拾いネコを保健所に連れて行った話 後編

 

 

前編はコチラ。

 

何とかして子猫の里親を見つけ出さなければいけません。

そうでなければ最悪、保健所で殺処分されてしまうからです。

f:id:Haruosan:20170629032454p:plain

で・・・・色々考えた結果・・・・

あまり気が進まなかったのですが、

職場で「事情」を話し、子猫の里親を探す事にしました。

 

上司に許可を得て、みんなの前で話ます。

「子ネコを拾ったので保健所へ連れて行ったら、

 処分されると聞いたので、里親を探しています!」

f:id:Haruosan:20170701063559p:plain

私が職場のみんなにそう伝えると・・・・ 

 

大半の人は

「そうか大変だな、私は飼えないけど、

知り合いに飼える人が居ないか探してみるね?」

という模範解答をしてくれました。

f:id:Haruosan:20170702053008p:plain

・・・・ありがたい。

 

しかし・・やはり感情的な意見も飛び出しました。

こんな感じで・・・・

 

「なぜお前はネコが殺処分されるとわかっているのに

 保健所へ連れて行こうとするんだ?」

そう言われても飼い主が見つからなければ仕方がない・・・

f:id:Haruosan:20170701064029p:plain

「その辺に逃がしてやればいいじゃん」

という雑すぎる意見もありました。

 

「拾ったからには責任持って育てなさい」

という責任を問う無責任な意見も・・・・・。

f:id:Haruosan:20170701065409p:plain

「飼い主が見つからなければ保健所へ持っていく?」

「そんなヒドイ事は辞めろ!ネコを捨てるな!」

 

そういう批判をされると、

不思議な気分になりました・・・・・。

 

まぁ確かにそうなんです・・・・・

死にかけの子猫を救ったハズが・・・・

いつの間には子猫を処分する側に回っていたのです。

f:id:Haruosan:20170701064607p:plain

なぜこんな事に・・・・・・。

 

モチロンそんな意見に反対してくれる方もいました。

 

 

それはチョットした論争になりました。

f:id:Haruosan:20170701071215p:plain

しかし・・・・・

肝心の「ネコを飼ってくれる人」は現れません。

 

 

私も実家で20数年間

ネコを飼い続けてきましたから、

ネコを処分したいワケがありません。

 

思い返すと・・3歳くらいの頃には、

ネコがすでに自宅にいました。

f:id:Haruosan:20170701072059p:plain

気高いヤツだった。

 

そして・・・・ネコは増え続け。

多い時で5匹のネコが実家で飼われていました。

f:id:Haruosan:20170701073325p:plain

ネコだらけの楽しい人生でした。

ネコがいるだけで癒される。

 

しかし別れは突然訪れる。

f:id:Haruosan:20170701072438p:plain

ネコが死ぬ度に、

病院でも火葬場でも

私は恥ずかしげもなくワンワン泣きました。

f:id:Haruosan:20170701073804p:plain

 

私もネコが好きだ。

処分などしたいハズが無いのです・・・・・

 

だからこそ、

職場で懸命に里親を探して周りました。

f:id:Haruosan:20170701065409p:plain

そして・・・

みんなの協力もあり里親が見つかりました! 

 

同僚の顧客で、

小さな会社を経営しているご夫婦です。

f:id:Haruosan:20170701081951p:plain

奥様が子猫の写真と動画を見て

「かわいい!かわいい!」

とても気に入ってくださったのです。

 

ほんの数日間でしたが、

一緒に生活した子ネコともお別れです。

 

(でも良かった・・・本当に良かった)

 

ネコを処分しなけばいけないという

罪悪感から開放されたのです。

私は心底ホッとしました。

f:id:Haruosan:20170701082601p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし・・・・・・数日後、

子猫はまた私の元に戻ってきてしまいました。

f:id:Haruosan:20170701083450p:plain

ご夫婦が子猫を引き取った後・・・

子猫がけいれんして嘔吐したのです。

 

病院に連れて行くと・・・・・

 

検査の結果

子猫は「てんかん」という病気でした。

 

これは・・・定期的にけいれんを起こし、

嘔吐、失禁などをしてしまうそうなのです。

(ネットで動画等もあるので探して見てみて下さい。)

f:id:Haruosan:20170701091259p:plain

 電話でそれを聞いた時・・・・・・・

何かに裏切られたような気がしました。

f:id:Haruosan:20170701094933p:plain

何に?何に裏切られたのか?

神様のような?仏様のような?

 

私たちは善行をしたハズです。

 

私は死にかけの子猫を助けた。

周りの知人や同僚も引き取り手を探してくれた。

引き取って下さったご夫婦もそう。

 

偽善と言われるかもしれないが、偽善も善。

子猫を救うためにみんな動いてくれた。

 

その結果がコレ?

f:id:Haruosan:20170701091259p:plain

なぜ?だれが子猫をこんな病気にしたのか?

 

「良いことをしたら良いことがある」

そうじゃないのか?

 

タチバナさんだってそうだ、

まがりなりにも・・・・・

あれだけ殺処分になるハズの動物を救っているのに

誰かが彼女の善行に報いた事はあるのだろうか?

f:id:Haruosan:20170701100205p:plain

この世界はどこまでも無情なのです。

 

連絡を受けた後、

謝罪して、猫を引き取りに伺いました。

 

それはもちろん同僚の大事な顧客でありましたし、

そんな状態のネコを押し付ける気にもなりませんでした。

 

「申し訳ありませんでした、

 他に引き取って頂けるアテがありますので・・」

なんて事をご夫婦に言いました。

f:id:Haruosan:20170701101941p:plain

ご夫婦が罪悪感を抱かないように、

出来る限り配慮したのです。

 

ご夫婦に非はありません。

まだ小さなお子さんがいらっしゃったのです。

糞尿ゲロを撒き散らすネコを

家に置いておけるワケが無いのです。

f:id:Haruosan:20170701111606p:plain

この子の里親は・・・・もう見つけられない。

 

「この子はてんかんという病気で、

 時折けいれんを起こして糞尿やゲロを撒き散らしますが、

 よろしければ引き取って頂けませんか?」

 

そんな押し付けがましい事は言えない。

言ったとしても誰が引き取ってくれるのだろうか?

f:id:Haruosan:20170701110739p:plain

確かに私も含めてネコ好きは多い。

子猫であれば里親は探せば見つかるだろう。

 

しかし大抵のネコ好きの「好きなネコ」というのは

最低限度健康で、可愛くて、

問題のないネコの事になるでしょう。

f:id:Haruosan:20170701070619p:plain

私もエイズの猫アレルギーの猫

飼った事がありますが・・・まぁ大変でした。

ネコとの思い出は楽しい思い出ばかりでは無い。

f:id:Haruosan:20170701102446p:plain

病気の猫は手がかかる。

時間もかかる。

お金もかかる。

 

ただ・・・・言い訳をさせて貰えるのなら、

私も自分の生活だけで精一杯だったのです。

 

これが結末、救いは無い。

f:id:Haruosan:20170701103213p:plain

保健所へ行こう。

 

連れて行く前日、

子猫があまりにも不憫で、

彼女と二人でちょっと泣きました。

・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Haruosan:20170701111412p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところが次の日、ご夫婦から連絡がありました。

f:id:Haruosan:20170702055724p:plain

(まさか!)と思いましたが、

 

「やっぱり子猫を引き取りたい」

そう言うのです。

お子さんが「どうしても飼いたい!」

泣いて説得してきたのだとか。

f:id:Haruosan:20170702055908p:plain

お子さんも数日間、

ネコと過ごすうちにが沸いたのでしょう。

 

それに子供にネコが「てんかん」だから飼えない、

という損得勘定は通用しないのでしょう。

 

自分が薄汚れているように感じました。

f:id:Haruosan:20170702061259p:plain

あと、このご夫婦が会社を経営しており、

裕福だった事も飼える理由の一つだったと思います。

 

弱い存在を救うには大きな力が不可欠なのです。

私もこういう人になりたかった・・・・。

 

いま思うのは、

「もしご夫婦が引き取らなかったら

本当に子猫を保健所へ連れていけただろうか?」

という事です。

 

保健所へ連れていく前夜、

私の頭の片隅では、

ずっとタチバナさんが笑顔でピースしていました。

 

f:id:Haruosan:20170701103835p:plain

わたしは結局・・・・子猫を保健所には連れて行けず、

タチバナさんに責任を押し付けていたかもしれません。

 

f:id:Haruosan:20170702064101p:plain

こうやって・・・

タチバナさんの元に動物は集まるのでしょう。

 

タチバナさんは近所の人に

「お前は動物を飼っているのに無責任なヤツだ!」

とそんな風によく怒られるそうです。

f:id:Haruosan:20170702065452p:plain

まぁ確かにタチバナランドの動物はよく吠えるし、

悪臭もヒドイ。頭に来るのは当然でしょう。

 

だから・・

タチバナさんの全てを肯定する事は出来ません。

 

 

でもタチバナランドの「ソレ」は・・・・

他の人が「責任」を押し付け続けた結果なんじゃないか?

と私は思います。

f:id:Haruosan:20170702070755p:plain

でもタチバナさんは誰にも責任を押し付けなかった。

 

その心構えに関しては、私は敬意を払い続けたいと思います。

 

おしまい