警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

彼女に大事なコレクションを捨てられた話

 

🔻一応この記事の続きになります。

www.keikubi.com

 

私と彼女は数カ月の交際を経て、

結婚を前提に同棲をする事になったのですが・・・・。

 

同棲初日に一つの『箱』を巡って

さっそく口論になってしまったのです。

f:id:Haruosan:20170414002316p:plain

その箱は、

元々は高そうな「おせんべい」が入っていた箱だったと思います。

しかし、いま入っているのは主に『鉄クズ』です。

f:id:Haruosan:20170414003016p:plain

ジャラジャラゴチャゴチャ

 

これは私が幼稚園の頃から拾い集めた・・・

『ガラクタのコレクション』なのです。

f:id:Haruosan:20170414003237p:plain

なんと言いますか・・・そう宝物でした。

 

私達が口論になっていたのは、

この缶の中に入っている『ガラクタ』

捨てるか?捨てないか?

という事で揉めていたからです。

f:id:Haruosan:20170414003515p:plain

どうしても捨てたい彼女。

どうしても捨てたくない私。

 

話は完全に平行線でした。

 

すると彼女は私に

「なんでこんなモノを集めているの?」

と尋ねてきました。

 

(えっ・・・?集めてる理由?)

理由を聞かれてドキッとしました。

f:id:Haruosan:20170414004056p:plain

いや、モチロン集め始めた理由は覚えています。

 

そう・・・私は幼稚園の頃、

この鉄くずを拾い集めて

ロボットを作ろうとしていたのです。

f:id:Haruosan:20170414003932p:plain

 

しかしそんな理由を言ったら

彼女に「こいつは頭のオカシイ奴だ」と思われるのは明らかでした。

f:id:Haruosan:20170414010108p:plain

なぜなら私は、幼稚園を卒業してからも

小学生になっても中学生になっても

高校生になっても社会人になってもずっと・・・・

 

20年以上この『ガラクタ』を拾い集めていたからです。

f:id:Haruosan:20170414005835p:plain

これはオカシイと思われても仕方ない・・・。

 

ちなみに、このガラクタには収集スポットがありました。

地元の大きなカーブがある道に行くと、

沢山の金属のガラクタが落ちているのです。

f:id:Haruosan:20170414010410p:plain

金属が沢山落ちている理由は?

 

この道は金属を沢山積んだトラックが

定期的に猛スピードで走ってきて、

このカーブに差し掛かると、

ブレーキを踏んで、

積んでいる金属をポロポロと落としていくのです。

f:id:Haruosan:20170414010636p:plain

たまにこの場所に来て、

落ちている金属を拾うのが私の日課でした。

f:id:Haruosan:20170414010932p:plain

もちろん全部は拾いません、

お気に入りの金属だけです。

 

私が「ガラクタを拾っていた理由」を話せず、

ジッと押し黙っていると・・・

f:id:Haruosan:20170414013458p:plain

なんと彼女が

「もしかして・・ロボット作ろうとしてた?」

と一発で理由を言い当てたのにはビックリしました。

f:id:Haruosan:20170414013451p:plain

彼女は完全に私の性格を理解していました。

 

まぁ・・よく考えてみると彼女は

「名前が書ければ入れる高校卒」の私と違って、

国立の賢い大学を卒業していましたから、

やっぱり頭の出来が違ったのかもしれません・・・。

f:id:Haruosan:20170414024157p:plain

そして賢い彼女は、私を説得する為にこう話を切り出しました。

「でも・・・ロボット作れないでしょ?」

f:id:Haruosan:20170414004056p:plain

(そうだ・・・ロボットは作れない・・)

f:id:Haruosan:20170414003932p:plain

私も20半ばを過ぎた社会人ですから、

もちろん自分にロボットが作れない事は理解できました。

 

しかし・・・こう改めて言われると、

この年齢までロボットを作るために鉄クズを集めていた自分

「頭のオカシイ奴」に思えてショックでした。

f:id:Haruosan:20170414030149p:plain

彼女と付き合い始めてから数ヶ月の間に・・・

こう・・自分がいかに「オカシイ人間か」

という事を思い知らされ続けてきました・・・。

 

小さい話ですが・・・

例えば私は「お箸の持ち方」すら知りませんでした。

彼女と付き合うまで・・それがオカシイとも思いませんでした。

f:id:Haruosan:20170414031317p:plain

フォークとスプーンがあれば食事は出来ますからね。

 

和食等を食べに行くと、

彼女はキレイにお箸を使って、サカナの骨をとるのです。

それは・・・まるで違う国の人間のように見えました。

f:id:Haruosan:20170414031519p:plain

そもそも彼女の家は、

貧乏な私の家とは違い、

大変なお金持ち「大きなお城のような大豪邸」に住んでいました。

f:id:Haruosan:20170414032700p:plain

ちなみにお金持ちなのは、

お母様が不動産関係の会社を経営しているからだそうです。

 

彼女が言うには、小さい頃からピアノやら英語やら茶道やら、

色んなお稽古をして厳しく躾られていたのだとか・・・・。

 

私とはまるで別世界の住人・・・

ビックリしました。

そして意外でした。

 

彼女は男癖が悪く、何度も浮気を繰り返していましたし、

突然知らない男の子供を妊娠してきた事もありました・・・・

f:id:Haruosan:20170414032920p:plain

それに私と付き合うような女性ですから・・・・

きっと・・・私と同じように低学歴で・・・

私と同じように貧しい家庭の生まれだと

勝手に思っていたからです。

f:id:Haruosan:20170414034622p:plain

ところが・・・貯金だけを見ても、

彼女は新社会人にもかかわらず、

数千万円の貯金を持っていたのです・・・・・。

 

長く付き合う程、

私は彼女とのあまりの差に、

強い劣等感に襲われました。

f:id:Haruosan:20170414033409p:plain

学歴、教養、家柄、貯金、

どれもあまりにも差がありすぎる・・・。

 

もちろん彼女のお母様とお父様は

そんな「差のある」私達の交際に断固として反対してきました。

f:id:Haruosan:20170414034751p:plain

「いまどき高卒なんてありえない!」なんて事も言われました。

 

ああ・・・あと一番の大誤算がありました、

彼女のお父様が警察官だったという事です。

f:id:Haruosan:20170414034955p:plain

いや・・・・これは・・・何とも言えませんね。

 

お父様の家系は兄弟もお爺さんも、みーんな警察官。

警察官一家だったのです。

 

お父様はむしろ、

最初は私達の交際に寛容だったのです。

 

しかし・・・私が経歴を聞かれてた時に、

正直に半年で警察官をクビになった話をした所・・・

 

「警察学校を辞めさせられるヤツなんて

 ろくなヤツじゃない!!!」

と逆に猛反対するようになってしまったのです。

f:id:Haruosan:20170414035508p:plain

いや・・まぁそれは確かに・・・仕方がありませんね笑

 

そんなご両親を何とか何とか、

説得してはじめたのがこの同棲なワケです。

f:id:Haruosan:20170414035308p:plain

説得できた・・というより

「もう好きにしろ!!!!」

と吐き捨てられたダケなのですが・・・笑

 

そう・・・そういう経緯があったので、

彼女が「ガラクタを捨てて欲しい」と言ってきた時、

そもそも劣等感負い目を感じていた私が、

断れるハズがなかったのです。ムダな抵抗でした。

f:id:Haruosan:20170414002316p:plain

結局、捨てる事になった決め手は彼女が言った

「結婚するんだよ?もう大人になろう?」

という言葉でした。

 

そうだ・・・・これから彼女と結婚して子供が出来て、

これから一人の大人の男として、

しっかりしなければいけないのです。

f:id:Haruosan:20170414040717p:plain

それに何となく、

この『ガラクタの詰まった箱』を捨てれば、

自分が少し大人になって、

彼女との差も少しは縮まるような気がしたのです・・・。

f:id:Haruosan:20170414041250p:plain

私は彼女の「箱を捨てて、大人になって欲しい」という要望に

「ウン」と頷きました。

 

・・・・・・そして数日後、家に帰ると、

私の『箱』はどこかに捨てられていました。

f:id:Haruosan:20170414042837p:plain

私も彼女も『箱』について何も言う事はありませんでした。

 

しかし・・・結局『箱』を捨てても、

私は彼女や彼女のご両親の望むような

『大人』にはなれませんでした。

 

2年ほど交際したのですが・・・両親の猛反対は止まず。

 

結局彼女から

「やっぱり高卒の人とは結婚は考えられない」

「家柄が違いすぎる」

と言われてしまい、2人は別れる事になってしまったのです。

f:id:Haruosan:20170414043149p:plain

わかっていた結末です。

 

実はあの『ガラクタが詰まった箱』を捨てさせられた時から、

何となく・・いつか自分も捨てられるような気がしておりました。

f:id:Haruosan:20170414061955p:plain

あの箱は私の分身のようなモノでしたからね・・・・。

 

でもこれで良かったのだと思います。

彼女は、いつでも自分の気持ちに正直な女性なのです。

そして私は彼女のそんな所を愛していましたから・・・。

 

実際はそう素直に思えるまでに・・・・

相当な時間がかかりましたが・・・。 

f:id:Haruosan:20170414055811p:plain

えーと・・それで・・・彼女はその後、

すぐに地元の優良企業に務める男性と結婚をしました。

やっぱり都会にある有名な大学を卒業した方だそうです。

 

結婚となると、どうしても

「気持ちだけでは埋められない部分」があるのかもしれませんね。

 

ああ・・ちょっと・・・・私には難しすぎる話なので・・・

それは何とも言えませんが・・・・。

 

今はただただ、彼女の幸せを心から願っております。

 

おしまい

f:id:Haruosan:20170414060057p:plain