ブラック企業から転職した『天国に一番近い会社』③

 

🔻コチラの記事の続きになります。

www.keikubi.com

 

www.keikubi.com

研修5日目 

私たち研修生は30数名はイスに座り。

お互いに向かい合いました。

f:id:Haruosan:20170123150919p:plain

「お互いの悪いところを指摘しあえ」

とは言われたものの・・・。

 

みんな「苦笑い」といいますか・・・

f:id:Haruosan:20170123150726p:plain

「おいおい、まじかよー」

「ほんとにやんの?」

「えー」

くらいのリアクションしかありませんでした。

 

なので、

「はじめ!」

と開始の合図をされても

 

 

「◯◯さん元気ないですよねー」とか

「シャツのボタンは上までしっかり止めましょう!」とか

 

どうでもいい指摘をし合っていました。

 

それもそのハズ。

 

みんなは5日間の研修生活を通して

互いに友情を深めあっており、

f:id:Haruosan:20170121142648p:plain

さらに「研修の疲れ」という

共通の悩みを持っていましたから・・・。

 

(こんな研修は、適当にやって終わらせてやろう)

 

という暗黙の了解が出来上がっていたのです。

f:id:Haruosan:20170123151348p:plain

10分毎に向かい合う相手をチェンジしながら

平和的に研修が進められていきます。

 

しかし!モチロン研修生の中にも例外はいます。

 

1人の女性研修生は

周りの空気が読めなかった・・・・ようで

 

凄まじいカナキリ声を上げて

「あんたのそういう所が~✗✗✗!!」

とか・・・なんとか・・・と

f:id:Haruosan:20170123151607p:plain

相手の研修生を罵倒していました。

 

それでも他の研修生は相変わらず、

無難なやりとりを続けているようでした。

f:id:Haruosan:20170123150726p:plain

まぁ・・・でも・・・・

こういう事態は・・・

 

すでに予測されているワケなんですよね・・・。

f:id:Haruosan:20170121151531p:plain

「おいブス!」

 

この平和な均衡を打ち破ったのは

タケルくんでした。

f:id:Haruosan:20170123151831p:plain

その暴言を聞いて

一瞬、その場の空気が凍りつきました。

f:id:Haruosan:20170123152257p:plain

タケルくんの前には

先程から「カナキリ声」を上げて

他の研修生を罵倒していた女性研修生がいました。

 

女性研修生は怒りでプルプルと震えています。

 

今思うと、

この研修を主催したA社の従業員だったタケルくんは

こういう事態になった時のために

何か「上司から指示」を受けていた・・のかもしれません・・。

 

ここから二人のすさまじい攻防が繰り広げられました。

 

「死ね!」

「ブス!」

「息がくせえんだよ!」

「うるせえ!」

f:id:Haruosan:20170123152531p:plain

みたいな・・・・・

何か程度の低い罵り合いをしていたような気がします。

 

その罵り合いを聞いて

みんなにも

少しピリピリとした緊張感が走ります。

 

休憩を挟みながら

 

1時間

 

2時間と時間が経過していきます。

 

疲れとストレスのせいなのか?

もう悪いところが見つからないのか?

 

少しづつ

みんなの「批判」も具体的な内容になってきます。

 

隣に座っていた男の人は

「男で軽自動車とかないわー」

とか言われていました。

 

・・・・具体的な批判は相手を「傷つけます。」

 

気がつくと、

そこかしこで、汚い罵り合いが始まっていました。

f:id:Haruosan:20170123152851p:plain

私?

 

私は・・・・

この研修中、

誰とも・・・

まともに・・・

交流をしていなかった・・おかげで、

f:id:Haruosan:20170123153020p:plain

みんな私の情報が少ないせいか、

それ程ヒドイ批判はされませんでした。笑

 

ですが。

 

すこーしづつ・・チクチクと

「暗い」とか

「声が小さい」とか

f:id:Haruosan:20170123153226p:plain

どうでも良い「批判」でも

言われ続けると胃が痛くなってきます。

f:id:Haruosan:20170123153452p:plain

休憩時間になると、

フラフラとトイレに入り

ゲロゲロ吐いていました。

f:id:Haruosan:20170123153810p:plain

そんな瀕死の私にトドメを刺したのは、

タケルくんでした。

f:id:Haruosan:20170123154014p:plain

私の前の前に座ったタケルくんは、

いきなり

「お前の会社、出来て1年位なんだって?ヤバイんじゃね?」

と言ってきました。

 

これはキツイ!

 

会社の情報はたぶん

上司であるA社のスタッフさんに聞いたのでしょう。

 

それを言われると

(そうかぁ・・・・そうかも)

と私も何も言い返すことが出来ませんでした。

f:id:Haruosan:20170123154143p:plain

誰がどう考えても、

起業1年チョイチョイの会社に入社する事は

ヤバイ事は明白です。

f:id:Haruosan:20170119080044p:plain

私にはタケルくんの的確な批判を言い返す力も無く・・・。

 

だんだん、

ただ自分の意識が遠のいていくのを感じていました。

f:id:Haruosan:20170123154156p:plain

その後もタケルくんは

「起業した会社の◯◯%以上は5年以内に潰れるんだぞ?」とか

 

何か、どこぞから持ち出した説得力のある情報?で

批判を繰り広げます。

 

私は、下を向いてジィーっと黙っていました。

f:id:Haruosan:20170123154525p:plain

(あんなに就職活動頑張ったのになぁ・・・)とか

色々な考えが頭を駆け巡ります。

f:id:Haruosan:20170109185545p:plain

 

でもまぁ、

結局最後に言われた

「お前いい歳してそんな仕事しか無いの?」

 

っていうのが一番効きました。

f:id:Haruosan:20170123155903p:plain

なんだかタケルくんの姿がボヤけて見える・・・。

 

私のほうが年上ですが、

タケルくんは本社の人間

私は新しく出来た下請け会社の人間です。

 

これは心をえぐりとられるような威力がありました。

f:id:Haruosan:20170123154335p:plain

その後は、最初にお話した通りです。

f:id:Haruosan:20170121072725p:plain

f:id:Haruosan:20170121073652p:plain

気がついたら病院のベットで寝ていました。

f:id:Haruosan:20170123160509p:plain

 

どのくらい寝ていたのか???

時間の感覚がよくわかりませんでした。

ただ、

研修最後に行われる

A社の本社での集会??に参加して

f:id:Haruosan:20170123160919p:plain

エライ人の

「これからがんばってね!」

みたいな話だけ聞いて

新幹線で地元へ帰りました。

 

みんな目を真っ赤にして

泣いていた?

いや泣いた後のような顔をしていました。

ですがあの後、何があったのかは・・・私も知りません。

 

あと集会の最後、タケルくんとすれ違ったので

話すのは気まずいので、

ペコっと頭だけ下げておきました。

(ご迷惑をおかけしました。)という意味で

f:id:Haruosan:20170123161256p:plain

 

タケルくんも、チョット気まずそうな顔をしていました。

彼も・・・なんというか、

仕事の上で仕方なくやった事なのだと思います。

そう思いたいと思います・・・・。

 

まぁこうして

愉快な研修は無事終えたのですが、

 

ここはあくまでも

仕事を始める前の「研修の場」でしかないのです。

f:id:Haruosan:20170121151531p:plain

実際の現場の過酷さは、こんなものではありませんでした。

f:id:Haruosan:20170121124648p:plain

たぶんそれは、私の同期6名も感じ取っていたのだと思います。

f:id:Haruosan:20170119082322p:plain

研修を終えて、

初出勤日にはすでに

3名?くらいの同期は居なくなっていました。

それから・・・何日くらいだったでしょうか・・・・

確か・・そう1週間くらい後には、

同期はもう私しか残っていなかったと思います。

f:id:Haruosan:20170117072925p:plain

でも、それで良かったのです。

他に行く場所があるのなら、辞めて良かったのです。

研修を終えて

「この会社はヤバイ!」と気づけた

正しい感覚を持っていた彼らなら、

その後、きっと良い会社に巡り会えたはずです。

 

ああ、あとモチロン研修から帰って

研修生30数名の中で見事成績最下位だった私は

f:id:Haruosan:20170123165041p:plain

部長が愛用している「金属バット」

ヒザを叩かれて叱られました。

f:id:Haruosan:20170123165342p:plain

これもたぶん・・・知らない人が多いと思いますが・・・

「金属バット」は人を殴る道具ではありません。

 

つづく

f:id:Haruosan:20170123165909p:plain

 

🔻コチラが続きになります。

www.keikubi.com