警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

沖縄移住で見かけた恋愛トラブル

 

無職の私が沖縄への移住を決め、

沖縄を放浪する事・・・約一月あまり・・・・

 

やっと物件を見つける事が出来ました~

f:id:Haruosan:20170601225129p:plain

イエイイエイパフパフ

 

しかし・・・

先日沖縄移住の事をブログに書いた所・・・・・

「沖縄の事を知らないのに沖縄に来るな!」

というような厳しいご指摘を頂いたので・・・・・

 

これはなんとかしなければ・・・と

f:id:Haruosan:20170603053848p:plain

沖縄で知り合った、

沖縄生まれ沖縄育ちの生粋の沖縄県民の方に

沖縄の話を伺う事にいたしました。

 

20歳前後の若い方だったのですが、

割りとすぐに仲良くなり、

そのまま車で沖縄を案内して下さいました。

f:id:Haruosan:20170603050742p:plain

そんな放浪の旅の途中、

オシャレなレストランを発見!

 

そこで沖縄の雑誌を広げて

沖縄の風習の話等を聞いていると・・・・・

f:id:Haruosan:20170603050851p:plain

カランカランとドアの開く音と共に、

店にラフな格好をした中年男性が入ってきました。

首には大きなカメラをブラ下げている。

f:id:Haruosan:20170603034955p:plain

大きな声でガハハッと笑いながら

何やら店員さんと話しているが、

どうやら県外から来た記者の人らしい。

 

さすが沖縄、そういう取材も多いのだろう。

 

その中年男性の記者は

若い可愛らしい女性の店員さんを呼ぶと、

引き止めて長々と世間話を始めた。

 

店員さんが仕事に戻ろうとしても、

それを「まぁいいじゃないか!」と引き止める。

 

話の内容はどう見ても聞いても

取材ではなくただのナンパだ。

f:id:Haruosan:20170603035224p:plain

確かに沖縄の女性は魅力的な方が多いとは思う。

 

そして都会から沖縄へ渡り、

「純朴で美しい女性と恋に落ちる」

そんな幻想を抱いてしまう気持ちはわかる・・・が、

これはいただけない。

 

すぐ側で、そんな強引なナンパをされると

関係の無い私達の会話まで気まずくなってしまう。

f:id:Haruosan:20170603035604p:plain

実に話しづらい。

 

横目で見ると、

あろうことか中年男性は

女性店員のカラダに手を触れていた。

 

f:id:Haruosan:20170603040025p:plain

ここはそういう店では無い。

 

客だとか取材だからといって何をしても良いワケでは無い。

若い女性店員も立場上強くも言えないのだろう。

 

そこで

睨みつけたワケではありませんが、

「もうその辺にしましょう」という目線をチラッと送る。

f:id:Haruosan:20170603040221p:plain

その目線に気づいた中年男性は、

帰るわけでも、

ナンパをやめるワケでもなく、

「奥で話そうよ!」と女性店員を引き連れて

店の奥の席に移動したのです。

f:id:Haruosan:20170603040416p:plain

ああ・・かわいそうに・・・・。

 

店の奥からは

中年男性と女性店員の話し声が聞こえてきます。

 

仕方がないので、

私は沖縄の方と沖縄の風習についての話を再開しました。

 

30分ほどすると、中年男性がレジで会計を始めた。

そして女性店員に笑顔を振りまきながら店を後にする。

f:id:Haruosan:20170603040809p:plain

(おっやっと帰るのか)

そう思ってホッとすると、

 

数分後、なぜか中年男性が店に戻ってきて

「写真とらせてよぉ~」

と女性店員の返事も待たずに写真をパシャパシャと撮り始めた。

f:id:Haruosan:20170603040945p:plain

「さぁもっと笑って!もっと!」

と恥ずかしげもなく言う中年男性を思わず凝視してしまう。

f:id:Haruosan:20170603041141p:plain

そしてパシャパシャと写真を撮り終わると。

中年男性は満面の笑みで改めて店を後にした。

f:id:Haruosan:20170603041254p:plain

(・・・?)

 

しかし数分後・・・・また中年男性が戻ってきた。

今度は何か「お土産?」を女性店員に手渡している。

f:id:Haruosan:20170603041425p:plain

そして長々と談笑すると、

中年男性はまた店を後にした。

 

・・・・・そしてもちろんこの数分後、

男性はまた店に戻ってきた。

f:id:Haruosan:20170603041619p:plain

「あれ~おかしいなぁ~」

大きな独り言をつぶやきながら・・・・

 

そして先程まで座っていた席のあたりを

キョロキョロと見渡している。

 

今度は、

「忘れ物が無いか確認しに来た」という設定なのだろう。

f:id:Haruosan:20170603041800p:plain

そこにはモチロン荷物どころか塵一つ落ちてはいない。

中年男性は何かを探すフリをしながら、

女性店員の方をチラチラと見ている。

 

「何かお探しですか?」

女性店員が声をかけてくれる事を期待しているのだろう。

 

しかし・・・・

女性店員は中年男性が店に戻って来た瞬間、

カウンターの奥へと消えていってしまった。

f:id:Haruosan:20170603041954p:plain

男性がいくら

「あれ~あれ~?」と声をあげても、

女性店員は出てこない。

f:id:Haruosan:20170603042122p:plain

 

寂しそうにカウンターを見つめる中年男性・・・・

f:id:Haruosan:20170603042348p:plain

一人の中年男性のが、

今ここに幕を閉じたのです。

 

その後・・何かを悟ったかのように彼は店を後にしました。

 

中年男性が店を去ると、

女性店員達が無言で顔を見合わせたのを見て、

彼女たちの気持ちを察しました。

f:id:Haruosan:20170603042610p:plain

お気の毒に。

申し訳ない気持ちになってくる。

 

しかし我々に出来るのは、

出来る限りこの店の売上に貢献する事だけである。

ささやかながら、追加でケーキと紅茶を注文する。

f:id:Haruosan:20170603042914p:plain

汚いモノを見ると

「メシがまずくなる」という表現がありますが、

私の場合は、この時食べたケーキの味が思い出せません。

f:id:Haruosan:20170603043029p:plain

せっかくの素敵な店の雰囲気

私達の楽しい談笑ブチ壊しです。

 

しかしこういう時、

私が死体跡の清掃の仕事をしていた時に、

上司に言われた言葉を思い出して自分に言い聞かせるのです。

 

「反面教師も必要だぞ?」と

 

これは、あまりにミスばかりする中年社員に対して

イライラしている私に気づいたマネージャーが、

私をそっと諭すために言ってくれた言葉です。

f:id:Haruosan:20170603043245p:plain

そうです、

あのクソジジイも良き反面教師、

エロナンパ先生なのです。

f:id:Haruosan:20170603043527p:plain

我々は彼から多くの事を学ばなくてはいけない。

 

しかしそうは言っても、

 

もしここが沖縄県民の言う所の「内地」だったら、

エロナンパ先生は「釜茹での刑」に処されていた事だろう。

f:id:Haruosan:20170603043925p:plain

内地の「掟」は厳しいのだ。

 

だがここは平和を愛する沖縄、

そんな野蛮な事はしない。

 

私はただ・・・・

あの中年男性はまた別の店でナンパをするのではないか?

そこでまた周囲の人を不快にしないだろうか?

f:id:Haruosan:20170603034955p:plain

それだけが心配だ。

コレ以上の罪を重ねないで欲しい。

 

沖縄を一ヶ月放浪する中で、

旅行者が浮かれて騒ぎ立てる様子をよく目にしました。

しつこいナンパもあるようです。

 

 彼等は良い反面教師。

 

その様子を見て学び、

我々旅行者は襟を正さなければいけませんね・・・・。

f:id:Haruosan:20170603045711p:plain