警察官クビになってからブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

【無職日記】孤独に耐えかねて「すたみな太郎」へ行く

 

無職一人で部屋にいると、

あまりの孤独感から

(ああ、もうダメだ死ぬしか無い!)

みたいな事を考え出すので、

どこか孤独とかけ離れた場所に緊急避難する事にしました。

f:id:Haruosan:20170427063008p:plain

 

そして考えた末に、

辿り着いた場所は「すたみな太郎」でした。

 

※すたみな太郎とは

焼肉とか寿司とかプリンとか焼きそばとかカレーとかを

バイキング形式で食べ放題する全国チェーンの店です。

f:id:Haruosan:20170427075832p:plain

お昼なら1200円位で、

なんで食べれるオイシイ一時を過ごせるのです。

人も沢山居る。

f:id:Haruosan:20170427064342p:plain

学生時代から何かにつけて何度も足を運んだものです。

 

「すたみな太郎には沢山の思い出がある。」

そんな人も多いのではないでしょうか?

 

誕生日に「すたみな太郎」

クリスマスに「すたみな太郎」

誰かの送別会に「すたみな太郎」

行事の打ち上げに「すたみな太郎」

 

安くて豊富な種類の食べ物があるすたみな太郎

子供たちが行くには丁度よいお店だったのです。

 

そういえば、

中学時代の部活動の3年間最後のお別れ会

「すたみな太郎」でした。

f:id:Haruosan:20170427064542p:plain

みんなで綿菓子を作ったり、

f:id:Haruosan:20170427073712p:plain

 

ゼリーを沢山持ってきて、

みんなでゼリーの早食い競争なんかをした記憶があります。

f:id:Haruosan:20170427065115p:plain

すたみな太郎には楽しい思い出が沢山あるのです。

 

その中学時代の部活動の部長だったタッキーから

「結婚式に来てくれないか?」

と連絡があったのは、それから10年ほど後の事でした。

f:id:Haruosan:20170427065412p:plain

10年間全く交流がなかったのですが、

私は何だか懐かしくなって、結婚式に行く事にしました。

 

結婚式といっても呼ばれたのは「2次会」です。

ジャケットを着て、

指定された2次会場のレストランに行くと

すでに他の同級生が来ていました。

f:id:Haruosan:20170427065817p:plain

10年ぶりだ・・・・ちょっと気まずい。

 

といっても私以外には一人だけ。

たった5人だけの弱小クラブでしたから、

まぁそんなものです。

 

席についてしばらくすると、

元部長のタッキーが壇上に立って、

マイクを持ってみんなに挨拶を始めました。

f:id:Haruosan:20170427070423p:plain

色黒の肌、筋肉質で大柄なカラダ、

(タッキーは変わらないなぁ・・・・)

そんなような事を同級生と話しました。

f:id:Haruosan:20170427071150p:plain

しかしタッキーの話はおかしかった。

よく見ると様子もおかしかった。

 

マイクを持ったタッキーは突然、涙を流しながら

「僕にはこれまで友達と呼べる人間が

 一人もいなかった!」

などと言い出したのです。

 

f:id:Haruosan:20170427071652p:plain

要は、

「自分の人生は友達もおらず孤独だったが、

 彼女と出会って結婚出来てやっと幸せになれた!」

と言う話しでした。

 

親戚の方?に奥へと連れて行かれるタッキー

f:id:Haruosan:20170427072213p:plain

酒のせいなのか?

タッキーは号泣しながら泣き叫んでいた。

 

ここで一つ素朴な疑問が生まれました。

(私達は友達ではなかったのか?)

f:id:Haruosan:20170427071801p:plain

友達だから結婚式に呼ばれたのでは無いのか?

 

私と同級生はジッと黙って、

目の前の料理を見つめていました。

 

確かに考えてみると、

私達の部活メンバーは会話も無く、とにかく暗かった。

絶望的に面白くないメンバーが5人集まったのです。

f:id:Haruosan:20170427072528p:plain

3年間、会話らしい会話は殆どありませんでした。

 

(何も思い出せない・・・・・。)

 

確かに・・・・これを友達と呼べるのだろうか?

友達とは何なのか?

 

タッキーはその結婚式の後すぐ

「うつ病で会社を辞めた」と風のウワサで聞きました。

 

その後は家で塞ぎ込んでいるらしいが、

奥さんとはどうなったのだろうか・・・?

f:id:Haruosan:20170427074109p:plain

 

いま私は思うのです。

 

タッキーが「僕には友達がいなかった!」と言った時に、

f:id:Haruosan:20170427071652p:plain

 

「違う!!!!」

 「私と君は確かに友達だった!!」

f:id:Haruosan:20170427073443p:plain

私がそう言っていれば

「何かが」変わったのだろうか?と

 

しかし・・・私が思い出せる、

私とタッキーとの思い出

3年間の最後、

お別れ会で行った「すたみな太郎」だけなのです。

f:id:Haruosan:20170427064542p:plain

それでも少なくとも・・・・

あの「すたみな太郎」にいた、

あの時だけは・・・

私たちは確かに友達だったハズだ。

そう言っても良いハズ・・・・・。

f:id:Haruosan:20170427075619p:plain

3年間の最後に行った「すたみな太郎」という特別な空間が、

最後の最後に、

私達の距離を少しだけ縮めてくれたのです・・。

f:id:Haruosan:20170427081539p:plain

オシマイ