読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

警察官クビになってからブログ

クソ人生の人へ「ダークファンタジー」

警察学校時代に拳銃を壊した話

クビになった警察官編

警察学校時代の話を思い出したのでチョット書いてみました。日本ではなかなか撃つ機会の無い「拳銃」を撃った話です。

拳銃は怖い!!!!

f:id:Haruosan:20161210093413p:plain

私の短い警察官時代に「拳銃の射撃訓練」を何度か受けた事があります。

はじめて拳銃を手にした時、なんとも言えない恐怖感を感じたのを覚えています。

f:id:Haruosan:20161210093613p:plain

(こんな小さな鉄の塊で簡単に人が殺せてしまうのか・・)

そんな事を考えてゾクゾクしていました。(恐怖感で)

はじめての拳銃

f:id:Haruosan:20161210093837p:plain

ある程度の研修を受けた後、みんなで一斉に拳銃を撃ちます。

構えて

撃鉄を引いて・・・・・撃つ

パンッ

想像よりも大きな音はしません。

ただ、みんなで一斉に撃つとパンッパンッパンッ

とかなりの大きな音になるのでビックリします。

そして銃を撃った手には「小さな反動」が残ります。

f:id:Haruosan:20161210094056p:plain

的がハデに壊れたりはしませんが、その音と手に残る感触は

「拳銃の恐ろしさ」を感じさせるには十分すぎるモノでした。

(火薬の匂いだろうか?鉄臭い匂いがする・・・)

2発目を撃つまで走馬灯のように色んな事を考えてしまいました。

f:id:Haruosan:20161210094230p:plain

1発撃ったら、また撃鉄を親指で引っ張ります。

そしてまた

パンッ

と繰り返して銃を撃ち続けます。

背中に凄まじい汗をかいていました。

ない!?

ある日、拳銃の訓練をしていると

1発目   パンッ

 

2発目   パンッ

 

3発目・・・・あれ?

ない、アレが無い(撃鉄)

f:id:Haruosan:20161210094417p:plain

あ、地面に落ちてる

 

(拳銃を壊してしまった!)

 

頭が真っ白になった。

 

そして私は置物のように固まってしまった。

 

これどうなるんだろう?爆発したりしないだろうか?教官に怒られる!何で壊れたんだろう?何か変な事したかな?あああどうしようどうしようどうしよう・・・・・・・・

 

硬直した私の頭の中は

完全にパニック状態でした。

f:id:Haruosan:20161210094634p:plain

 

すると後ろにいた同僚が何か叫んでいます。

「て!テ!手!」

(手?)

f:id:Haruosan:20161210094805p:plain

あ・・そうか

私はアワアワしながら急いで手を上げた!

すると教官が小走りでやってきた。

「どうした?」

f:id:Haruosan:20161210095003p:plain

私は口をパクパクさせながら必死に何かをしゃべりました

だが教官は私が何を喋っていたのかわからない様子。

 

そこで教官は私の拳銃の様子に気がつきました。

 

教官の鋭い目線が怖くて足が震えました。

 

すると教官が大きな声で

 

「エライ!!!!」と言いました。

(えっ?)

みんながその大声にビックリしてコチラを見ます。

私は何が起きたのかさっぱりわかりません。

 

f:id:Haruosan:20161210095051p:plain

教官はみんなにも聞こえる大きな声で話を続けます。

「何か大きな事件があれば、この拳銃が現場に支給される事もありえた。」

「お前のおかげで不良のある拳銃が一つ発見されたんだ。」

「よくやった!」

教官はそれだけ言うと壊れた拳銃を回収していきました。

 

f:id:Haruosan:20161210095240p:plain

私の感想は?

(わぁああああ教官カッコイイ!!!!!!)

という事だけでした。

ちゃんちゃん

f:id:Haruosan:20161210095408p:plain