警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

東大卒のエリートが超ブラック企業に入社した話①

 私が勤めていた最悪のブラック企業に、

東大卒のエリートが面接に来ました。

 

f:id:Haruosan:20170304063300p:plain

もちろん即採用しました。

 

でも採用したのは「東大卒だから」ではありません。

うちは採用率100%のブラック企業なのです。

f:id:Haruosan:20170304102732p:plain

これまで、

元詐欺師だろうと

元強盗犯だろうと

元麻薬密売人だろうと

誰でも過去の経歴は問わず採用してきました。

 

東大卒の彼の名前はシゲさん。

年齢は50歳とチョット。

f:id:Haruosan:20170304055407p:plain

 

私が忘れられない男の一人だ・・・。

 

ブラック企業に迷い込んでくる高学歴者

 

田舎のクソブラック企業にも、

たまにこういう高学歴者が迷い込んできますが・・・・。

f:id:Haruosan:20170304063525p:plain

だいたい共通して50歳前後の初老の男性でした。

 

・・・・まぁ色々事情があるのでしょう。

 

シゲさんは、とにかくやる気に満ちあふれていました。

 

課長として1次面接を担当した私は、 

シゲさんに我が社の唯一の営業手法である

「飛び込み営業」の実演を見せたのですが・・・。

f:id:Haruosan:20170304103011p:plain

 

シゲさんはそれを見て、

「ぼくは若い頃ね、ミソを飛び込みで売ってたんですよ!」

「ミソですよ?ミソ!」

と意気込みをアピールしてきました。

 

f:id:Haruosan:20170304061228p:plain

(ミソ・・・・?)

 

遠い昔、

飛び込み営業が主流だった時代があったらしいですね。

 

ちなみに私達の売っていたのは「健康食品」です。

シゲさんは「ミソの方が売るのが大変だろう!」と思ったようです。

 

f:id:Haruosan:20170304102436p:plain

それはどうかわかりませんが・・・・。

なんにせよ、やる気があるのは良い事だ。

 

形だけの社長との最終面接を終えたシゲさんは、

その場で即入社が決まり、

f:id:Haruosan:20170304063300p:plain

 

「がんばりましょう!」

私とガッチリ握手をしました。

 

握ったシゲさんの手は、

やせ細り、

その手触りは、

なぜか農家を経営している親戚の手にそっくりでした。

f:id:Haruosan:20170304055202p:plain

シゲさんの研修

1週間は研修として私について

一緒に飛び込み営業をして回るのですが・・・。

 

試しに何度かシゲさんにやってもらうと、

特に問題なく営業が出来るように見えました。

f:id:Haruosan:20170304104518p:plain

ただ賢い人にありがちな、

「説明をしすぎる」という欠点はありました・・。

 

「この商品は、こういう成分が入っていて、

 こういう病気に効果があると言われていて・・。」

 

なーんて長い説明、誰も興味が無いのです。

「効率よく売る」のであれば、

この商品は「スゴイです!」位の説明で十分なのです。

f:id:Haruosan:20170304104715p:plain

あとシゲさんは体力的にもキツそうで・・

飛び込み営業で1日10時間余り歩き続けるのは・・

チョット辛そうに見えました。

f:id:Haruosan:20170304105154p:plain

 

季節は真夏。

熱がジリジリと私達の体力を奪っていきます。

 

しかし飛び込み営業で回る途中、

「シゲさん大丈夫ですか?休みましょうか?」

と私が声をかけても、

 

シゲさんは息をゼーゼー吐きながら

「大丈夫!大丈夫!」

とガッツを見せていました。

f:id:Haruosan:20170304105440p:plain

筋肉痛で足をプルプル震わせながら歩くシゲさんを見ると

 

(シゲさんは、なぜこんな会社に・・・。)

と私は何度も思いましたが・・・

 

それは口に出してはいけない事です。

f:id:Haruosan:20170304120322p:plain

彼が「ここで頑張ろう」と思う限り、

上長である私は、それを応援するだけなのです。

 

がんばり屋のシゲさんは

社長からも許可をもらい、

1週間後には一人で飛び込み営業を行うようになっていました。

f:id:Haruosan:20170304123050p:plain

会社で浮くシゲさん

社内の平均年齢は25歳前後でしたから、

50代のシゲさんはチョット・・

いやだいぶ社内で浮いていました。

f:id:Haruosan:20170304112326p:plain

しかし彼を社内で孤立させるワケにはいきません。

 

彼の特徴である「東大卒」というキャラ付けをみんなに広めて、

周囲から関心を持ってもらえるように、私なりに努力しました。

f:id:Haruosan:20170304112511p:plain

 

しかし・・・・これが裏目に出てしまいました。

 

社内では珍しい、どこかの大卒のケイくんが、

「本当に東大卒なんすか?」とシゲさんに絡み始めたからです。

f:id:Haruosan:20170304113133p:plain

言い方もナゼか嫌味っぽい。

 

シゲさんはオドオドとするばかりです。

 

うちの会社は冗談で言うワケでなく、

小学校すらまともに通っていない人も多い。

f:id:Haruosan:20170304102732p:plain

だから、みんな学歴に何の興味も無いのです。

話すのはせいぜい前科自慢位。笑

 

しかしケイくんは、「東大卒」がよほど気に障るのか、

毎日シゲさんに小難しい質問を投げかけて困らせます。

f:id:Haruosan:20170304113713p:plain

シゲさんを試しているのだろう・・・。

 

ケイくんに、それとなく止めるように言っても、

彼は「いや・・・だっておかしいっすよ?」と聞き入れません。

 

(これは困った・・・・。)

f:id:Haruosan:20170304113829p:plain

それに釣られて、

他の社員までコソコソと何か噂をはじめます。

f:id:Haruosan:20170304123614p:plain

(シゲさん・・・・。)

 

これは社内で問題になり、

会議でも話し合われる事になりました。

 

が・・・・・。

 

そもそも、このブラック企業が

シゲさんが「東大卒かどうか?」

なんて裏をとっているハズがありません。

f:id:Haruosan:20170304063525p:plain

 

その理由を社長は

「うちは学歴や過去の経歴は問わないから!」

と言っていましたが・・・・・。

f:id:Haruosan:20170304114052p:plain

しかし学歴の裏をとらない本当の理由は、

どうせみんなスグ辞めてしまうからです。

 

それにみんな完全歩合制度の個人事業主扱いですから、

しばらくの間、会社にお金を落としてくれればそれで良いのです。

 

「誰を雇おうが、誰が辞めようが」

会社にダメージは全く無いのですから・・・。

f:id:Haruosan:20170304114223p:plain

「それよりさぁ・・・・・・」

課長の一人が口を開きます。

f:id:Haruosan:20170304123343p:plain

「シゲさんって・・・何歳?」

 

そう・・・・彼が東大卒かどうか?という問題よりも、

私達にはもっと気になる問題がありました。

 

履歴書には50代そこそこと書かれていたそうなのですが・・・・。

(履歴書は社長しか見る事ができません。)

 

シゲさんは

どう見ても60代か・・70歳近くにしか見えなかったのです。

f:id:Haruosan:20170304055407p:plain

 

つづく

f:id:Haruosan:20170304130134p:plain

 

🔻続きはコチラ

www.keikubi.com