ブラック企業から転職した『天国に一番近い会社』②

 

🔻この記事の続きになります。

www.keikubi.com

 

研修中

気がつくと私は、

床に倒れていました。

f:id:Haruosan:20170121072725p:plain

(あれっ・・・ここは・・・・どこだっけ?)

 

あの時は・・・

何がなんだかサッパリわかりませんでした。

 

(何か声が聴こえる・・・?)

 

「・・オイ!大丈夫か!?」

 

あっ・・・

ムキムキでニコニコのインストラクターの

サイトウさんの声だ。

f:id:Haruosan:20170121053353p:plain

 

ちなみに、これは研修5日目の出来事です。

 

情けない事に私は・・・・研修中に倒れてしまったのです。

f:id:Haruosan:20170121073652p:plain

そして私はそのまま病院に担ぎ込まれました。

 

その日の研修の内容は

「向かい合ってお互いの悪い部分を言い合う」

というモノでした。

f:id:Haruosan:20170121074401p:plain

全国から集まった30名近くの研修生

ローテーションしながら

10分程お互いの悪口を言い合うのです・・・が

 

あまりに口汚い罵り合いに、

私は疲れ果ててしまい

ついに・・・・・倒れてしまったのです。

f:id:Haruosan:20170121074629p:plain

 

はぁ・・・・・

1週間の研修生活のはじまり

 

研修には30人あまりの男女が参加していました。

 

ちなみに、この研修の主催は私達の会社が扱っている

「商材」を管理している親会社「A社(仮)」です。

f:id:Haruosan:20170121094758p:plain

研修中は1部屋6人での共同生活になります。

f:id:Haruosan:20170121094916p:plain

しかし、同じ会社の人間とはなるべく一緒にならないように

配置されているようでした。

 

私は同期の他6名の誰一人とも一緒になりませんでした。

 

恐らくこれは、

「他の会社の従業員と交流して欲しい」

という会社同士の思惑があったのかもしれません。

 

同じ部屋になった

私以外の他社研修生たちは、

 

お互いの会社名を聞いて

「ああーいつもお世話になっています!」

とか言っていました。

f:id:Haruosan:20170121095032p:plain

しかし大半の人が研修生といっても、

みんな「新人」ではないようでした。

 

のちに話を聞くと入社1年とか2年目の社員のようでした。

 

うちの会社はみんな新人だったのですが・・・。

 

みんなが自己紹介をする中・・・

色黒で黒縁メガネをかけた

一際目立つ男性がいました。

 

「タケルくん」(22歳)です。

f:id:Haruosan:20170121094609p:plain

私がこの研修の中で

唯一ちゃんと覚えている研修生でもあります。

あとインストラクターのサイトウさんだけは覚えています。

 

「おれA社のタケル、よろしくな!」

 

彼は最初から全員にタメ口でした。

大きな声、

喋り方から溢れる自信・・・・。

 

それもそのハズ、

彼は私達の親会社「A社の人間」なのですから。

 

会社名を聞いた途端

みんなあからさまに卑屈な態度を取り始めます・・・。

f:id:Haruosan:20170121095202p:plain

もちろん私もです!

f:id:Haruosan:20170121095257p:plain

タケルくんは自己紹介していなかった私に

「オマエどこの会社?」

と聞いてきたので、

 

私は

「◯◯社です。」と答えました。

 

すると、みんな

ん? という顔をしました。

 

ドキッとしました。

(え?なんだろう・・・?)

f:id:Haruosan:20170121095405p:plain

タケルくんは、何か焦った表情で

 

「お前・・・どこだソレ?聞いたことねえぞ?」

と言いました。

 

みんなも知らないようで、首をかしげています。

 

まぁ私も知らなかったのですが、

 

実は私が入社した会社は

「起業1年少々のピカピカのベンチャー企業」笑だったのです。

f:id:Haruosan:20170117072925p:plain

「うちは若い会社だ」とは聞いていましたが・・

そこまでとは・・。

 

それじゃあ誰も知らないハズだ・・・・。

 

研修生活

研修は、私達の親会社A社のスタッフさんと

f:id:Haruosan:20170121054719p:plain

外部から呼ばれた

筋肉ムキムキで

笑顔ニコニコのインストラクター

サイトウさんが務めていました。

f:id:Haruosan:20170121053353p:plain

サイトウさんは明るく快活な人でした。

 

サイトウさんは確か元自衛官・・・だったような・・?

 

しかし営業の研修にどうして筋肉が・・・・

 

と思ったら案の定

 

研修は早朝の山道ランニングから始まりました。

たしか朝の5時から8時くらい?まで走ります。

 

f:id:Haruosan:20170121052656p:plain

とにかくめちゃくちゃに走る・・・。

後半は走れなくなるので、ほぼ歩きなんですが・・・。

 

山の上まで上ると

 

なんだっけな・・・・

「1年後、お前がどうなりたいか叫べ!」

と言われたりました。

f:id:Haruosan:20170121122709p:plain

初日の自己紹介の時から

「とにかく腹から声を出せ!」

と言われ、

毎日ノドがヒリヒリする位、山の上で大声で叫ばされました。

f:id:Haruosan:20170121122933p:plain

ああ・・・歌を歌った日もありました。

でもまぁ・・・声をしっかり出すのは・・大事ですよねぇ。

 

座学

そして座学(これが案外キツかった)

 

勉強するのは私達が扱う商材の

商品知識と書類の書き方などなど・・・・。

 

あと座学が終わるごとに、小テストがあるのですが、

私は常にヘロヘロの状態で、

座学の内容が全く頭にはいってきませんでした。

なので当然、点数はボロボロでした。

f:id:Haruosan:20170121054852p:plain

そして最後に待っているのが

鬼のロープレです。

 

の、前に夜のゴハンがあります。

 

揚げ物だらけの晩御飯

晩御飯だけは個人的には最高でした。

 

カラアゲ・天ぷら・酢豚・トンカツ・・・・

 

ギットギトの油の塊に

私は大興奮でした。

f:id:Haruosan:20170119075044p:plain

タケルくんは

「なんでこんな脂っこいモンばっかりなんだよ・・」

とイライラして言っていました。

f:id:Haruosan:20170121113933p:plain

他の研修生もウンウンと同調します。

 

3日目には、

脂っこすぎてゴハンを残す人が続出しました。

 

いやぁ・・・・でも脂っこいモノってオイシイですよね!

鬼のロープレ

晩御飯を食べ終り、お風呂に入ると

 

また体育館にみんな集められます。

 

そして行われるのが

ロープレです!!!!!!

f:id:Haruosan:20170121115233p:plain

これが一応研修のメイン?になるんだと思います。

 

なにそれ?って思われるでしょうが・・・・・

私も語源は知りません!

 

たぶんロールプレイングの・・・・ロール?

「そのキャラ(役)に成りきる」

みたいな意味じゃないかと・・・。

 

なにかっていうと

お客さんの社長役=サイトウさんと

営業マン役=研修生に分かれて

 

「なりきって練習をする」っていう事ですね。

f:id:Haruosan:20170121124145p:plain

ムキムキのインストラクターサイトウさんが社長役

私たちは営業マンで「商品を売り込みます」

 

サイトウさんはロープレを始める前に

 

「オレはこころをにしてお前たちの営業を断る!」

「全力で売り込みにこい!」

f:id:Haruosan:20170121123215p:plain

 

そんな事を言って・・・・

 

この人はやりたい放題始めます。

 

みんなの見ている前で

自分に一人ひとり営業をさせていくのですが・・・。

 

鬼のサイトウさんは

 

みんなの必死の営業に対して

ガンガンお断り(アウト)を入れてきます。

 

「うるせえ!かえれ!!!」

「お前の話聞いてる時間がもったないんだけど?」

「声が小さくて聞こねえんだよ、ヤル気ねえなら帰れよ!」

f:id:Haruosan:20170121124436p:plain

などなど、暴言吐きまくりでした。

 

かと言ってすぐ諦めてしまうと、

「何してんだ!やりなおせ!」

と言われます。

 

(それ研修とか関係なくストレス発散にやってるんじゃ?)

とかちょっと思ってしまいました。

 

f:id:Haruosan:20170121124648p:plain

みんなが見ている前で「営業をする」

っていうのは・・かなり精神的にくるものがあります。

 

私は平気でしたが・・

私の新人の同期達はどうだったんでしょうか・・・。

 

ちなみにタケルくんはやっぱりお話が上手で

どんな暴言を吐かれても

「そこをなんとか!!!」

f:id:Haruosan:20170121125002p:plain

と粘って粘って粘って・・・・・・・・・・

 

30分後

 

なんと鬼のサイトウさんも、タケルくんの粘り強さに折れたのか

「わぁかった!お前と契約してやるよ!」

と研修生の中で唯一契約までこぎつけていました。

f:id:Haruosan:20170121130156p:plain

研修生のみんなも、その光景を見て、

「おおお~」と盛り上がります。

 

私もビックリしました。

(すごい・・タケルくんは頑張るなぁ・・・)

 

こうして、サイトウさんとタケルくんは

契約のために書類を交わす事になるのですが・・・・・。

 

しかし!

契約書を書いている途中・・・・・

 

サイトウさんが突然

「あっ」と言いました。

f:id:Haruosan:20170121142150p:plain

みんなビックリしてサイトウさんを見つめます。

 

するとサイトウさんは

「お前の字きたねえから、契約やめるわ~」

と言い出して

 

タケルくんの目の前で

契約書をビリビリッと破り捨ててしまいました。

f:id:Haruosan:20170121125900p:plain

ああ・・・サディスト

タケルくんは苦笑いしていました。

 

毎晩行われるこの愉快なロープレ

みんなの心をガリガリ削っていったようです。

ポイント制度

その日、

共同部屋に戻ると、

 

タケルくんがイライラしながら

みんなの前でこう言いました。

 

「お前らはいいよなぁ!!・・気楽でよぉ・・・・・」

f:id:Haruosan:20170121133843p:plain

話を聞くと、

タケルくんはA社(親会社)の人間だから

みんなよりポイントが低いと怒られてしまうんだとか・・。

 

(そうかぁ・・だからタケルくんは必死だったのか・)

 

うんうん

 

(ポイント!?)

f:id:Haruosan:20170121133319p:plain

 

初耳でした・・・なんとこの研修

f:id:Haruosan:20170121054719p:plain

A社の人達にポイントで評価され

 

そのポイントと研修生の順位が会社に報告されるそうなのです!

 

(ああ・・・・マズイ・・部長に殺される)

f:id:Haruosan:20170121134045p:plain

そう思いましたが、もう後の祭りでした・・・

三色ボールペンで刺された左胸がズキズキと痛みます。

 

消灯前のトランプ

しかし3日も寝食を共にすると、

みんなもそれなりに気心が知れてきます。

 

ワキアイアイ

 

誰かが持ってきたトランプで

消灯前に遊んだりしていました。

f:id:Haruosan:20170121142648p:plain

私はもうこの時にはフラフラの状態でしたが、

何か楽しかった事を覚えています。

 

私はモチロンこの共同部屋でも浮いた存在でしたが、

他のみんなは、メールや携帯番号等を交換して

友情を深めていたようでした。

疲れ疲れ疲れ

なんやかんやで4日が過ぎて

ここまで何とかやってこれましたが・・・・。

f:id:Haruosan:20170121054453p:plain

私の疲れはピークに達しようとしていました。

 

なにせココ数ヶ月の間に

 

婚約者と修羅場になり別れ

同僚の死を知り

会社を辞め

就職活動

新しい職場

 

そしてこの厳しい研修・・・・

 

と立て続けに

負担がかかる事件が重なってしまったからです。

 

🔻婚約者の話の記事はコチラです。

www.keikubi.com

 

🔻転職活動と同僚の死の話はコチラの記事になります。

www.keikubi.com

 

まぁ全て自分の責任ではあるのですが・・・・

こういう精神的、肉体的負担が重なったおかげで

 

この時期に

「警察官をクビ」になってから長いお付き合いをしている

「うつ症状」が悪化してしまったのです。

f:id:Haruosan:20170121140959p:plain

この研修中は疲れのせいか、かなり症状が酷く

もうフラフラで意識が飛びそうになったり、

 

4日目には立っているのがやっとの状態でした。

 

5日目

フラフラになりながら、

早朝のランニングを何とかこなしました。

f:id:Haruosan:20170121145259p:plain

そして事件は5日目の昼に起きました。

 

座学と小テストを終えて、

お昼を食べて、

その日も教場?に集まると

サイトウさんとA社のスタッフが笑顔で待ち構えています。

f:id:Haruosan:20170121151531p:plain

「はい、じゃあみんな!」

 

サイトウさんが手をパンパンッと鳴らします。

 

そして確か・・

こんな事を言っていたように思います。

 

「もう共同生活も5日目になりましたので、

お互いの事がよくわかってきた頃だと思います・・。」

 

「なので!」

 

「今日はみなさんに、

お互いの悪いところを指摘しあってもらいます!」

f:id:Haruosan:20170121151811p:plain

 

あの・・・・

サイトウさんの楽しそうな笑みだけは忘れられません。

 

この人好きなんだろうなぁ・・・(この仕事が)

f:id:Haruosan:20170121152451p:plain

まぁ・・・・この時のわたしには・・・

そんな事を考えている余裕もなく・・・

この数時間後に倒れてしまうんですが・・・。

 

 

つづく