読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

ブラック企業で後輩が『失踪』した話

これはちょっと話が飛んで

私が「天国に一番近い会社」に入社して

2年目位の時の話です。

ほんとは時系列順に話すべきなんですけど、

何となく書いてしまいました。

 

いつもの朝

 「おはようございますー」

いつもの朝、

いつも通り、会社に出勤すると、

 

部長と課長達が金属バットを片手に

「あの野郎ぶっ殺してやる!」

と騒いでいました。

 

部長はいつだって

相変わらずの武闘派です。 

f:id:Haruosan:20170128091509p:plain

(ああ、なんかあったんだなぁ・・・・)

 

そんな時!

私は巻き込まれないように遠くから

そぉーっと

部長の前を通り過ぎて、聞き耳を立てます。

f:id:Haruosan:20170128171913p:plain

部長達の話をコソコソ聞いていると、

「サカモトが逃げやがった!」

と言っていました。

 

(ああ・・・なんだ・・・失踪の話か。)

何事かと思っていましたが、少しだけホッとします。

 

そうなんです。

私の後輩にあたるサカモトが、ここ数日会社に来ていないのです。

f:id:Haruosan:20170128092237p:plain

(でも何で部長達は怒っているんだろう?)

 

私が前に居た「飛び込み営業の会社」ほどではありませんが、

この会社でも、

あまりの待遇の悪さに「嫌気」が差して

失踪してしまう社員がチラホラいました。

f:id:Haruosan:20170128015121p:plain

といっても月に1人か2人か3人位なので、

大したことはありません。笑

 

怒り狂った部長は「愛用の金属バット」を担いで

会社の近所にあるサカモトのアパートに向かっていきました。

f:id:Haruosan:20170128092905p:plain

しかし、すでにサカモトの姿は無く、

行方もわからなくなっていました。

 

失踪なんて日常茶飯事な事ですから、

部長達がサカモトくんに怒っていた理由は、

「失踪したから」ではありません。

 

サカモトくんが

「大きなクレーム」を起こして失踪したからでした。

 

お客さんは大激怒しており、

会社に乗り込んできて、

「オマエの会社に賠償請求する!」

とかなんとか言い出したのです。

f:id:Haruosan:20170128202656p:plain

お客さんはあくまで被害者です。

 

そのサカモトが起こした

「クレームの内容」はもうメチャクチャな内容でした。

 

お客さんの話によると、

たまたまお客さん先へ納品対応に行っていたサカモトが

追加注文を検討していた、お客さんの質問に対して

 デタラメな回答をしていたそうなのです。

f:id:Haruosan:20170128202427p:plain

お客さんがサカモトに質問します。

「これってこういう事も出来るの?」

 

サカモトはそれに答えます。

「大丈夫です!出来ます!」

 

「これの料金って追加だから安くならないの?」

 

「ご希望の金額にします!」

 

「これの納品は◯日までに出来る?」

 

「モチロン大丈夫です!任せて下さい!」

f:id:Haruosan:20170128202427p:plain

まぁ「お客さんの話によると」ですが

このサカモトの回答が全部デタラメだったワケです。

 

そして今、

サカモトが失踪後、

納品間近にそれが発覚して、

会社中が大騒ぎになっていたワケなのです。

 

部長は血管が爆発しそうなほど、

顔を真赤にしながらこう言いました。

「あんの野郎・・爆弾置いていきやがった!」

f:id:Haruosan:20170128203445p:plain

 

爆弾・・・・そうですね、爆弾です。

 

サカモトはこのクレームを故意に残していったのです。

もちろん自分が辞めてから、爆発するように・・・・・。

 

ドッカーン。

f:id:Haruosan:20170128203946p:plain

 

目的は?

もちろん会社への報復でしょう。

 

こういう報復は、

ブラック企業あるあるだとは思うんですけどね・・・。

 

報復の理由は恐らくコレでしょう。

 

実は営業成績が悪かったサカモトに対して、

会社は

「一旦退職させて、アルバイト契約にする」

という鬼のような仕打ちをしていたのです。

f:id:Haruosan:20170128204315p:plain

これはもちろん

二日酔いで機嫌が悪かった

神(社長)の意思によるものです。

 

私も・・・(これはさすがにやりすぎだ)と思いました。

f:id:Haruosan:20170128204458p:plain

しかし、地元から遠く離れたこの土地で

一人暮らしをしているサカモトは、

生活の事もあるので、これを拒否する事も出来ませんでした。

 

アルバイトだとしても、収入がある事は大きい。

 

あと・・・・サカモトは少々の浪費癖もあったのですが、

毎月年老いた祖父と祖母の為に仕送りをしていたのです。

 

サカモトは幼いころに両親が離婚して失踪していたので、

小さい頃から祖父と祖母に育てられていたそうなのです。

f:id:Haruosan:20170128210639p:plain

まぁ前科もありました。

暴力沙汰とかで少年院に入った程度のモノでしたが・・・。

f:id:Haruosan:20170128210851p:plain

1度だけ酒の席でサカモトから

「もう家が貧乏で高校にも行けず、どうしようも無かった・・」

という話を聞かされてた事があります。

f:id:Haruosan:20170128210309p:plain

最後に泣きながら

「おれはどうすれば良かったんですかねっ!?」

とサカモトに言われて

・・・・私は何も答える事が出来ませんでした。

 

うーん・・・・

これは・・・たぶん

自分が犯罪に走ってしまった事とか、

こんなクソブラック企業に入るしか無かった事は

「家庭環境」がそんな状態だったんだから仕方ないでしょう?

 

と言いたかったんだと思います。

 

うーん・・・考えてみたのですが、

これにどう回答すれば良かったのか、

未だに思いつきません。

f:id:Haruosan:20170128211033p:plain

 

会社ではサカモトの行方捜索が開始されました。

部長はサカモトの祖父母へ連絡していました。

 

他の社員は、

数名でサカモトのデスクをガサガサと漁ります。

 

書類等は沢山残されていたのですが・・・

しかし、いくら探しても「何も見つかりません」

f:id:Haruosan:20170128212243p:plain

部長もくやしそうにカベをドンしていました。

f:id:Haruosan:20170128212426p:plain

 

そう見つからない・・・・・・ハズです。

 

実はサカモトが失踪した直後、

私がサカモトを追跡できそうなモノ

全部処分しておいたからです。

f:id:Haruosan:20170128212634p:plain

こっそり。

 

サカモトの失踪はもうガバガバで、

(たぶんここに逃げたのかなぁ・・・)

と思われるような会社の名刺とか、

転職先?の給与待遇のメモとか、あとPCの検索履歴とか・・・・。

f:id:Haruosan:20170128213426p:plain

追跡出来る情報が有り余るほど残っていました。

 

まぁもしかしたら、サカモトがわざと残した

フェイクの情報の可能性も考えましたが・・・。

 

まぁ・・・たぶん・・それは無いと思いました。

本人もヤケクソで失踪したのでしょうから。たぶん。

 

なんでそんな事をしたのか?と聞かれますと・・・。

 

「これが正義だ!」なんて事は思っていませんが・・・。

f:id:Haruosan:20170128220148p:plain

営業成績の悪い後輩のサカモトを

「強引にアルバイトにした」

そんな会社のやり方に不満を感じていたからです。

f:id:Haruosan:20170128204315p:plain

普通に会社を辞めようとしても

アルバイトで安く雑用させられるサカモトを

会社が逃がすわけがありません。

 

「恩をアダで返すのか?」とか何とか言われて、

なかなか辞めさせてはくれないでしょう。

 

サカモトは雑用しかしてないので、

引き継ぐものもありませんし。 

 

だからサカモトが失踪した時は、

(会社に追跡させずに、逃してやろう)

と思ったのです。

f:id:Haruosan:20170128221422p:plain

モチロン本気で追跡しようと思えば、

いくらでも方法はあるでしょうが、

この会社はそこまでの追跡をしない事は事前にわかっていました。

(失踪者の前例がいくつもありましたから。)

 

ただ、サカモトが「クレーム爆弾」

を残していたのは完全に予想外でした。

f:id:Haruosan:20170128203946p:plain

大誤算。

 

部長や他の同僚が必死にサカモトの居場所を探す中、

自分だけがサカモトの行方を知っているわけです。

f:id:Haruosan:20170128220738p:plain

(まさかこんな事になるとは・・・)

 

さすがにこれだけ大きなクレームを起こしたのであれば、

サカモトの居場所を言わなければいけないだろうか?

f:id:Haruosan:20170128202656p:plain

私は汗をダラダラかきながら考えました。

f:id:Haruosan:20170128220738p:plain

(何が正しくて、何が間違っているのか・・・・)

 

みんなが見つけられる範囲にあった

サカモトを追跡できる証拠は全部処分していましたが、

 

実は・・・サカモトへの唯一の手がかりとなる証拠を

私はまだ手元に残していたのです。

f:id:Haruosan:20170128221815p:plain

私が事前にサカモトが失踪する事に気づけたのも

実は「ソレ」がキッカケでした。

 

これを部長に差し出せば・・・・

サカモトの居場所がわかるかもしれない。

 

しかし・・・・話はそれで終わりません。

 

そう・・・サカモトだけじゃない!

 

実はもしかすると

 

コレを差し出す事で、

これまで会社から失踪した従業員達の居場所

バレてしまうかもしれないのです!

f:id:Haruosan:20170128212426p:plain

 

一体どうすれば・・・・。

f:id:Haruosan:20170128220738p:plain

つづく。

 

 

f:id:Haruosan:20170128222720p:plain

オイシイ 

 

🔻続きはこちらです。

 

www.keikubi.com