読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

クソ人生の人へ「ダークファンタジー」

警察官をクビになったので『改名』して本当に人生をリセットした話

雑記

人生をやり直そうと思った経緯

警察官をクビになった当時18歳だった私は

良い意味でも悪い意味でも

 

「自分はもう死んだも同然」だと考えるようになりました。

f:id:Haruosan:20161217160732p:plain

 

子供の頃から憧れていた警察官をクビになってしまったのです。

その衝撃は言葉では言い表すことが出来ません。

 

🔻警察官をクビになった話はコチラです


これからどう生きれば良いのか?

私には全くわからなくなっていました・・

死にかけの私を励ましてくれた父

f:id:Haruosan:20161209131236p:plain

ふさぎ込んだ私に父は曽祖父の話をしてくれました。

「天皇陛下にハーモニカを献上した曽祖父」は夢半ばで心が折れてしまい

人生の殆どを家でふさぎ込んで過ごしてしまいました。

 

🔻天皇陛下のハーモニカを献上した曽祖父の話の記事はコチラです。

 

曽祖父の話を聞いた私は

(曽祖父と同じことを繰り返してはいけない)

そう思い「もう一度人生をやり直す」事に決めました。

人生のリセットボタン「改名」

f:id:Haruosan:20161217161506p:plain

私はまず「18年間使った自分の名前を捨てる」ことにしました。

そんな事できるの?と思われるでしょうが

私の場合はかんたんでした。

ちなにみ「名前を変えた」という表現は正しい表現ではありません。

正しくは「戸籍上の名前に戻した」という事になります。

 

私は生まれてスグ「ちょっと珍しい脳の病気」になってしまい

お医者さんに「死の宣告」をされていました。

🔻病気の事はこちらの記事に詳しく書かれています。


そんな時、両親は前の名前は縁起が悪かったのかも・・・

「名前を変えれば手術が成功するかもしれない」

と考えて私に「通称名」を付けました。

こんな事は何の意味も無いのでしょうが、両親も不安だったのでしょう、

そして手術が成功した私は、

その「通称名」のまま18年間生きていく事になります。

2枚の卒業証書

f:id:Haruosan:20161217161823p:plain

私は小学校、中学校、高校の卒業証書が2枚づつあります。

戸籍上の名前と通称名の2枚です。

担任の先生が代わるたびに

「なんでオマエの名前はこうなってるんだ?」と聞かれます。

そのたび私は病気の説明をしていた記憶があります。

パスポートは通称名、保険証は戸籍の名前

f:id:Haruosan:20161217162108p:plain

こんな風に私の名前はずっとゴチャゴチャになっていました。

 

学校ではB君

パスポートもBという名前

保険証は戸籍名なので病院だけはA君

 

まぁ殆どは通称名の「B君」として過ごしていましたが・・・。

よくわからないと思われるでしょうが。

個人的には当たり前のことになっていたので

全く違和感は感じませんでした。

 

あれから一度も18年間名乗ったBの名前を使った事はありません。

 

もちろん名前を変えるなんて事は何の意味もない話です。

ですが名前を変える事で「今から人生をやりなおしている」

そんな前向きな気持になれる気がしたのです・・・・。

f:id:Haruosan:20161217162338p:plain

私が考えた「人生をやり直す」方法

f:id:Haruosan:20161217162655p:plain

私が人生をやり直すために始めたのは

スイミングスクールのアルバイトでした。

 

なんでだよ!!!と思われるでしょうが、聞いて下さい。

 

私は人生をやり直す方法を毎日毎日考えていました。

f:id:Haruosan:20161217162821p:plain

すると、ある日TVから

「子供を育てていると、自分も子供になったような疑似体験が出来るんです。」

という話が耳に入ってきました。

(疑似体験!?これだ!!!!)

私は閃きました。

f:id:Haruosan:20161217163000p:plain

今から私が幼稚園、小学校と・・・と人生をやり直す事は出来ません。

しかし!

小さな子供と接する事で

幼い頃からの人生を「疑似体験」出来るのではないか?と考えたのです。

f:id:Haruosan:20161217163103p:plain

私の人生をやり直すヒントはここにあると私は確信したのです!!

 

今考えると、そう「全て」が狂っていました。

どこから疑似体験をするべきか?

f:id:Haruosan:20161217163254p:plain

やるなら一番最初からやりなおさなければ・・・・

「赤ちゃん」からやり直すべきだと私は考えました。

私が赤ちゃんと接する事が出来るのは?

そうスイミングスクールです。

f:id:Haruosan:20161217163424p:plain

しかもスイミングスクールなら

赤ちゃん

幼稚園児

小学生

中学生

社会人

まで幅広いクラスが設けられており

「人生のやりなおし疑似体験」をするには格好の場所に思えました。

 

私はスイミングスクールのコーチとなり

彼らと接する事で一から人生を学び直す」事に決めたのです。

 

そして、それだけの為に約2年間

スイミングスクールのコーチのアルバイトを続けたのです・・・。

f:id:Haruosan:20161217163755p:plain

 

こんなに狂っている人間がいるでしょうか?

f:id:Haruosan:20161217163849p:plain

けっきょく人生をやり直すとはどういう事なのか?

18歳の私が警察官をクビになったのは

「重度のコミュニケーション障害」が原因でした。

人とまともに会話ができなかったのです。

人と話して少しでも緊張すると

「あ・・・・・ああ・ああ・・・」

千と千尋のカオナシのような状態になってしまいます。

そのせいで上司から「不適格」と判断されてしまったワケです。

f:id:Haruosan:20161217164101p:plain

 

私は学生時代ほとんど人と会話した事がありませんでした。

友達や彼女なんかも出来た事がありません!

 

このコミュ障を直さないと、私の人生は変わらない!

そう思っていました。

f:id:Haruosan:20161217164325p:plain

なので強制的に喋らなければいけないスイミングスクールのコーチは

「コミュ障」を治すのにも最適な場所に思えたのです。

いざスイミングスクールの面接へ

f:id:Haruosan:20161217164550p:plain

面接でも私は「コミュ障」の力を遺憾なく発揮しました。

口をぱくぱくさせて、言葉をつまらせて

面接官の人も

「え?なに?」

「もう一回言ってくれる?」

私はさらにパニックになります。

「ああ・・・あの・・・ああ・・・・・・」

もう何を喋っているのかわかりません。

面接官の人もパニックになります。

あげく「大丈夫?体調悪い?」と心配される始末でした。

f:id:Haruosan:20161217164813p:plain

 

なぜそんな私をアルバイトとはいえ採用したのかわかりませんが・・・。

おそらく人手不足だったのでしょう。

子供達が持っている不思議な力

無事スイミングスクールのアルバイトコーチとなった私は

まず補助コーチとしてメインコーチの側について研修をはじめました。

f:id:Haruosan:20161217172912p:plain

私が水泳場に出てくると、

初対面の子供達が私に元気よく

「こんにちわ!!」と挨拶してきます。

f:id:Haruosan:20161217173013p:plain

 

わたしはビックリして声が出ません。

「あ・・・ああ・・・」

(子供相手ならコミュ障も出てこないだろう)

とタカをくくっていたのは大きな間違いでした。

 

最初のクラスの子どもたちは幼稚園くらいだろうか?

みんな私を見ながらニコニコしています。

f:id:Haruosan:20161217173557p:plain

 

『純粋無垢』

 

そんな言葉が頭によぎりました。

メインコーチが

「じゃあみんなビートバン持ってこようか!」と言うと

 

みんな一斉に立ち上がりビートバンを取りに向います。

 

 

すると私の右手に何か暖かく柔らかい感触がしました。

 

右手を見ると

小さな女の子が私の右手を握っています。

f:id:Haruosan:20161217173341p:plain

 

私は凄まじい衝撃を受けました。

 

(初対面の私に何の警戒心も抱かないのか)

 

私はそのまま女の子の手をとりビートバン置き場まで連れて行きます。

f:id:Haruosan:20161217173802p:plain

 

しかし、こんな風に人に触れられたのは何年ぶりだろうか?

 

女の子はニコニコ笑っている。

 

 

私にもこの子のように何の警戒心もなく、

人の心に飛び込めた時期があったのだろうか?

 

(またそんな日がくるのだろうか?)

 

子どもたちはいつも無邪気で楽しそうに笑っています。

そんな子どもたちからは、とてつもないエネルギーと

 

何といますか・・「希望」のようなモノを感じました。

f:id:Haruosan:20161217174117p:plain

警察官をクビになってから

うつ不眠症で悩んでいた私も、子どもたちを見ていると

そんな症状が大きく和らいでいくように感じられました・・・・。

 

子供たちを通じて私に「希望」が伝染したのでしょうか?

疑似体験は成功だったのかもしれません・・・。

 

ここからもう一度人生をやり直そう

私はそう決意しました。

 

つづく