「ゴキブリを殺したくない!」という気持ちも、

そういう後付けでしか無いのかもしれません。

 

「本当の自分」なんて・・・・・

どこにも無かったのかもしれません。

f:id:Haruosan:20170706065843p:plain

 

おしまい

 

はやく社会の歯車に戻りたい。

f:id:Haruosan:20170706072647p:plain