読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

子供への暴力が生み出す『負の連鎖』

 

4月になり、

「新社会人」のニュースを目にするようになりましたね。

f:id:Haruosan:20170409062024p:plain

この時期になると10年以上前に、

「スイミングインストラクター」をしていた時の

教え子たちの事を思い出します。

 

だいたい当時の教え子の年齢が

「3歳~12歳前後」でしたから、

今年社会に出て「新社会人」になった子もいるでしょうね!

f:id:Haruosan:20170409062128p:plain

みんな元気でやっているのだろうか?

月日が経つのは早いものですね・・・・・・。

 

あれは今から10年以上前、

子供達に水泳を教えていた私の目の前には、

「石像のように固まって」動かなくなった男の子がいました。

f:id:Haruosan:20170408214540p:plain

これは・・・なぜか・・・・突然「そう」なるのです。

理由はわかりません。

 

いつもは明るい男の子ですし、

いままで普通に喋っていたのに、突然「石化するのです。

f:id:Haruosan:20170409013548p:plain

顔を覗き込むと、

その表情は笑っているようにも見えるし、

悲しそうにも見える・・・・。

f:id:Haruosan:20170408215209p:plain

なにやら「不思議な表情」をしていました。

この子が・・・何を考えているのかわからない・・・・。

 

「大丈夫?どこか痛いの?」

心配して声をかけますが、全く反応がありません。

 

時々「こう」なるのですが、

これには参った・・・・。

まぁ放っておけば数分で元に戻るのですが・・・。

 

しかも、この子のお母さんは過保護な人で、

いつも外のガラス越しに心配そうに練習風景を見ているのです。

f:id:Haruosan:20170408215504p:plain

そして何かこういうトラブルがあると、
練習後に

「うちの子は大丈夫でしょうか!?」

と泣きそうな声でスクールに電話を入れてくるのです。

f:id:Haruosan:20170408215717p:plain

気持ちはわかるのですが、何度も電話されると困ります。

 

そしてそんな電話をもらって以来、

なんだかいつも背中に親御さんの

突き刺さるような視線を感じるような気がするのです。

f:id:Haruosan:20170408220001p:plain

なんだか妙にプレッシャ-がかかる。

 

しかし生徒はこの子だけではありませんから、

時間とられている場合ではありません。

 

「決められたメニュー」

時間内にこなさなければいけないのです。

f:id:Haruosan:20170409012525p:plain

もしメニューをこなせなかった場合、

また別の親御さんからクレームが来る恐れがあります。笑

 

一生懸命「岩になった男の子」に話しかけますが、

相変わらず全く反応がありません。

f:id:Haruosan:20170409033319p:plain

もうそっとしておくしかない。

 

そうこうしているうちに、

「コーチ、おしっこ!!!!」

トイレを要求する子供が現れます。

f:id:Haruosan:20170408220218p:plain

幼い子は一人で「おしっこ」に行けないのです。

 

(練習の前にトイレに行ったじゃないか・・・・)

そう思っても、子供たちの尿意は止められません。

 

一人が「おしっこ宣言」をすると、

「ぼくもー」「わたしもー」

おしっこ志願者がゾクゾクと現れます。

f:id:Haruosan:20170409012704p:plain

この子達を連れて、今すぐトイレに駆け込みたい所ですが・・

 

それは出来ません。

 

なぜなら、

このクラスには「凶悪なモンスター」が潜んでいるからです。

f:id:Haruosan:20170409040140p:plain

このモンスターを残して、

私がクラスを離れるわけにはいかないのです。

 

もう・・・これは他のコーチに

トイレに連れて行ってくれるように頼まなければ・・・。

 

そう思って他のコーチを呼びに行こうとすると、

カラダの大きな男の子が

「ねえねえコーチ!きのうねぇー!」

と満面の笑みと、物凄い大きな声で話しかけてきます。

f:id:Haruosan:20170409031607p:plain

そして腕に絡みついてきます。(かなり力が強い)

 

タカシだ、

カラダの大きいタカシは小学校6年生の「自閉症の子」

半年ほど前から私のクラスにだけ通っている子です。

f:id:Haruosan:20170409031930p:plain

彼はいつも無邪気にニコニコしています。

 

このタカシは年の割に「かなり幼い印象」を受けましたが、

天真爛漫で、とても良い子でした。

 

これは・・・・

この子のお母様が愛情深い立派な人だったからだと思います。

 

そう思ったのは・・・・

タカシのお母様が「タカシの服装を直している所」を見た時です。

f:id:Haruosan:20170409042206p:plain

こう・・・・うまく言えないのですが、

そのタカシの服装を直す仕草が、

妙に丁寧で優しく見えたのです。

 

その様子を見た時に、

(ああ・・・この人はタカシに物凄い愛情を注いでいるんだなぁ)

と思ったのです。

f:id:Haruosan:20170409042349p:plain

そしてタカシには、

お母様のように優しい妹が同じクラスにいます。

 

いつもタカシが私に絡みつくと

「こっちおいで」

タカシの手を繋いで私から引き離してくれるのです。

f:id:Haruosan:20170409043454p:plain

タカシの妹もお母様と同じように、

タカシを呼ぶ声や仕草にも

「面倒くさそうな感じ」とか、

「イヤそうな感じ」は一切なく愛情が込められていました。

 

2人は本当に仲が良いのです。

f:id:Haruosan:20170409043950p:plain

何というか・・・そのやりとりを見ているだけでも

なぜか・・胸が打たれるのです。

 

そしてこの時、

私は完全に油断していました。

 

一人の女の子がスッと立ち上がり、

股間部分の水着を横にズラすと、

f:id:Haruosan:20170409044317p:plain

そのままプール溝の排水口に

股間から放水を始めたのです。

f:id:Haruosan:20170409044449p:plain

ジャバジョババーーー

 

(ヤバイ!トイレ忘れてた!)

 

プールに大量に「放水された尿」が流れ込みます。

それを見た子供たちは「あっはははは」と大爆笑をはじめます。

f:id:Haruosan:20170409045550p:plain

ぜんぜん笑い事じゃない!!!

 

緊急事態です。

 

私は手をパンパンッ!と鳴らして、

みんなをビートバンの上に座らせます。

f:id:Haruosan:20170409050309p:plain

 

そしてオシッコに行きたい人と、

放水した女の子を連れて、すぐにトイレに駆け込みました。

f:id:Haruosan:20170409044954p:plain

ピューン

 

すぐ女の子の水着を脱がせて、

シャワー室でシャワーを浴びさせます。

 

その間に私はオシッコまみれの女の子の水着を

ジャブジャブと洗います。

f:id:Haruosan:20170409050005p:plain

急がなければ・・・・・

子供たちを放置し続けるワケにはいきません。

 

しかし・・・・・・・

急いでみんなの所に戻ると、

案の定「モンスター」が暴れておりました・・・・・。

f:id:Haruosan:20170409052357p:plain

モンスターは、

小さな男の子の顔をプールに押し付けて遊んでいます。

目を離すとコレをやるのです。

 

モンスターの名前はタケル

ぽっちゃりとした体型の小学5年生。

f:id:Haruosan:20170409053337p:plain

タテにもヨコにも・・とにかくカラダが大きい。

 

※ちなみに5年生にもなるタケルが、

私の請け負っていた初心者クラスにいた理由は、

私の上の階級を受け持っているコーチから

「絶対進級させるな!」

と釘を刺されていたからです。笑

f:id:Haruosan:20170409064053p:plain

(みんな問題児のタケルを受け持ちたくなかったのです。)

f:id:Haruosan:20170409052357p:plain

小さな男の子を溺れさせようとするタケルを見て、

私はすぐに「タケルやめなさい!」

と大声を出して止めに入りました。

f:id:Haruosan:20170409053712p:plain

私はめったに大声を出さないので、

みんなビクッとします。

 

タケルもとりあえずは止めてくれます。

 

しかし、タケルは私が目を離した瞬間に

 

人の足を引っ張ったり、突き落としたり、

どうにかして人を溺れさせようとするのです。

f:id:Haruosan:20170409063539p:plain

彼のそれはもう・・・・・

「子供の遊び」と呼べる範疇を超えていたと思います。

 

軽く言えばイジメっ子・・・・というんですかね?

 

モチロン目に入れば、しっかり注意はします。

しかしタケルは、私が口で注意するだけで、

(どうせコイツは何も出来ない・・・)そうわかっているから

イジメを絶対に止めてくれません。

f:id:Haruosan:20170409054035p:plain

彼はみんなが嫌がる姿を見るのを心底楽しんでいるのです。

 

その下劣な人間性を見ていると・・・・

殴りたくなってきます。

f:id:Haruosan:20170409054745p:plain

私は・・・・おかしいでしょうか?

教育に暴力はいけない事でしょうか?

 

私は彼の行為が、どうしても許せませんでした。

 

しかし・・・彼のイジメがエスカレートした時、

私が暴力を振るう事はありませんでした。

 

なぜなら・・・・

彼の耳元でそっと「魔法の言葉」を言うだけで良いからです。

f:id:Haruosan:20170409055412p:plain

「お母さんに言うよ?」

 

それを聞いただけで彼は、

小刻みに震えだし

「それは・・・・やめて・・・ごめんなさい」

と泣き出しそうになるのです。

f:id:Haruosan:20170409055922p:plain

これは先輩に教わった「タケルを止める魔法の言葉」です。

彼にそっくりな、

彼のお母様は恐らく、

彼に酷い暴力を振るっているのでしょう。

f:id:Haruosan:20170409060157p:plain

だからタケルも暴力を振るう。

いや・・・・・・暴力を楽しむ。

 

たぶん・・・・・それだけのシンプルな話です。

 

しかし、タケルの暴力を止めるためとはいえ、

この「魔法の言葉」を使うのは卑怯なやり方だったと思います。

 

なぜなら結局私も・・・

彼のお母様の暴力の力を借りているだけなのですから・・・。

f:id:Haruosan:20170409060421p:plain

自分の手を汚さずに、暴力を振るっているのと同じだ。

問題は何も解決出来ていない。

 

暴力で解決するのなら、自分の手で殴るべきだっただろうか?

いや、そもそも暴力はいけない事なのだろうか?

話し合えば解決できたのだろうか?

 

・・・・・・未だに私にはわかりません。

だから私には子供を育てる自信がありません。

f:id:Haruosan:20170409064412p:plain

そんな彼も、

もう・・・社会人として働き始めているのだろうか?

 

想像力の乏しい私は、

どうしても社会人になった彼が、

部下や後輩を虐める姿を想像してしまいます。

f:id:Haruosan:20170409063000p:plain

もしそうだとしたら・・・

その責任の一端は私にもあるでしょう。

 

彼が一人の責任ある社会人として、

今を生きている事を心から願っています・・・・・・。

 

おしまい

f:id:Haruosan:20170409064749p:plain