読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

なぜ『デブ』は嫌われるのか?

 

ってきてしまった・・・・・。

f:id:Haruosan:20170422052205p:plain

腹部に脂肪が付き「確かな弾力」がある。

プヨンプヨだ。

 

それもこれも、

私が頸椎ヘシ曲げて、

2年近く寝たきりだったせいだろう。(たぶん)

f:id:Haruosan:20170422052744p:plain

運動不足と不摂生。

 

そういえば昔、会社の飲み会で

女性の同僚からこんな事を言われました。

 

「デブは無理」

f:id:Haruosan:20170422053315p:plain

 

実際、そんな風に思う女性は多いのでしょうか?

 

酒が入った彼女は

「デブは不潔で汚い!」

そんなようなデブ批判を次々と言い出したのです。

 

「デブは人より面積をとるから、みんなの迷惑!」

「デブは沢山汗をかくから臭い」

「デブは性格の悪いヤツが多い」

 

・・・・・もちろん酒の席の事ですから、

こういう痛烈な批判も笑い話になります。

f:id:Haruosan:20170422054322p:plain

いや、笑い話にしなければいけないのです。

 

しかし当時、わたしが所属していた営業部のメンバーは、

私も含めて、ポッチャリしている男性が多かった。

f:id:Haruosan:20170422053908p:plain

だから・・・内心とても笑えない・・・。

 

「自分達がデブ」だから

いくら酒が入っていても、

そんな「デブ批判」を聞いて心からは笑えないのです。

 

犬や猫は太っていてもカワイイのに・・・・

なぜ人が太るとソレ程までに非難されてしまうのでしょうか?

f:id:Haruosan:20170422061932p:plain

営業部のメンバーが太った理由

それは毎日毎日、

残業続きで、夜の10時か11時頃まで仕事が続き・・・・

f:id:Haruosan:20170422055445p:plain

 

やっと仕事が終わると、

「メシ食いにいこうぜー」

みんなで居酒屋やスナックに出かけるからなのです。

f:id:Haruosan:20170422055907p:plain

毎晩遅くにを飲み、高カロリーの食事をとり、

さらに帰りがけに〆のラーメンを食べて帰る。

f:id:Haruosan:20170422060119p:plain

そんな暴飲暴食の生活を続けていたので、

営業部のメンバーはみるみるうちに膨らんでいったのです。

f:id:Haruosan:20170422060611p:plain

中には、体重が100キロを超えるメンバーもおりました。

 

デブなのは自分が一番よくわかっている!

 

みんな内心は気にしているのです。

f:id:Haruosan:20170422063439p:plain

だから、女性の同僚が「デブは無理!」

そんな批判を続けたせいで、

場の空気がドンドン悪くなってしまいました。

f:id:Haruosan:20170422053315p:plain

みんなのイライラが伝わってくる

 

しかし!

 

そんな悪い空気を打ち消すように

「いや、でも私は太ってる人好きだよ!」

そんな事を言う女神が現れました。

f:id:Haruosan:20170422062622p:plain

 

「おおっ!!!」と興奮する男性陣。

 

この「デブ好き発言」をした女の子は、

男性従業員から人気のある「カワイイ子」だったので、

彼女がそう言うだけで、男性陣は満足なようでした。

f:id:Haruosan:20170422064858p:plain

「カワイイ」は全てを覆す。

 

そんな様子を見て「デブ嫌いの同僚」は怒り狂います。

 

「デブはただの甘えじゃん!

 痩せろよデブども!」

f:id:Haruosan:20170422070538p:plain

 

しかし今度は男性陣から反撃がありました。

「じゃあお前はブス治せよ!」

f:id:Haruosan:20170422070417p:plain

 

一瞬、場が静まり返りました。

しかし他の先輩社員が、すぐ間に割って入ります。

 

「いや・・それはヒドイだろ・・」

 

f:id:Haruosan:20170422070932p:plain

「だって・・ブスは治せないだろ?」

 

思いがけない、さらなる追い打ちに

みんな「あっははは」と大爆笑。

f:id:Haruosan:20170422074218p:plain

どうやら彼女の言った

「デブは性格が悪い」

という理論はこれで証明されてしまったようです。

 

場の空気がドンドン淀んでいく・・・・。

 

その後のトコトン険悪になった空気を

「渾身のボケ」で和ませるのは下々の役目です。

 

 

空気が悪くなると、

先輩がいつも通り

「まぁ飲めよ!」と私に声をかけてきます。

f:id:Haruosan:20170422071752p:plain

 

私のコップに注がれるのは「ドレッシング」です。

f:id:Haruosan:20170422071916p:plain

私は「ありがとうございます!!!!」

そう言って全力で飲み干します。

f:id:Haruosan:20170422072046p:plain

キタネーとみんな笑ってくれます。

下級戦士のツライ所です。

 

えんもたけなわ。

 

その帰りがけに先輩や同僚数名と

また「デブ」の話になりました。

 

「でもデブ好きな子もいるのがわかって、安心しました!」

私がそんなような事を言うと、

f:id:Haruosan:20170422073424p:plain

「バーカ、あれは違うんだよ!」と先輩達。

 

「あれは俺達が女の子の前では貧乳も好き!

 って言うのと同じなんだよ」

f:id:Haruosan:20170422073621p:plain

(えっ???)

f:id:Haruosan:20170422073802p:plain

(人間って難しい・・・・)

 

私は・・・・ダイエットのため

すぐにスポーツジムに入会しました。

 

そして全くジムに通わず、

なんちゃらキャンペーンの違約金6万円を支払い、

数ヶ月でジムを退会する事になりました。

 

もちろんデブのまま。

f:id:Haruosan:20170422075343p:plain

しかし今思えば、

ジムに入会する必要は全くありませんでした。

 

なぜなら・・・その後、

彼女から婚約破棄を言い渡され、

憔悴して食事もとれなくなり、

ガリガリに痩せ細ってしまったからです。

f:id:Haruosan:20170422075109p:plain

死ぬかと思いました。

 

婚約破棄ダイエット大成功☆

 

 

くそおしまい

f:id:Haruosan:20170422075852p:plain