警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

他人の結婚式をブチ壊した話

 

 その日、私は「ある事」が心配で

全く眠れずにいました。

f:id:Haruosan:20170514230039p:plain

心配事のはじまりは、

つい先日のこと、

 

会社の床で事務処理をしていると、

「ちょっといいッスか!」

っと背後から新人のオク君に声をかけられた事です。

 

f:id:Haruosan:20170514221846p:plain

※この会社には机が1つしか無いので、

 事務処理も床か階段でする事になります。

 

ちなみにオク君は

以前は個人経営の飲食店に務めていた若者です。

f:id:Haruosan:20170514222659p:plain

しかし、そこの主人が変わった人で

「オレの事をお父ちゃんと呼べ」などなど

「強烈なファミリー感」を強要する人だったそうです。

f:id:Haruosan:20170514222411p:plain

 

オク君は、

それを「気持ち悪ッ」と感じて辞めたのだとか・・。

 

休日には家族旅行に連れて行かれたり、

そこでお互いの背中を流し合ったり、

f:id:Haruosan:20170514223048p:plain

店主夫婦に本当の家族のように扱われてたようです。

 

とても大事にされていたようですが・・・・・

これは・・・・色々と好みが分かれそうな職場ですね。

 

まぁ関係無い話はここまでにしておきましょう。

 

・・・・・・で

 

話しかけてきたオク君は私に

「いや・・・・この前のネタ超面白かったッス!」

と言ってきました。

f:id:Haruosan:20170514223305p:plain

オク君の言う「面白かったこの前のネタ」というのは、

私が数週間前の新人歓迎会で披露した「コント」の事です。

 

f:id:Haruosan:20170514223550p:plain

社長が

「新人歓迎会で新人と先輩がペアになってコントをしよう!」

と言い出したので、

 

私は新人の女の子とペアになり、

二人でコントのネタを考え始めました。

f:id:Haruosan:20170515002626p:plain

芸術関連の学校を卒業した新人の女の子

創作意欲がそそられたのか?

ものすごくネタ作りをやる気になってくれて、

6個のショートコントを必死に考えてくれました。

f:id:Haruosan:20170514223835p:plain

 

このネタは最高に面白かった

コントを見た会社のみんなも大爆笑しておりました。

f:id:Haruosan:20170514224212p:plain

そしてオク君は、チョット申し訳なさそうに

「あのネタをツレの結婚式でやりたいんスけど・・いいすか?」

と聞いてきたのです。

 

f:id:Haruosan:20170514224719p:plain

 なるほど!

特に断る理由はありません。

が・・ただ・・・このコントの大部分を考えたのは

相方の新人の子の方だったので、著作権?は彼女にある。

 

しかし、新人の彼女はもう・・・

すでに会社を辞めてしまっている。

連絡先もわからないので聞く事が出来ません。

f:id:Haruosan:20170514225019p:plain

彼女のためのコント新人歓迎会)でもあったのですが・・・・

仕事が過酷な飛び込み営業

月5万程度の給料しかもらえない超ブラック企業ですから、

すぐ辞めてしまうのも仕方がありません・・・・。

 

そんなこんなで、私がオク君に

「結婚式でやっていいよ!」と快諾すると

f:id:Haruosan:20170514225751p:plain

彼は「あざーす!」

と嬉しそうに去っていきました。

f:id:Haruosan:20170514225841p:plain

あのコントは会社の新人歓迎会でも

ドッカンドッカン誰もが大爆笑した傑作コントだ。

(きっと結婚式も盛り上がる事だろう・・・)

f:id:Haruosan:20170514230408p:plain

そう思っていました・・・・・

 

そして結婚式当日の夜、

私は寝る前に結婚式の事を思い出して、

タク君がコントをする様子を想像しました。

 

f:id:Haruosan:20170514231833p:plain

まず、ショートコント1

「先生と不良生徒のコント」

ここでシンプルで勢いのあるネタで、

結婚式会場のみんなの心を掴み・・・

f:id:Haruosan:20170514230719p:plain

ショートコント2

「不良同士の頭の悪いケンカのコント」

ここでジックリ会場を温めて・・

f:id:Haruosan:20170514230555p:plain

ショートコント3

「いじめられっ子と不良のコント」

ここで結婚式会場はドッカンドッカン大爆笑・・・・・

f:id:Haruosan:20170514230835p:plain

(あっ・・・・)

 

そこでやっと、

私はとんでもない事に気がついたのです。

 

このショートコントの3番目、

もはやメインとも言って良いコントの

重要な「落ち」の部分

「お前の父さんとヤッた」

というクソ汚いシモネタだったのです。

f:id:Haruosan:20170515001513p:plain

結婚式場には・・・・

新郎新婦のご両親がいる。

 

f:id:Haruosan:20170514231514p:plain

そして親族一同が集まっています。

 

f:id:Haruosan:20170514231713p:plain

(いや・・・しかし・・・まさか・・・・)

 

一方結婚式場では・・・・・

 

私の心配を他所に、

オク君は男友達とコンビを組み、

「お前の母さんとヤッた」

クソ汚いシモネタを結婚式場で連発していた。

(男同士のコントなので「母さん」に変更したそうです。)

f:id:Haruosan:20170515001217p:plain

「お前の母さんとヤッた」と言った瞬間、

案の定、結婚式会場はシーンッと静まり返ったそうです。

f:id:Haruosan:20170515002019p:plain

たとえこのネタが面白かったとしても、

笑えるわけがないのです・・・・・。

 

そこでやっと彼も、 

(あっ・・・これはマズイぞ)と気づいたそうです。

f:id:Haruosan:20170515002143p:plain

 (ここでコントをやめるべきだろうか?)

彼も迷ったそうです。

 

考えてみると・・・続くショートコント4、5にも

ちゃんとシモネタが含まれているからです。

 

その時、

会場に大きな笑い声が響き渡りました。

新郎の笑い声だ。

f:id:Haruosan:20170515002347p:plain

静まり返る会場の中で、

唯一新郎だけが

このド汚いシモネタ

大爆笑していたそうなのです。

 

新郎の笑い声を聞き、

オク君は最後までコントをやり切る決意をしたそうです。

f:id:Haruosan:20170515003722p:plain

しかし最後まで笑い続けるのは新郎のみ。

 

会社で後日、オク君からその話を聞いた時に

「あいつの為のコントなんッスから、

 あいつが喜んでくれたらそれでいいんスよ!」

とかなんとかイイ感じの事を言っていたのですが・・・・

f:id:Haruosan:20170515003903p:plain

・・・・後日、

オク君の元に友人の新郎から

「オマエとんでもない事してくれたな!」

とクレームが入り、

口論の末、絶縁宣言されてしまったそうなのです。

f:id:Haruosan:20170515004017p:plain

なぜだ?式場では大爆笑していたのに・・・・・?

 

実は新郎は面白がっていても、

新婦さんの方は

「結婚式を台無しにされた!!!」

と激怒(号泣)してしまったそうなのです。

f:id:Haruosan:20170515004240p:plain

あわや離婚寸前という所で、

「オクの野郎許せん!」

友人の新郎はオク君を悪者にして、

オク君と縁を切り、

奥様との関係修復を図ること事にしたワケですね。

 

しかし奥様には

本当に申し訳ない事をしてしまいました・・・・。

 

自業自得とは言え、

友人に絶縁され、会社で凹むオク君。

f:id:Haruosan:20170515004518p:plain

契約件数も激減、

帰りの車内でいつもバリバリ食べていたスナックも

食べなくなってしまいました。

f:id:Haruosan:20170515004724p:plain

彼をどうやって慰めるべきだろうか・・・・?

f:id:Haruosan:20170515004853p:plain

 

私なりにオク君を励ます方法を

一生懸命に考えた結果、

 

彼にこう提案する事にしました。

「それをネタにしてコントをやろう!」

f:id:Haruosan:20170515005354p:plain

「マジっすか・・・・?」

さすがに困惑するオク君。

 

(ちょっと不謹慎だっただろうか?)

そう心配しましたが・・・・

f:id:Haruosan:20170515010123p:plain

しかし彼が心配していたのは

「これ面白いですか?ウケますかね?」

という事だけでした。

 

私たちは共通して「バカ」なんだと思います。

 そしてお笑いが好き。

 

次のイベントの時に、

みんなの前で披露した

「友人の結婚式でシモネタを連発するコント」は

なかなか好評でした。

f:id:Haruosan:20170515010728p:plain

みんなが笑ってくれると、

オク君も嬉しそうでした。

 

これで元気と自信を取り戻した彼は、

「やっぱ飛び込み営業とかムリっスわ!」

と言って、意気揚々と会社を去っていきました。

f:id:Haruosan:20170515011230p:plain

で、その後は・・・ホストクラブで働き始めたらしい。

今でもまだ働いているのだろうか・・・・?

 

私もこれまで多くの人と「出会い」

そして「別れ」を繰り返してきたように思います。

f:id:Haruosan:20170514225019p:plain

それはもう数え切れない程に・・・・

 

どうあがいても

人との別れは避けられない・・・・

f:id:Haruosan:20170515011454p:plain

それでもこうして思い出(ネタ)だけは残る。

・・・・・いつまでも。

f:id:Haruosan:20170515011604p:plain

おしまい

f:id:Haruosan:20170515014609p:plain