読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログ

死後清掃であった「石だらけ」の不気味な現場

 

緊急の連絡

f:id:Haruosan:20170103083732p:plain

 

家具家の店員として

いつも通り、1トン車で家具の配達をしていると

プルルルッと携帯電話が鳴りました。

 

(あっ、マネージャーからの業務連絡だ)

 

反射的にそう理解します。

 

友人の居ない私の携帯が鳴る、という事は

100%

必ず

会社からの「業務連絡」だからです。

 

急いで電話に出ると

 

「おう・・・兄ちゃんか?」

と、低いダルそうな声が聞こえます。

 

(あれ?マネージャーじゃない?)

 

電話の主は、

意外な事に「死後清掃の現場管理」をしている

「怖いお兄さん」でした。

f:id:Haruosan:20170103083953p:plain

声を聞いた瞬間

(なんで私の携帯番号を知ってるんだろう・・)

と、ちょっとドキッとしました。。(恐怖で)

 

怖いお兄さんは

「いま、お兄ちゃん◯◯地区にいるだろ?マネージャーには言ってあるから、

そのままコッチの現場に来てくれないかな?」

と簡潔に用件だけ伝えてきました。

 

(うっうっ・・・今日は早く帰れそうだったのに・・)

これは多分長引くぞ・・・・・と少し泣きそうになりました。

 

なにせ当時、私は半年間無休という

ハードスケジュールで仕事をこなしていたからです。

f:id:Haruosan:20170103084209p:plain

しかし、私の口から出る言葉は一つだけです。

 

「す、すぐ行きます!」

 

お兄さんに不快な思いをさせてはいけない、

そう精一杯明るく応えると、

私はトラックを死後清掃の現場へと走らせます。

 

待っているのは・・・・・

もちろん・・・・・・・・・・・・・・。

 

不気味な現場

 

現場に着くと

タバコをプカプカ吸っている

怖いお兄さんを見つけて、小走りで駆け寄ります。

 

私がアワアワしながらお兄さんに挨拶をすると

f:id:Haruosan:20170103084328p:plain

お兄さんは私に背を向けると

「こっち、着いてきてー」

とだけ言って、現場へと歩き出します。

 

現場はいつも通りの「ぼろぼろのマンション」です。

f:id:Haruosan:20170103084712p:plain

その現場の部屋は、マンションの3階にありました。

 

部屋の前に着くとお兄さんがこう言いました。

 

「クツは脱がなくていいからね」

 

(またかぁ・・・・)

私はウンウン、とうなずきます。

 

クツを脱がなくていい、という事は

現場の状況が「悪い」という事です。

 

私は、部屋に入る前に

と小さく息を吸って、ハァーと吐き出して

自分に「喝」を入れました。

f:id:Haruosan:20170103084817p:plain

何せ私は

とてつもなく疲れ切っていましたから・・・・・。

 

異様な玄関

f:id:Haruosan:20170103084931p:plain

玄関に入ると

そこには

異様な光景が広がっていました。

 

「石」です。

大量の「石」が転がっているのです。

 

f:id:Haruosan:20170103085023p:plain

玄関の入り口から部屋の奥まで

石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石、石・・・・・・・・。

f:id:Haruosan:20170103084534p:plain

玄関の入り口から、

床にも

タンスの上にも、

ものすごい数のが無造作に置かれていました。

 

不気味

 

大量に置かれた石を見ていると、背筋がゾゾゾッとしました。

何だか虫の大群を見てしまった気分に似ています。

f:id:Haruosan:20170103085209p:plain

ゴミ屋敷を作ってしまう原因は「寂しさ」だとTVか何かで聞いたことがあります。

今考えると、コレもその一種だったのでしょうか?

 

石が好きだったのでしょうか?

 

部屋の主はもちろんんでいますから

理由はもうわかりません。

f:id:Haruosan:20170103085326p:plain

しかし、玄関先に置かれた石をジィーと見ていると

 

「ここから先に入るな」

そう言われているように感じました・・・・。

 

f:id:Haruosan:20170103085539p:plain

そこでついつい

(・・・・・なんでこんな・・・・)

と何かを考えそうになりましたが、

 

この仕事は深く考えるとツライ事が沢山あるので、

急いで「思考停止モード」に入ります。

f:id:Haruosan:20170103085712p:plain

 

 

いやいや、危ない危ない・・・・・

 

すると怖いお兄さんが言います。

「この石を全部、どこかに捨てといて、

あと、欲しいモノがあったら持ってっていいから」

 

と、言うことで私に課せられた使命は2つ

・石を全部捨てる

・金目のモノを回収する

非常にシンプルです。

 

私は「思考停止モード」なので

機械のように、ウンウンとうなずきます。

f:id:Haruosan:20170103085846p:plain

それだけ言うとお兄さんは、どこかへ行ってしまいます。

 

・・・・・・・まずは一旦、車に戻って装備を整えます。

 

配送用トラックなので、いつものような装備は載せていませんが、

 

軍手とバケツ位なら載せてあります。

 

軍手をキュッとはめると、

理由はわからないのですが、少し勇気が出ます。

f:id:Haruosan:20170103085954p:plain

あと石を運ぶために、バケツを2つ両手に持つと部屋に戻ります。

 

そして玄関に入ると、2つのバケツを床に置きます。

 

(よし!!!!!)

 

そして何も考えず、

両手で石を掴んで、バケツにポイポイ入れ始めます。

f:id:Haruosan:20170103090121p:plain

このは何なのか?

何のために置かれているのか?

 

そういう事を「考えない出さない」為に、

ひたすらハイスピードで石をバケツに入れ続けます。

f:id:Haruosan:20170103090250p:plain

石は特別?なモノではなく、

その辺りに転がっている「拳位のサイズの石」でした。

 

バケツに石を詰め込んで、を持ち上げると、

 

ズッシリ凄まじい重さがあります。

f:id:Haruosan:20170103090406p:plain

(重い・・・石を入れすぎた・・・・)

 

これではバケツ私の腕が壊れてしまいます。

なので少し石をバケツから外に出します。

 

f:id:Haruosan:20170103090518p:plain

しかし、これで作業は終わりではありません。

石が入った2つのバケツを持って、

さらに3階から1階まで、階段を降りなければいけません。

 

フラフラしながらバケツを持って、階段を降ります。

f:id:Haruosan:20170103090633p:plain

その姿はやっぱり目立つのか、

近所の人がジロジロ見てきます。

 

しかし私は目を合わせず、歩き続けます。

 

(うう、腕が痛い・・・・・)

 

階段の途中で1度バケツを置いて休憩をしたものの、

何とか1階まで辿り着くと、

 

地面に石をゴロゴロと撒きます。

f:id:Haruosan:20170103090745p:plain

やはり近所の人がジロジロ見てきますが、

気にしている余裕はありません。

 

そして、再び部屋へと戻ります。

 

この作業をひたすら、繰り返す事になります。

f:id:Haruosan:20170103090406p:plain

2時間位たった頃でしょうか?

 

玄関と廊下に置いてあった「石」は大体片付ける事が出来ました。

 

その頃にはもう、

最初に感じていた不気味な気配はどこかにいってしまいました。

 

そんな事より、腕と腰の痛みの方が

重大な問題になっていたからです。

f:id:Haruosan:20170103090907p:plain

(イタタタタ・・・・)

 

キッチンを見ると、緑色の古い冷蔵庫が目に入ります。

残念ながらゴミです、お金にはなりません。

f:id:Haruosan:20170103091024p:plain

キッチンを見渡しても

お金になりそうなモノはありませんでした。

 

転がっている石を回収しながら「金目のモノ」を探します。

 

(あっ!!!!そういえば)

 

大事な事を思い出しました、玄関の石に夢中で

「死体現場」を確認するのを忘れていたのです。

f:id:Haruosan:20170103091221p:plain

いつもは真っ先に「死体現場」を探すのですが、

今回は特殊な状況だったので、すっかり忘れていました。

 

(まぁ・・・・いつも通りで寝室だろう)

 

そう軽く考えて

石をコツコツと拾いながら、寝室へと向います。

 

しかし寝室に入る前に、ふと

どうでもいい事に気が付きました。

f:id:Haruosan:20170103091353p:plain

寝室へ向かえば向かうほど、

置いてある石の形が「丸い形」になっている気がしたのです。

 

玄関付近の石は明らかに

「トゲトケした形」だったのですが・・・・。

f:id:Haruosan:20170103091509p:plain

(これは一体・・・・・・・・?)

 

そう気づいたものの、

(いや・・・・それがどうした・・・・)

と、私は考えるのをやめました。

 

考えても、意味の無い事だったからです。

 

そのまま寝室に向かって、石を拾いながら

部屋の奥へ奥へと進んでいきます。

 

しかし・・・・私は寝室に向かえば向かうほど、

どうしようもない「恐怖」を感じるようになっしまいました。

f:id:Haruosan:20170103091630p:plain

理由は、さっき「石の形」の事を考えてしまったからです。

一度「何か」を考えてしまうと、

「思考」は止まらなくなってしまいます・・・・・・。

 

この石は何なんだろう?

何でこんなに集めているんだろう?

どんな意味があるんだろう?

 

私は普段は、

幽霊の存在などを

特別信じたりする方ではありません・・・。

 

ですが、こういう状況になると、

「幽霊」のような存在の事を、強く意識してしまうのです・・・・・。

f:id:Haruosan:20170103091848p:plain

ついには、恐怖のあまり、

石を拾い続けていた、手の動きが止まってしまいました。

f:id:Haruosan:20170103091953p:plain

恐怖でカラダが動きません。

10秒程でしょうか?

恐怖で、カラダがカチカチに固まってしまいました。

 

そしてハッと気づいたあと、

振り返って、そのまま部屋を飛び出しそうになります。

f:id:Haruosan:20170103092129p:plain

しかし!

私は自分の胸のあたりをギュッと掴んで、立ち止まりました。

 

この部屋を、もし一度飛び出したら、

もう部屋に入る勇気が無くなってしまう気がしたのです。

 

(逆、逆、逆だ、向かう方向が逆)

 

自分にそう言い聞かせます。

 

飛び出すのなら玄関じゃなくて、

寝室に向かって行くべきハズなのです!

 

私はバケツを置いて、

自分に考えるヒマを与えない為に

急いで、寝室へと向います。

f:id:Haruosan:20170103092301p:plain

そして寝室の前に立つと

トビラを勢い良くガラガラッと開けました。

そこは

異世界の寝室

f:id:Haruosan:20170103093003p:plain

しかし寝室を見た瞬間

私の心は完全に恐怖心で折れてしまいました。

 

寝室の床には

 

茶色いベトベトしたシミのついた布団

 

そのフトンを取り囲むように

石で作られた魔法陣?のようなサークルが

床にいくつも作られていたのです。

f:id:Haruosan:20170103092817p:plain

そして、一番大きな魔法陣の中央には

よくわからない「龍の置物」が置いてありました。

 

石の魔法陣龍の置物にどんな意味があるのかは

サッパリわかりません!

 

ただただ、

その異様な光景が恐ろしくてたまらなかったのです。

 

5分位でしょうか?

私はまた恐怖心でカラダが硬直してしまいました。

f:id:Haruosan:20170103093147p:plain

その間、龍の置物とジィーッと見つめ合っていました。

気のせいでしょうか?

龍の置物を見つめていると、何だか胸が苦しくなってくる気がします。

 

(もう、いやだ・・・・帰りたい)

 

そう思った、次の瞬間

 

あまりの恐怖心のせいか、

私の中の何かがプツンキレてしまいました。

f:id:Haruosan:20170103093338p:plain

限界を超えたのでしょうか?

さっきまで感じていた恐怖心が突然消え去ったのです。

f:id:Haruosan:20170103093636p:plain

私は寝室に飛び出すと

まず、魔法陣?のサークルを蹴飛ばして壊し始めました。

 

(これが原因だ!これを壊せば何も怖くない!)

私はそう思ったのです。

f:id:Haruosan:20170103093520p:plain

ひたすら石を蹴り飛ばします。

グチャグチャにしてしまえば、ただの石!

 

そして、魔法陣を一通り破壊すると

 

龍の置物の首をギュッと掴んで持ち上げました。

f:id:Haruosan:20170103093913p:plain

(なんだ・・・・見た目より軽い・・・・)

 

よく見ると、なんだか作りが粗いように見えます。

そんなに凄いモノには見えません。

f:id:Haruosan:20170103094204p:plain

(きっと、よくわからないガラクタだろう)

 

その作りの粗い、間抜け顔の龍の置物を見つめていると

何だか可笑しくなってヘラヘラ笑いだしてしまいました。

f:id:Haruosan:20170103094107p:plain

(こんなモノを怖がっていたなんて・・・・)

何だか可笑しくて仕方がありませんでした。

 

さいごの片付け

あとはせっせと、石を片付けると、

「金目のモノ」を探します。

 

一応、龍の置物は回収しましたが、

たいしてお金にはならなそうに思えました。

 

そこでマネージャーに電話して、部屋の状況を伝えると

「仏壇を持って来い」

と言われました。

f:id:Haruosan:20170103094314p:plain

(えええ・・・・)しかし業務命令は絶対です。

 

怖いお兄さんを呼び出して、

二人で「小さな仏壇」をトラックまで運び、回収しました。

f:id:Haruosan:20170103094423p:plain

これは真っ当な仕事なのですが、

仏壇を回収する時は、さすがに少し胸が痛みます。

 

仏壇を運ぶ前に、写真が一枚挟んである事に気が付きました。

写真には初老の男性と女性が写っています。

f:id:Haruosan:20170103094555p:plain

夫婦でしょうか?

 

寝室の床のフトンは少し大きめのサイズで

たくさんの茶色いシミが残っていました。

 

(アレは、二人分だったのだろうか?)

f:id:Haruosan:20170103094841p:plain

いや、それも考えては・・・いけない事なのです。

 

私は私の「役割」を全うしたのです。

他の事を考える必要は無いのですから・・・・。

 

怖いお兄さんが、最後に現場を確認してくれます。

 

小さな石が少し残ってはいましたが

「おつかれさん」

とOKを出してくれました。

f:id:Haruosan:20170103094957p:plain

私は部屋を出る前に、

写真を玄関の下駄箱の上にそっと置いていきました。

f:id:Haruosan:20170103095115p:plain

もしかしたら、この二人を知っている誰かが、

この写真に気づいて

あるべき場所に持って行ってくれるかもしれません。

f:id:Haruosan:20170103095351p:plain

たぶん・・・・

自分の仕事中に感じていた「罪悪感」

この小さな小さな「善行」

少しでも許してもらおうと思ったのだと思います。

 

誰に許してほしかったのかは、私にもわかりませんが・・・。

 

f:id:Haruosan:20170103095530p:plain

 

🔻龍の置物は後日30万で売りさばきました。