拾いネコを保健所に連れて行った話 前編

※購読に表示されないミスがあったため、再度上げ直しました。

 

ある雨の日、死にかけの子猫を見つけた。

f:id:Haruosan:20170628230300p:plain

 

まぁ視界に入った以上は無視は出来ない、

とりあえず拾って家に連れ帰る事に・・・・・・

f:id:Haruosan:20170628230715p:plain

その頃は彼女と同棲中だった為、

次の日、彼女が会社を休んで、

ネコを保健所に連れていく事になりました。

 

「ただいま~」と夜遅くに私が家に帰ると、

なぜか・・・・まだ家にネコがいる。

f:id:Haruosan:20170628231052p:plain

なぜだ?

 

事情を聞くと、

彼女が保健所にネコを連れて行った所、

「ネコはすぐ処分されてしまうよ?」

なんて事を言われたそうなのです。

f:id:Haruosan:20170628231704p:plain

(それは可哀想だ・・・)

そう思った彼女は、

そのままネコを持ち帰ってしまったそうなのです。

 

うーん・・・・・・

それは・・・・責めるに責められない。

f:id:Haruosan:20170628231859p:plain

恥ずかしながら保健所というのは

「新しい飼い主を探してくれる場所」

みたいに誤解しておりました。

 

・・・いやいや・・・・・

しかし我が家は賃貸マンション

ネコを飼うことは出来ない。

 

「誰か飼ってくれる人いないかな?」と言う彼女。

 

なので私は黙って知恵を出すために頭を振ってみる。

f:id:Haruosan:20170628232727p:plain

うん・・・・・

(ネコの引き取り手のアテは・・ある。)

 

まぁ実は考えるまでもなく、パッと思い浮かぶ。

f:id:Haruosan:20170629033028p:plain

そう・・・・あるんだが・・・・・・

 

それをやるべきかどうか?それが問題なのです。

 

営業マンだった私のお客様の一人に

「タチバナさん」という女性がいらっしゃいました。

f:id:Haruosan:20170629020443p:plain

 

歳は30半ば頃。

小さな雑貨屋さんを経営しておりました。

 

ある日、二人で世間話をしていると、

タチバナさんが

「ネットを光回線にしたい」とおっしゃった。

 

ありがたい!

すぐに契約書を取り出して、

記入してもらいました。

f:id:Haruosan:20170629021259p:plain

しかし・・タチバナさんのペンが

途中でピタッと止まったのです。

f:id:Haruosan:20170629020937p:plain

(気が変わったのだろうか?)

 

そしてタチバナさんは恐る恐るコチラを向くと

「これって工事の人が家の近くに来るんですよね?」

妙な質問をしてくるのです。

f:id:Haruosan:20170629021747p:plain

 

「実は・・・うちには犬などのペットがもの凄い数いるんです」

とタチバナさんが話を付け加えます。

 

(ん?)

最初・・言っている意味がわかりませんでした。

 

話を聞くと、

実は・・・・タチバナさんは

捨て犬捨て猫引き取り手の無い動物を全て

自分の家に引き取っている奇特な方だったのです。

 

なので・・・・もし人が家に近づこうモノなら・・・・・

f:id:Haruosan:20170629022510p:plain

・・・とまぁ人が近づくと動物たちが吠え散らかしてしまい、

近所から凄まじいクレームが来るのだそうだ・・・

 

 

なるほど・・・・・それでは光回線の工事が出来ない。

 

そして・・・・その話を聞いてピンッと来ました。

f:id:Haruosan:20170629033306p:plain

(私はタチバナさんの自宅を知っている・・・・)

 

この近くに広い敷地を塀と木の板でぐるりと囲まれた、

失礼ながら「物凄い悪臭を放つ家」があるのです。

 

f:id:Haruosan:20170629023201p:plain

話を伺うと、やはりそこがタチバナさんのお家でした。

 

引き取り手のない動物を引き取るのは立派な事ですが・・・

あの悪臭からして、環境はあまりよくないのだろう・・・。

 

しかし・・・・・それでも私は、

タチバナさんを「凄い人」だと思いました。

f:id:Haruosan:20170629023751p:plain

やっている事が正しい、

正しくないという話は置いておいて、

 

出来ますでしょうか?

他の生き物の為に・・・そんな自己犠牲が?

 

ただ・・タチバナさんの人生の先に待っているのは、

どう考えても「破滅」だけのように思えました。

f:id:Haruosan:20170629025324p:plain

だってその「信念」を貫いたら、

無限に動物が増え続ける事になるんですよ?

 

本人も

「結婚も、旅行も、遊びも

 何もかも、諦めました」

そのように言っていましたが・・・・

 

それでも生き方は変えられないのでしょう。

 

その後、タチバナさんからはたびたび

「引き取り手の無いウサギが3匹いるんだけど・・」

というような、里親探しのメール

送られてくるようになりました。

f:id:Haruosan:20170629025703p:plain

モチロン私も協力して探します。

しかし・・・・里親はそう簡単には見つかりません。

 

そして後日「里親は見つかりましたか?」と連絡すると、

 

「見つからなかったので、自分で飼う事にしました!」

と恐ろしい事を・・・・サラッと言うのです。

f:id:Haruosan:20170629030030p:plain

これでタチバナさんは、

また破滅への道を1歩すすんでしまった・・・・。

 

そこでふと・・昔どこかで見た

サバンナの話を思い出すのです。

 

野生のライオンの子供が餓死しそうになっている。

しかしTVクルーは助けません。

f:id:Haruosan:20170629031646p:plain

なぜ?

 

それが野生の掟だから。

 

かわいそうですが・・・

人間がむやみに介入してはいけないのです・・・・。

f:id:Haruosan:20170629032118p:plain

・・・・・みたいな話でも、

 

タチバナさんがその場にいたら、

問答無用で助けちゃうんだと思います。

「サバンナの掟なんて関係ねぇ!」ってね。

f:id:Haruosan:20170629031943p:plain

たぶんね・・・・もちろんコレはダメなんですけど、

やっちゃうと思うんです。

 

タチバナさんは

善悪とか

常識とか

倫理観とか

損得とか

そういうモノを超越した所にいる気がするのです。

これが正しいって話じゃないんですけどね?

f:id:Haruosan:20170629020443p:plain

ん・・・いや・・どうかなぁ・・・

それは褒め過ぎかもしれませんね。ハハハ・・・。

 

・・・・・・・話を戻します。

 

死にかけのネコを拾ってから数日間、

懸命に里親を探しましたが、一向に見つかりませんでした。

f:id:Haruosan:20170629032454p:plain

忙しい私に変わって、

彼女が時間を作ってネコの世話をしてくれております。

 

ネコも元気そうです。

しかし、いつまでもこのマンションには置いておけません。

 

(どうする・・・?)

 

頭の片隅にタチバナさんの笑顔がチラつきます。

f:id:Haruosan:20170629033918p:plain

タチバナさんだったら・・・・

きっと笑顔で子猫を引き取ってくれるだろう。

 

しかし・・・それは

タチバナさんをまた一步破滅へ追いやる事になる・・・

そして・・・そこで飼われている動物たちも・・・

 

これはもう保健所へ連れていくしか無いのだろうか?

 

 

後編につづく

 

 

f:id:Haruosan:20170629035015p:plain

あああああああああああああああああああああムリ

 

🔻後編だよ

www.keikubi.com