彼女の浮気で『婚約破棄』になった修羅場の話

私が経験した、初めての彼女の話と1度目の婚約破棄の話です。内容がドロドロしてあまりにも汚いのですが、軽い気持ちで読んでみて下さい。

彼女の浮気「5股」の発覚

f:id:Haruosan:20161223193133p:plain

日曜日の夜

二人で映画を見ていると、机の上に置いてあった彼女の携帯が鳴りました。

 

ブーブーブー(携帯電話の振動音)

f:id:Haruosan:20161223193457p:plain

どうやらメールじゃなくて、電話のようです。

 

彼女は携帯が鳴ると急いで携帯をパッと掴みました。

f:id:Haruosan:20161223194054p:plain

おお・・・動きが早い。

 

舌をペロンと伸ばしてハエを食べるカエルを思い浮かべました。

 

彼女が携帯をとる前に、

見るつもりは無かったのですが、相手の名前が見えてしまいました。

(携帯が開いたままの状態だったので、)

 

(・・・・・男性の名前?)

 

確かに男性の名前のように見えました。

 

彼女の反応の良さに驚いた私は、

「それ・・・お友達?」と彼女に聞いてみました。

 

彼女は・・・・携帯を握りしめたまま、黙って答えません

f:id:Haruosan:20161223194240p:plain

 

(えっ?)

 

彼女の反応に私はヒドク動揺しました。

 

(いや・・・まさか・・・まさか)

 

彼女は常日頃から

「浮気とか、人を裏切る行動は最低!」と言っていたからです。

 

(いやいやいやいや・・浮気のハズがない・・・・)

 

彼女はボソッと「バイト先の友達・・・」と言いました。

そうか・・・・バイトの・・・

しかし私は何も答えませんでした、何も言えませんでした。

f:id:Haruosan:20161223195812p:plain

 

なぜなら、彼女のバイト先に「男性」は居ないからです。

その沈黙で、彼女も自分の稚拙なウソがバレた事に気が付きました。

 

私は「今からはじまる事」を予感して恐怖しました。

 

部屋には映画の音だけがポツポツと流れています。

(たしかアメリを見ていたかと・・・・)

 

私は震えながら声を絞り出しました。

 

「え・・・・う・・浮気?」

 

それを聞いた瞬間!

彼女が豹変しました!

 

チッ!(舌打ちの音)

 

f:id:Haruosan:20161223194456p:plain

こんなに大きな舌打ちを聞いたことがありませんでした!

私は思わずビクッとしました。

 

そしてさっきまで怯えていた?彼女が顔を上げてこう言いました。

 

「あぁ~もうめんどくせぇ、わかれるかぁ!?」

 

頭が真っ白になりました。

私の人生も驚きの連続でしたが、

この時が一番頭が真っ白になったかもしれません。

f:id:Haruosan:20161223194544p:plain

 

・・・・・・・・真っ白でした。

この後、彼女が5人の男性と関係を持っていた事実が発覚するのですが・・

その話の前に、まずこれまでの二人の話をさせて下さい。

はじめての彼女との出会い

彼女との出会いは特別なモノではなく、

ブラック営業会社での職場恋愛でした。

 

これが私にとっては、実質初めての彼女になります。

 

出会いは

 

面接にきた当時20歳だった彼女を

一応役職を持っていた私が職場案内と面接を行った事でした。

f:id:Haruosan:20161223200111p:plain

飛び込み営業をしていた私でしたが、

人と普通に話すのは尋常でない程苦手だったので

 

いつも全身に汗をかきながら、オドオド案内していたと思います。

 

しかし、そんな私を見て彼女が

「ステキ!」と思ってくれたそうです。

(なぜでしょうか?)

f:id:Haruosan:20161223200227p:plain

まぁそんなこんなで

 

入社した彼女から猛アプローチを受けることになり・・・・

付き合うようになったのですが・・・。

 

周囲の人達は二人の交際に猛反対をはじめました。

周囲の強烈な反対

社内恋愛は原則禁止でしたので、私たちはコッソリ

付き合い始めた・・・つもりでした。

f:id:Haruosan:20161223200550p:plain

まず二人の交際に初めに気がついたのは強面のマサさんでした。

野生の勘なのか?とにかくこの人は勘が鋭い。

 

仕事終わりにマサさんが

「おう、お前チョットこっちこいや」と私を呼び出しました。

 

わたしはオドオドしながらついていきます。

 

「お前・・・アレと付き合ってるのか?」

何でもハッキリ言うマサさんにしては、

随分歯切れの悪い話し方です。

 

わたしは答えに困ってオドオドします。

f:id:Haruosan:20161223200810p:plain

 

マサさんは続けます。

「お前な、そのなんだ・・・・よく考えろよ?」

 

それだけ言うと、マサさんはタバコを吸いに行ってしまいました。

 

それからというもの・・・・

同僚や先輩達が順番にわたしのところにきては

 

「アイツと付き合ってるのか?やめとけよ!」

 

「お前わかってて付き合ってるのか?」

 

「アイツだけはない!」

f:id:Haruosan:20161223201059p:plain

 

と、私に別れるように説得してきました。

 

余計なお世話でした。

f:id:Haruosan:20161223201220p:plain

私も彼女のことが好きで付き合っていましたから、

他人にとやかく言われる筋合いはない!

そう思っていたのです。

 

彼女はみなが言うように「変わった人」でしたが、

いつめも明るくて、よく笑う魅力的な女性でした。

f:id:Haruosan:20161223201356p:plain

確かに、彼女はたまにテンションが上がりすぎて

「奇声」を上げたり「踊りだしたり」

してしまう所がありましたが・・・・・。

f:id:Haruosan:20161223201714p:plain

私はそういう所も「カワイイ」と思っていましたし

そこが周囲の誤解を招いているのだろう、とも思っていました。

 

結婚させて下さい!

f:id:Haruosan:20161223201845p:plain

 童貞 ピュアだった私は、

付き合う=結婚する

という誰もが羨む豊かな発想力を持っていました。

(※私は当時すでに20代半ばです。)

 

なので付き合って1ヶ月ほどたった頃には

「お互いの両親にアイサツをしよう!」と言い出していました。

 

彼女も「ほんと?!うれしい!」と喜んでいました。

 

頭の中がハッピーでした。

 

彼女の実家にいた「男の子」

f:id:Haruosan:20161223202000p:plain

そして私は日曜日に、彼女の実家へアイサツに向かいました。

 

事前に彼女の家庭環境を聞くと

ご両親は離婚しており、お父さんは失踪中との事でした。

 

お母さんは女子高生時代に

お父さんと出会い妊娠

そして、高校を中退。

 

彼女の兄弟は4人

しかし、お父さんが「浮気」をして失踪。

 

という流れだそうです。

f:id:Haruosan:20161223202301p:plain

 

私のいたブラック企業は元犯罪者だらけですから・・・・

両親が居ないという人も多かったので、特に驚いたりはしませんでした。

 

彼女はアパートに一人暮らしをしていたのですが、

なぜかお母様は割りと近所に住んでいました。

f:id:Haruosan:20161223202722p:plain

しかし

 

(こんなに近所なら一緒に暮せばいいのに)

 

という私の疑問はすぐに解消されました。

 

 

「失礼します!」と彼女の実家家に上がってお母様に挨拶をすると

そのスグ横に「男の子」がいたからです。

f:id:Haruosan:20161223211038p:plain

弟?いや、兄弟は兄二人と姉一人と聞いていました。

 

私が少しオロオロして彼女をチラっと見ると、彼女がこう言いました。

 

「この子、ヤっくん!お母さんの彼氏!」

 

(彼氏!?)

その子はどう見ても◯学生くらいにしか見えません・・・・。

いや、そんな事よりカラダが異様に細く、色が白すぎる

(ちゃんとゴハンを食べているのか?)

f:id:Haruosan:20161223211911p:plain

ヤッくんは目を合わせないが、妙にニコニコ笑っています。

 

私も精一杯の笑顔で返します。

 

私は大きく動揺していましたが、そんな失礼な態度は見せられません!

何とか丁寧に挨拶を済ませると

 

彼女と結婚を前提に「真剣なお付き合い」している事

彼女と同棲したい事、

 

この2つをお母様に伝えました。

f:id:Haruosan:20161223211124p:plain

お母様は特に反対もせず

「娘をよろしくね!」と言ってニコニコしていました。

 

しかし私は

(お母様に認められた、良かった!)

 

という気持ちよりも

 

隣にいるヤッくんの事が気になって仕方がありませんでした。

 

なぜなら、彼の顔には殴られたような痕がいくつもあったからです。

f:id:Haruosan:20161223211623p:plain

 

つづく

 続きはコチラの記事になります。

www.keikubi.com