警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

『龍が如く』のようなスグ乱闘を起こす「超ブラック企業」での話

龍が如く6が面白い

「龍が如く6」というゲームを買いました。

どんなゲームかと言いますと

元ヤ◯ザの人とヤク◯と◯クザが街中で大暴れするゲームです。

(マフィアとかヤンキーも出てきます)

とても面白いゲームです。

f:id:Haruosan:20161219191544p:plain

 

彼らは

公道でもコンビニでも飲食店内でも、どこでも乱闘騒ぎを起こします。

絡んできたチンピラに、

自転車を投げつけたり

カンバンをなげつけた・・・・・

(ん?なんかコレ既視感があるぞ)

カンバン・・・・・

f:id:Haruosan:20161219191736p:plain

昔同僚がチンピラ?にカンバンを投げつけていた事を思い出しました。

(懐かしいなぁ・・・・)

 

私は「元犯罪者だらけの営業会社」に3年間在籍していました。

?その会社の話かコチラにまとめてあります。

 

彼らはどこでも乱闘をはじめます。

f:id:Haruosan:20161208203100j:plain

 

「なめられた」「因縁をつけられた」

そう感じたら、そこがどこだろうとおかまいなしです。

 

?コチラの記事でも乱闘の話は少し書いています。

 

まさにゲームの通りです。

彼らに理屈や常識は通じません。

そもそも、そんなモノがあったら

彼らが刑務所に入る事なんて無かったのですから・・・。

f:id:Haruosan:20161207091342j:plain

ボッタクリバーで乱闘事件

f:id:Haruosan:20161219192314p:plain

営業の出張中、私とマサさんとダンくんの3人で夜の街に繰り出しました。

キッカケは、私がそういう「夜のお店」に行ったことが無いと言った事でした。

 

それを聞いたマサさんが

「じゃあ俺が連れてってやるよ!」と言ってくれたのです。

マサさんは会社の兄貴分的存在でした。

f:id:Haruosan:20161207094420j:plain

 

マサさんがそう言うと一緒にいたダン君も

「俺も一緒にいいですか!?」と言って付いてきました。

ダン君はマサさんの舎弟的存在です。

f:id:Haruosan:20161219192602p:plain

マサさんが「ええぞ、付いてこい」と言うと

ダン君は前歯のない崩れた顔でくしゃくしゃっと笑いました。

 

二人共もちろん「元犯罪者」です。

ちなみにダン君は刑務所から出てきたばかりの

ホヤホヤの元犯罪者でした。

 

ヤ◯ザの代打ち「ダン君」

f:id:Haruosan:20161219192812p:plain

ダンくんは元々怖い人達の代わりに

「マージャン」を打っていたそうです。

※私はマージャンのルールすら知りませんが・・・。

こういうのを「代打ち?」と言うそうです。

 

どうやらマージャンが相当強かったようで、

ゲームセンターなどにある有名なマージャンゲームで最高ランクになっていたとかで、会社内で話題になっていました。(私はよく知りません)

 

忘れられないのが、私がダンくんに好奇心から

「もし代打ちでマージャン負けたらどうなるの?」と聞いた時に

 

「殺されちゃいますよ」

と言って前歯のない顔でクシャクシャと笑った時です。

たぶん「殺される」っていうのは「本当に殺される」って言う事なんでしょう。

f:id:Haruosan:20161219193010p:plain

その笑顔に背筋がゾクッとしました。

そしてダンくんはこう付け加えました

「だから負けないんですよ」

(まぁ・・・アナタが生きてるって事はそうなんだろうけど・・)

ダンくんはマージャンの話をする時だけは何か誇らしげでした・・・。

 

ちなみにダンくんが刑務所に入ったのは

「人を騙してお金をとった事」が原因でした。

 

それで莫大なお金を手に入れて毎晩数百万円のお金を使って

「夜の街」で遊んでいたそうなのです。

よほど「夜の街」が大好きだったんでしょう。

f:id:Haruosan:20161219193242p:plain

だからマサさんが「夜の街へ行こう」と言った時

自分も行きたい!と思ったんでしょうね・・・・ウンウン

夜の街へ

f:id:Haruosan:20161219193518p:plain

3人でちょっと都会の繁華街へ繰り出しました。

私はピカピカ光るカンバンに見とれて目がチカチカしていました。

3人ともウキウキして歩きます。

 

マサさんとダンくんが何か店を選んで?いるようでしたが

私は途中で買ってもらった「ワッフル」を食べるのに夢中でした。

f:id:Haruosan:20161219193659p:plain

何やら変わったスーツを着たお兄さんと二人が喋っています。

数分後、二人が「おい、コッチこいや!」と呼ぶので

私はただ、それについてきます。

f:id:Haruosan:20161219193917p:plain

キャバクラ?

f:id:Haruosan:20161219194140p:plain

何か喫茶店みたいな店に入ると中に

「キレイなお姉さん」が沢山居てドキドキしました。

 

f:id:Haruosan:20161219194329p:plain

でもマサさんとダンくんは口を揃えて

「たいした店じゃねえな、次いくか」と言って

1時間ほどで店を出ようとしました。

 

しかしお会計になると

突然マサさんが伝票?を見ながら

「あぁっ!?」という声を出しました。

f:id:Haruosan:20161219194647p:plain

(え?)

私がビックリしてマサさんの方を見ると、

マサさんが「オマエ外出とけや!」と私に言いました。

(ええ・・・)

何となく状況を察した私が、ビクビクしながら外に出ようとすると

f:id:Haruosan:20161219194943p:plain

 

私の目の前にロン毛のお兄さんが立ちふさがりました。

笑顔で「ダメっすよ~」といってるが目が笑ってない。

(えええ・・・・・)

するとマサさんが無言で

ロン毛のお兄さんを髪の毛を掴んで突き飛ばしました。

 

f:id:Haruosan:20161219195754p:plain

 

(ええええ・・・・)

ダンくんも店員さんの胸ぐらを掴んで

なぜかモジャモジャ頭をこすりつけています。

f:id:Haruosan:20161219200022p:plain

(何をしてるんだ・・・・・)

マサさんが私に

「こいつらボッタクリじゃ!」と言いました。

(これはお金を100万くらいとられるという、アレだ!!)

月収10万もない私は急いで店の外に飛び出しました。

f:id:Haruosan:20161219200430p:plain

しかし店員の人達が追いかけてきます。

するとマサさんは追いかけてきた店員さんを蹴り飛ばすと

その上にジャンプしました。

f:id:Haruosan:20161219200712p:plain

すごく高くジャンプしていました。

あああ・・・・・高い

「んぐっ」という店員さんのうめき声が聞こえました。

アレは痛かったと思います。

 

そしてマサさんは店のカンバンを持ち上げて

店員さん達に向かって投げつけました!

f:id:Haruosan:20161219201024p:plain

(ヒドイ・・)

 

私は涙目になりながら、路上でプルプル震えていました。

f:id:Haruosan:20161219201243p:plain

 

そして、マサさんはうずくまる店員さん達に向かって

 

「オレを誰だと思ってんだ!!!」と叫びました。

 

(え?誰なんですか?)

f:id:Haruosan:20161219191411p:plain

 

つづく

 

 ?こちらの記事につづいています。