読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

ブラック企業が考えた「1月」に退職者を出さない方法の話

1月

私のいた超ブラック企業にとって

年の始まりは責任者の間で

「厳戒態勢」が敷かれる事になります。

f:id:Haruosan:20170106023518p:plain

なぜなら・・・・・

1月はブラック企業にとって

「離職率」がグッと上昇する危険な月だからです。

f:id:Haruosan:20170106023822p:plain

 

なぜ離職率が上がるのか?

 

それは、

年末休みに家族や友人と再会した

憐れな超ブラック企業社員達が、

普段接する事の無い「良識ある一般人」と接する事で

 

「あ、うちの会社っておかしいかも?」

 

と、この世界の真実に気がついてしまうからです。

f:id:Haruosan:20170106024200p:plain

ヘタをすると、

1月になって出勤すらしてこない知恵者もいます。笑

新年の初出勤日、自分の部下が誰一人出勤して来なかった

あの日の事を今でも覚えています・・・・・。

 

f:id:Haruosan:20170106024331p:plain

今考えると、こんなまともに給料も払えないブラック企業

スグ辞めるのが正解だったと思います。

(私は後悔していませんが)

 

しかし!少なくとも、1月に出勤してきた社員に対しては

モチベーションをグッ!と上げる

「何か」をしなければいけないのです。

 

そう、そこで!

我が社では

「ハイテンション出勤」

という特別企画が持ち上がったのです。

f:id:Haruosan:20170106024844p:plain

ハイテンション出勤開始のキッカケ

事のはじまりは、社員の一人ヨシさんが

両足とも、「別々のクツ」で出勤して来た事でした。

f:id:Haruosan:20170106025027p:plain

それを見た従業員達は

 

大爆笑

f:id:Haruosan:20170106025235p:plain

みんな

「すげえ!」「まじかよ!」

と笑いながらヨシさんを褒め?ていました。

 

褒められて、ヨシさんもどこか誇らしげな顔をします。

 

(それはヨシさんが・・精神的に病んでいるからじゃ・・・)

と私は内心焦りましたが、考え過ぎでしょうか?

f:id:Haruosan:20170106025411p:plain

とにかくこの光景を見た社長は

(これは使える・・・・)

と確信したそうです。

f:id:Haruosan:20170106025541p:plain

そして次の日、

さっそく社長が朝の朝礼で

「今日から1週間、ハイテンション出勤をやろう!」

と言い出したのです。

 

(ハイテンション?)

 

ハイテンション出勤とは

・1週間の間、毎朝ハイテンションで出勤する

・元気の無かった社員は帰らせる(これはいつも通り)

・1週間後に投票で、優勝者を決める

(優勝したら社長がゴハン奢ってくれる)

というモノでした。

f:id:Haruosan:20170106025713p:plain

理由はどうあれ・・・

朝元気良く出勤する事は、良いことです!

モチロン私も大賛成でした!

 

ハイテンション出勤のはじまり

f:id:Haruosan:20170106025853p:plain

次の日の朝

「おはようございます!!!」

 

と、みんな

いつも以上に元気よく出勤して来ました。

 

(うんうん・・・・素晴らしい)

 

うちは営業会社なのですから、元気は大事です。

元気なアイサツを聞いていると、

何だかコッチまで元気になってきます。

 

しかし、みんな3日目にはすっかり飽きてしまい

ドンドン新しい刺激を求め始めます。

 

始まりは

「ジャンピング出勤」でした。

 

「おはようございます!」と言うのと同時に

大の字にジャンプしながら出勤してくる、というものです。

f:id:Haruosan:20170106030025p:plain

ハッハッハ・・・・

 

これを見た瞬間、

他の従業員達の闘争本能に火がつきました。

一番おもしろいのは誰なんだ・・・・。

 

すると次の日

「おはようございます!!!」

と言って水着で出勤してくる者が現れました。

しかもビート板をサーフボードのように持っています。

f:id:Haruosan:20170106030255p:plain

これにはまたみんな

大爆笑

しかし、それを見た従業員の一人が

対抗意識を燃やした結果

 

シャツを脱いで

真っ赤なパンツ1枚で

「オハヨー!」と再度出勤してきたのです。

f:id:Haruosan:20170106030545p:plain

 

(これはマズイ・・・・)そう思いましたが

 

みんな、これもまた大爆笑 

 ・・・・・でしたが、

f:id:Haruosan:20170106030800p:plain

「下着はセクハラになるので禁止!」

と社長から下着出勤禁止令が出されました。

f:id:Haruosan:20170106031010p:plain

それは・・・・・そうでしょう。

 

とはいえ、火の付いた社員達は

ハイテンション出勤選手権の最終日に向けて

とっておきの準備をしているようでした・・・・・。

f:id:Haruosan:20170106032057p:plain

ハイテンション選手権、最終日

最終日、みんなとっておきの

ハイテンションを見せつけてきました。

 

いや、

これはハイテンションというよりも

ハロウィン大会になっていました。

(みんなが盛り上がるなら何でもいいんですが・・・・)

 

叫んだり、モノマネをしたり

オペラ?みたいなのを歌いながら出勤してきたり

凝ったモノだと

サンタクロースのコスプレ

(夜の店で使ってたヤツだそうで)

ソーセージ?のコスプレ???

なとなど・・・・。

(あとなんだか中途半端だったので忘れました)

f:id:Haruosan:20170106032516p:plain

しかし一番歓声が上がったのは

女装したイケメン社員でした。

f:id:Haruosan:20170106032754p:plain

バッチリメイクにウィッグ?

どこから持ってきたのか・・・・。

キャンペンガール?の服に

胸に詰め物まで入れています。

 

すごい!いや美しい!

やはり、イケメンは強い。

 

社内は大興奮でした。

f:id:Haruosan:20170106033105p:plain

優勝は彼で決まりだろうか?

誰もがそう思っていたでしょう・・・・。

 

しかし、真打ちは

「足を引きずりながら」

最後の最後にやってきました・・・。

f:id:Haruosan:20170106033415p:plain

血まみれの優勝者

朝礼の開始は9時なのですが、

みんな5分前には出勤してきます。

f:id:Haruosan:20170106033937p:plain

そして朝礼が始まろうとしたその時

「おはようございます!!!」

と会社の入り口から、大きな声が聞こえました。

 

新人のサダさんだ

f:id:Haruosan:20170106033713p:plain

サダさんは12月に入社したばかりの

「自称元ホスト」です。

 

元気は良いのですが、

特にコスプレ等をしている様子はありません。

 

一応課長だった私が

「おはようございますー」

とサダさんを迎え入れます。

 

サダさんの出勤時間が9時ギリギリだったので、

「もう少し早く着てくださいねー」と言おうとしたのです。

f:id:Haruosan:20170106034128p:plain

しかし・・・サダさんの様子がおかしい

右足をズルズル引きずっているのです・・・・・。

そして、足を抑えている手とズボンにはが付いています。

f:id:Haruosan:20170106034304p:plain

(えええ・・・・・・・)

なんでだ・・・・。

 

朝礼のために集まっていた

みんなの視線がサダさんに集まります。

 

視線が集まった事に気づくと

サダさんはニヤリと笑い、大きな声で

「彼女に刺されちゃいました!!!!」

と満面の笑みで叫びました。

f:id:Haruosan:20170106034457p:plain

(ええええ・・・・)

 

みんなは

「うおおおおおおおおお!!!!」

という大歓声と共に

f:id:Haruosan:20170106033105p:plain

やっぱり大爆笑でした。

 

「すげえ!すげえ!」

「マジかよ!」

 

みんな口々に「すげえ」と「マジかよ」を連呼しています。

 

(笑うんだ・・・・)

ここまでのハイテンション出勤で作られた

異様な空気感のせいもあったのでしょうが

 

元犯罪者だらけのブラック企業ですから、

やはり感覚が違うのでしょうか・・・・・。

f:id:Haruosan:20170106034710p:plain

私は彼の血まみれの足を見て、

チョット気分が悪くなりました。

(吐き気的な意味で)

 

みんなサダさんの話に食いつきます。

 

「だれに刺されたんじゃ?」

「ケンカか?」

 

みんながサダさんに事の顛末を聞くと

サダさんの足を刺したのは、同居している彼女だそうです。

f:id:Haruosan:20170106034821p:plain

サダさんは以前、みんなの前で自己紹介をした時に

 

ずっと、彼女の家でヒモ生活をしている事を話していました。

f:id:Haruosan:20170106035234p:plain

しかし、毎日疲れて帰ってくる彼女を見て

(このままじゃいけない・・・)そう思ったそうなのです。

f:id:Haruosan:20170106035343p:plain

彼女さんはホステスとかキャバ嬢?とか言ってた気がします。

 

入社後の自己紹介の時に

「これ以上彼女に迷惑かけられないんで!この会社でがんばります!」

と言ったサダさんに対して

 

みんな

「おーがんばれよー」とか応援の言葉を言っていました。

f:id:Haruosan:20170106035513p:plain

彼女の愛が・・・サダさんを変えたのですね・・・・。

(いい話だ)

 

しかし、就職が決まったサダさんから

「オレ・・・これから頑張って働くよ」

 

と就職の話を聞いた彼女は

 

激怒しました。

 

「なんで会社なんていくの?」

「ずっと家に居てくれなきゃヤダよ!!!」

f:id:Haruosan:20170106035736p:plain

 

彼女はサダさんに

「ヒモ」で居てほしかったのです。

 

まさか彼女がそんな事を言うとは思ってなかったサダさんは

パニック状態だったとか・・・・。

 

時折、こんな話をサダさんはみんなの前でして

「オレ働くってのに!おかしいよな!」

とみんなの笑いを誘っていました。

 

いやー愉快な人です。

こういう人だからこそ、ヒモである事も許されたのでしょうか?

 

それから毎朝、サダさんと彼女さんは

会社に行く、

行かないで大喧嘩していたそうなのですが・・・・・

 

サダさん:「どいてくれ!おれは働くんだ!」

彼女:「ヤダ!行かないで!」

 

それでもサダさんが、強引に出勤しようとすると

 

ハイテンション出勤の最終日の朝、ついに

彼女さんがキッチンにあった調理用の尖った棒を持ち出して

f:id:Haruosan:20170106040134p:plain

サダさんの、フトモモめがけてグサッと突き刺したそうなのです・・・・。

f:id:Haruosan:20170106040446p:plain

 

後日サダさんから

「彼女はケガさせれば出勤しないと思ったんだって~」

と聞きました。

 

(な、なるほど~)

 

足をケガしたら動けませんもんね・・・・。

 

私もその場にいたわけではないので、

詳しくはわかりませんが・・・。

 

まぁ・・・という事なのだそうです。

 

しかし!

足を刺されたサダさんは

痛みよりも、瞬時にこう思ったそうです。

 

(これめっちゃおいしいじゃん!!!!)

 

f:id:Haruosan:20170106040625p:plain

今日はハイテンション出勤の最終日、

これをネタに絶対出勤して優勝してやる!

と思ったそうなのです・・・。

 

(な、なるほどぉ・・・・・)

凄まじい根性・・・・・?

 

その話を聞いて

 

みんな、さらに大爆笑

f:id:Haruosan:20170106033105p:plain

社長は終始困惑していましたが、

 

みんなが「サダが一番!!!」

と言い出したので

 

もう仕方がありません・・・・。

社長も

「じゃあ優勝はサダくん!!!!」

と高らかに宣言しました。

f:id:Haruosan:20170106041835p:plain

こうして・・・・・

やる気の出にくい1月を乗り切るために始めた

ハイテンション出勤の企画は無事大成功?に終わりました。

 

やっぱり・・・

元気よく出勤する事は大切ですよね!!!!!

 

ちなみに、

サダくんは、その後すぐに病院に連れて行かれました。

f:id:Haruosan:20170106041620p:plain

そしてちゃんとブラック企業の仕事に耐えきれず

1ヶ月ほどで無事ヒモ生活へと戻っていきました。

f:id:Haruosan:20170106035234p:plain

きっと・・・・・・

今でも二人で仲良く生活している事でしょう。

 

オシマイ