倒産寸前のブラック企業が『新興宗教』に営業をかけた話 完結編

 🔻コチラの記事の続きです。

www.keikubi.com

www.keikubi.com

警察が来た。

f:id:Haruosan:20170226223958p:plain

恐らく・・・警察を呼んだのはマルでしょう。

 

なぜそう思ったのかと言いますと・・・・

まず警察官は私を部屋の隅に連れて行って

「責任者と話をさせて?」

と言ってきたからです。

f:id:Haruosan:20170301060631p:plain

(えええ・・・・)

 

これは想像の話なのですが、

マルは警察に私が「社長に営業を強要されている」

 とでも言ったのでしょう・・・。

f:id:Haruosan:20170226224118p:plain

(マル・・・・余計な事を・・・)

 

そしてもう一つ、

警察を呼んだのがマルだと思う理由がありました。

 

そもそも、

この宗教団体Dの院長達が警察を呼べるワケがないのです。

 

なぜなら、

先日うちの女性営業マンを拉致したばかりですからね・・・。

f:id:Haruosan:20170222043629p:plain

ルールを破ると、ルールから守られなくなる。

当たり前の話ですよね?

 

チラッと院長親子を見ると、

だいぶ精神的に参っているようでした。

f:id:Haruosan:20170301061952p:plain

深夜0時から3時間も必死に営業され続けたのですから・・・

そうなりますよね・・・・。

 

実際に契約をとれなかった事は残念でしたが、

それでも社長の意図は私の営業を通して十分伝わったハズ・・。

 

「うちの社員に2度と手を出すな。」と・・・・。

 

恐怖で相手をコントロールしようとする、

社長らしいやり方だ。

f:id:Haruosan:20170125073355p:plain

社長が会議室で包丁を取り出した時の事を思い出します。

 

それも今回は、営業マンらしく営業でわからせる・・・・。

社長は私達に対して興味がないワケでは無かったのです!!!!!

f:id:Haruosan:20170227052324p:plain

(おお神よ・・・・・)

 

まぁ・・・ぜんぜん根拠は無いんですけどね?

でも良いんです、私は盲目な信者なのですから・・・・・。

 

警察官が

「責任者と話をさせて下さい。」

と催促してきます。

f:id:Haruosan:20170301060631p:plain

(ああ・・社長はどういう判断をするだろうか?)

 

「自分の責任です。」と責任を背負うのだろうか?

「コイツが勝手にやりました。」と私に責任を押し付けるだろうか?

 

そんな事を考えて、私はドキドキしていました。

 

(こうなれば仕方ない・・・・・)

 

私は社長の携帯を鳴らして、

無言で警察官に渡しました。

f:id:Haruosan:20170226225450p:plain

社長VS警察官

しばらく携帯の発信音が鳴った後、

警察官と社長が話しを始めました。

f:id:Haruosan:20170226225656p:plain

警察官は挨拶をして自分の身分を説明します。

 

それに対して、

社長の第一声は

「誰だてめぇ?」でした。

 

(強気だな・・社長)

 

私は警察官に出来るだけ近づいて聞き耳をたてました。

f:id:Haruosan:20170226230003p:plain

まぁ・・・・でも結局、通話内容はメチャクチャで

ろれつの回っていない社長が大声で暴言を吐くだけでした。

 

「ああん?」とか

「うるせえ!」とか

「邪魔すんじゃねえ!」とか

f:id:Haruosan:20170227044400p:plain

(おお神よ・・・・・・)

 

社長は酒で酔っているのか?

声が大きいばかりで、全く会話になりませんでした。

 

数分後、結局社長は

「オメーの声聞いてると酒がまずくなる!」

と言って通話を一方的に切ってしまいました。

f:id:Haruosan:20170301070117p:plain

(うん・・・・・・・・・・。)

 

その後は、

電話をかけなおしても、

社長に繋がる事はありませんでした。

 

電話の後、警察官のお兄さんは

私に対して妙に優しかった。

「大丈夫だから・・・・今日はもう帰りなさい。」

そんな温かい言葉をかけてきました。

f:id:Haruosan:20170301070408p:plain

(大丈夫ってなんですか!?)

 

頭のオカシイ社長に

私が無理やり営業させられたと思ったのでしょう。 

 

まぁ捕まらないで済むなら、捕まらない方が良い。

 

私は言われるがまま

「ご迷惑をおかけしました。」と返事をして

二人分のカバンを持って、

院長親子に頭だけ下げて、

宗教団体Dの支部を後にしました・・。

f:id:Haruosan:20170301070833p:plain

 

院長親子は私が帰る事に対して、何も言ってはきませんでした。

 

この3時間で十分伝わったのでしょう、

私がどれだけ狂ってるか・・・・。

f:id:Haruosan:20170301071416p:plain

なーんて、

まぁそれは冗談ですが、社会的地位がある彼らは

これ以上、公に揉め事を起こしたくなかったのでしょう。

 

一方、私には社会的地位や、

守るもべきモノは何もありません・・・。

だから例え警察に捕まったとしても何の問題もありませんが・・・。笑

f:id:Haruosan:20170301061340p:plain

エヘ。

 

支部を出て、すぐにマルに電話を入れました。

当たり前ですが、マルが電話に出る事はありませんでした。

f:id:Haruosan:20170301073902p:plain

最後にゴハンでも奢ってあげたかったのですが・・・・。

(マルを怖がらせてしまっただろうか?)

 

でもこれで良かったんだ・・・・。

彼はまだ若い、きっと次は良い会社に巡り会えるハズだ。

f:id:Haruosan:20170226224506p:plain

 

「信仰しないと地獄に落ちる」と言う宗派があるそうですが・・・

わがブラック企業は「信仰を止めると天国に行けるのです。」

f:id:Haruosan:20170301074117p:plain

転職して

またブラック企業に引っかからなければ・・・の話ですが。

 

宗教団体Dからの報復

まぁやっぱり、

宗教団体Dとトラブルを起こして

何事も無く終われるワケもなく・・・・。

 

キッチリ報復がありました。

そうは言ってもただストーカーされただけです。

f:id:Haruosan:20170301075457p:plain

 

会社の前、家の前、などで

ずーっと数名の信者がコチラを見続けるというモノです。

 

 

ハハ・・・発想がオカシイですよね?

 

でも他の団体とトラブルを起こした時は、

拡声器を持った十数名に会社を取り囲まれましたから、

正直・・・・あんまりインパクトはありませんでした。

f:id:Haruosan:20170301075706p:plain

会社のみんなも「ふーん」という感じでした。

 

あとは会社に

私宛の手書きの手紙?が何度か送られてきました。

中身は読まずに破り捨てました。

(そもそも字が汚すぎて読めなかった)

f:id:Haruosan:20170301075902p:plain

 

ただ、それも段々エスカレートしてきて

数名の男性に跡をつけられた時は、

チョット危機感を感じました。

f:id:Haruosan:20170301080052p:plain

(それは怖い!)

 

しかし・・・・・・。

 

いくら跡をつけたとしても・・・

私に手を出せるワケが無いのはわかっていました。

f:id:Haruosan:20170301080521p:plain

なぜなら・・・私は・・・・その頃にはすでに

危ない中東組織の一員になっていたのですから・・・。

f:id:Haruosan:20170301081044p:plain

 

私の人生は

警察官からドンドンかけ離れた方向へと進み続けていました。

 

おしまい

f:id:Haruosan:20170301081525p:plain