読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

クソ人生の人へ「ダークファンタジー」

超ブラック企業を辞めてからの就職活動の話

最悪のブラック企業編

 

当時、私は約三年間在籍した

月収が10万にも満たない「超ブラック企業」を退職したばかりでした。

 

(早く新しい仕事を見つけなきゃ・・・)

 

そう焦る気持ちとは裏腹に

 

私の就活状況は「絶望的な状況」でした。

 

f:id:Haruosan:20170109184202p:plain

就職先が見つからなかった理由

理由・・・・それは

当時の私の経歴を見て頂ければ一目瞭然だと思います。

 

🔻コチラです。 

地元の最低ランクの高校を卒業

警察官・・・・・・・・半年でクビ

アルバイト・・・・・・2年ちょい位

家具家(死後清掃業)・1年で退職※のち倒産

飛び込み営業の会社・・3年で退職

 

 

ご覧の有様です。

これはヒドイ

 

f:id:Haruosan:20170109184445p:plain

こんな「わけのわからない経歴の男」を雇う

「まともな会社」があるでしょうか?

 

今考えても・・・うーん、難しいように思えます。

(個人的な意見です) 

しかし、就職活動をしないワケにはいきませんでした・・・。

ハローワークに行こう

当時、私の地元のハローワークは

常に「大混雑」でした。

f:id:Haruosan:20170109184644p:plain

不況の影響もあったのでしょうか?

 駐車場も常に満車状態で、

「入る」だけでも一苦労でした・・・。

 

何とか車を停めて、ハローワークに入ろうとすると

入り口には「警察官」が数名立っています。

f:id:Haruosan:20170109184827p:plain

ナゼ警察官がいるのか?と言いますと・・・。

ハローワークで暴れる求職者がいるからです。

 

私も何度か、その現場に出くわした事があります。

 

酷かったモノを例にあげますが、

 

「話とちげぇじゃねえか!ふざけんなよ!」

座っている椅子を職員の人に投げつけたり・・・・。

f:id:Haruosan:20170109185012p:plain

「オレの仕事を見つけるのがお前の仕事だろ!」

と職員の人に掴みかかったりしていました。

f:id:Haruosan:20170109185131p:plain

これは私の住んでいた田舎だけの話でしょうか?

とにかく、私が通っていたハローワークの治安は最悪でした。

f:id:Haruosan:20170109185335p:plain

もちろん私はハローワークで暴れたり、

暴言を吐いたりした事はありませんが・・・・

仕事が見つからず、

不安を抱えて

焦っている気持ちは・・十分に理解できました。

 

(自分も同じだ・・・・)

f:id:Haruosan:20170109185545p:plain

暴れたり、叫んだり、イライラしてる様子

求職者たちの様子を見ながら、私はそう思っていました。

 

私もハローワークを通じて、

「営業マン募集」の面接を数社受けてはみましたが、

ことごとく「お断り」されており、頭を抱えておりました。

 

(もう、社会復帰は無理かもしれない・・・・)

f:id:Haruosan:20170109185758p:plain

そんなネガティブな事を考え始めた頃

前に勤めていた「超ブラック企業」の社長から1本の電話がありました。

社長からの電話

f:id:Haruosan:20170109185915p:plain

社長からの電話内容は

「最後の分のお給料をとりにきて欲しい」という話しでした。

 

久しぶりに聞く社長の声は懐かしく、

不覚にも「ホッとしてしまった」のを覚えています。

 

そして、社長は話しにこう付け加えます。

「みんなが営業に出た後、14時頃に来てもらえるかな?」

 

なぜ、こう言ったのかといいますと、

職場の空気を異様に重視する会社なので

今いる従業員に「辞めた私の姿」を見せたくないからです。

f:id:Haruosan:20170109190232p:plain

(この感じ、懐かしいなぁ・・・・)

 

そう思いつつ

 

特に断る理由もないので、すぐ了承して

次の日の14時頃に、前の職場へと向いました。

f:id:Haruosan:20170109190035p:plain

就職活動とは全く関係無い話なのですが、

私には、どうしても社長に聞きたい話があったのです。

 

最後の出社

f:id:Haruosan:20170109190403p:plain

2ヶ月ぶり位?に会社に行くと

相変わらず、何も無いガランとした部屋が広がっています。

 

(懐かしいなぁ・・・)

しかし、社長の姿が見当たりません。

 

この時間になると、パートの事務員さんがいるので

話を聞いてみると

「社長はどこかに出かけました~」と言います。

f:id:Haruosan:20170109190550p:plain

(はぁ・・・・・まぁ、あの人はそういう人だ・・)

黙って事務員さんからお給料を受取り、帰ろうとしたその時、

 

(いや、まてよ・・・事務員さんなら知ってるかもしれない)

 

そう思って、振り返ります。

f:id:Haruosan:20170109190645p:plain

私は、2年ほど前に「いなくなった」

一人の同僚の事が気になっていたのです。

 

私は恐る恐る、事務員さんに

「シマくんがどうして辞めたのか知りませんか?」

と聞いてみました。

 

私も課長という役職があり、

事務員さんとも3年間の付き合いがあったのですが、

まともに喋るのは実はこれが初めてでした。

f:id:Haruosan:20170109190816p:plain

事務員さんはキョトンとしながら、

「シマくん?亡くなったの知らなかったの?」

と言いました。

 

あまりにもビックリし過ぎて、声も出ませんでした。

f:id:Haruosan:20170109190935p:plain

シマくんと私は

高校3年間同じクラスだった同級生だったのです・・・・・。

会社の特殊なルール

 

私がこの超ブラック企業に勤めていた約3年間の間

辞めていった従業員の数は300人を超えます。

f:id:Haruosan:20161203171916j:plain

しかし、辞めていった従業員が

なぜ辞めたのか?

いつ辞めたのか?

という話基本的には耳に入りません。

 

と、言うよりも、耳に入れないようにしていました。

なぜなら、悪い話を聞くと

「職場の空気が悪くなり」▶「自分の営業成績も悪くなる」

そういう教えがあったからです。

f:id:Haruosan:20170109191230p:plain

なので大原則として

「辞めた従業員の話はしてはならない」

というルールがあったのです。

 

私は課長という役職があったにも関わらず

 

(最近◯◯くん来ないなぁ~)と思った時

社長に

わたし:「◯◯くんどうなりました?」

社長 :「やめたよ」

わたし:「そうですか」

f:id:Haruosan:20170109191354p:plain

という程度の会話しかしなかったのです。

 

なので、シマくんが会社に来なくなった時も

私には何の情報も入ってこなかったのです。

そして、それを「聞いてはいけない」

という暗黙の了解があったので、

私はこれまで、シマくんの行方を聞けずにいたのです。

f:id:Haruosan:20170109191453p:plain

シマくん

f:id:Haruosan:20170109191750p:plain

ああ・・・シマくんは

私の高校時代のクラスで中心的な人物でした。

 

顔も男前で、

明るく、

運動神経も良く

人当たりも良かった彼は

男女限らず、人望の熱い人物でした。

 

友人の居なかった私にとって

彼は、遠い憧れの存在だったのです。

f:id:Haruosan:20170109191956p:plain

高校卒業後、まさか・・・・

こんなブラック企業で再会するとは

夢にも思っていませんでした。

 

入社した時、シマくんの顔を見た私は

(マズイ!!!!!)

そう思いました。

f:id:Haruosan:20170109192125p:plain

彼は、私が警察官になった事を知っていたからです。

シマくんも私の顔を見て驚いた表情をしていました。

 

(コイツ・・・・警察官になったはずじゃ・・・?)

 

その表情はそう思っているように見えました。

(被害妄想かもしれません)

 

私は、警察官をクビになった事

人にバレてしまう事を恐れていたのです。

f:id:Haruosan:20161217162821p:plain

 

しかし、シマくんは警察官の話には一切触れず、

笑顔で私を迎え入れてくれました。

f:id:Haruosan:20170109192336p:plain

たぶん、薄々感づいてはいたのだとは思いますが・・・。

 

私は・・・シマくんの優しい気遣いに感謝していました。

会社の中心だったシマくん

f:id:Haruosan:20170109192545p:plain

シマくんは私の入社当時

課長という役職もあり、会社でも中心的な人物でした。

 

営業成績も常にトップで

みんなの前でよく

「将来は自分の会社を持つのが夢なんだ!」と言っていました。

 

ここでも彼は人望が厚いようで、みんな悩みや相談があると

真っ先にシマくんの所にいっていました。

f:id:Haruosan:20170109192952p:plain

私はそんな彼の姿を見て

(やっぱり、シマくんは凄いなぁ・・・)

と学生時代と同じように、ただただ憧れの目で見ていました。

f:id:Haruosan:20170109193103p:plain

しかし、入社して数ヶ月、私が課長に昇進した頃

 

シマくんが急に会社に来なくなったのです。

 

シマくんの病気

f:id:Haruosan:20170109193208p:plain

(おかしい・・・・)

彼はとても会社を辞めるような人物には思えませんでした。

 

しかし数週間すると、シマくんは普通に出社してきました。

 

(良かった・・・・辞めてなかったのか)

私は心から安心しました。

 

しかし、彼の様子は・・・・あまりにも異常でした。

 

顔色が悪いのです。

f:id:Haruosan:20170109193410p:plain

悪い・・・・

といいますか、その顔は紫色に染まっていました。

 

明らかに「何かの病気」です。

 

しかし、彼は満面の笑みで病気の話など一切しません。

そもそも「病気」の話をするのは会社では禁句でしたが・・・・。

 

それから彼は出社したり、しなかったりを

何ヶ月も繰り返していたように思います。

 

私が朝礼で成績優秀者として表彰された時にしていた

シマくんのくやしそうな顔が、今でも忘れられません。

f:id:Haruosan:20170109193647p:plain

いや、無念の表情だったのかもしれません。

 

その頃には、シマくんはもう「朝出勤してくるだけ」

飛び込み営業はしてなかったのだと思います。

 

とても回れるような体調ではなかったのでしょう。

 

しかし、シマくんには自分の部下がいました。

責任感の強い彼は、

病気の体で無理をして出勤をしていたのだと思います。

f:id:Haruosan:20170109193842p:plain

そして、ここからが事務員さんに聞いた話になります。

 

大きな罪

ある日、シマくんは道端で倒れてしまったそうです。

そして・・・・発見された頃にはもう

手遅れだったのだと・・・。

f:id:Haruosan:20170109194135p:plain

その知らせを聞いた社長は

お葬式には出席したそうです。

しかし、やはりこの情報はネガティブだという事で

会社のみんなには知らせなかったのです・・・・。

f:id:Haruosan:20170109194309p:plain

なんだろうか・・・・・・・これは

 

これは自己責任の話なのでしょうか?

 

こういう時、社長はよく

「自己責任」という言葉を使っていました。

 

「会社と自分には責任は無い」という事です。

 

たしかにシマくんは、自分でこの会社を選び

自分の意思で病気を押して出社してきたのでしょう。

f:id:Haruosan:20170109193410p:plain

私達の契約形態も「正社員」ではなく

「個人事業主」扱いですから・・・・

法律の事はよく知りませんが

「会社に責任は無い」と言われればそうなのかも知れません。

 

話を聞いた時、

この怒りをどこに向ければいいのか、

私にはわかりませんでした。

f:id:Haruosan:20170109194925p:plain

今でも・・・よくわかりません。

 

しかし、愚かな私は

自分が3年間どれだけ罪深い事をしてきたのか

この時はじめて自覚したのです。

f:id:Haruosan:20161203160543j:plain

私はこの超ブラック企業で

課長になり、1次面接の面接官を務め、

多くの社員を会社に引き入れる手伝いをしてしまいました。

f:id:Haruosan:20161205134246j:plain

無理に引き止めたり、無理に勧誘した事はありませんでしたが、

役職者として責任ある立場にいた以上

私の罪は決して軽くはありません。

 

このままでいいのだろうか?

「自分も社長に洗脳されていた被害者なんだ!」

そう言えば済む話なのでしょうか?

 

この話を聞いた時に

(就職活動をする前に、やるべき事があるのではないか?)

そう思えてなりませんでした。

 

辞めていったみんなは、今どうしているのだろうか?

無事に生きているのだろうか?

 

こうして私は就職活動の前に

とるにたらない、ごくわずかな償いを始める事にしたのです。

 

つづく

f:id:Haruosan:20170109195349p:plain

 

🔻 続きはコチラです。