警察官クビになってからブログ

ダークファンタジーブログだよ

入社したら「全員退職済み」だった【離職率99%のブラック企業】

ブラック企業のブラック度を測る上で欠かせないのが、やはり離職率ではないでしょうか?私が3年間勤めた最強のブラック企業の離職率は99%!3ヶ月以内には殆どの社員が辞めてしまう最悪の会社でした。今回はそんなクソブラック企業の離職率のお話をしていきたいと思います。

離職率99%のブラック企業

f:id:Haruosan:20161129071832j:plain

私がいたブラック企業は離職率も最強でした。

飛び込み営業という特殊な会社だった事もあるのですが「毎月10人の新入社員が入り、入れ替わりで10名の社員が毎月辞める」という恐ろしい会社でした。

広告費に莫大なお金をかけて、毎日のように面接を行います。

従業員数は常に30名~40名ほど維持され続けてはいますが

90%以上の従業員が確実に3ヶ月以内に辞めます。

私がいた3年間で最後まで一緒にいた従業員は3名だけでした。

そして最終的に残った社員は1名だけです。(倒産まで)

f:id:Haruosan:20161129072214j:plain

一応言っておきますが

この会社に長く残り続けるほど「頭が悪い」という認識でオッケーです!

入社したら面接官が退職済みだった

f:id:Haruosan:20161129072445j:plain

入社初日、私は緊張しすぎて足をガクガク震わせながら会社に向かいました。

しかし、オフィスに入ると上司や先輩たちが元気よく迎えてくれます。

f:id:Haruosan:20161129072626j:plain

みんな「はじめまして!◯◯です!」と言いながら握手してきます。

※外資系だから挨拶は握手が当たり前なんだそうです。

(あれ?)

そこである事に気が付きます。

面接の時に親切に説明してくれた「お兄さん」が居ない・・。

(今日は休みなのかな?)

そう思いました。

しかし私とお兄さんが再開する事は2度とありませんでした。

なんと面接官のお兄さんは、私が面接を受けて入社するまでの間に

すでに退職していたのです。

f:id:Haruosan:20161129072755j:plain

恐るべきブラック企業です。

しかし、私はもっと重大な事実に気がついてしまったのです。

求人広告に写っていたメンバーが「全員退職」していた

f:id:Haruosan:20161129073006j:plain

私が見た求人広告には、10数人の若い従業員が

キャンプをしたり

バーベキューをしたり

サッカーをしたり

楽しそうにしている魅力的な写真が掲載されていました。

(こんな会社に入りたい・・・)

写真を見て私はそう思いました。

採用が決まってからも、毎日その写真を眺めて

(このメンバーと仕事が出来るんだ!)とウキウキしていました。

しかし入社してみると、私が知っている顔がひとつもありません。

それもそのハズで、全員退職していたからです。

f:id:Haruosan:20161129073213j:plain

3ヶ月の間に10数名の社員が退職して入れ替わっていた

f:id:Haruosan:20161129073412j:plain

社長が求人広告の写真を見ながら

「この写真は◯月に◯◯へキャンプにいった写真だよ~うちの社員はみんな仲が良いんだよ~」と言っていましたので・・・

つまり、写真が撮影されてから私が入社する約3ヶ月の間に求人広告の写真に写っている全社員が辞めている事になります。

そんな写真を求人広告に載せるなよ!!笑

と思うのですが「みんな辞めるのが早すぎる」ので、写真の差し替えでき無かったのかもしれませんが・・・。

新入社員の5割が初日に辞める

f:id:Haruosan:20161129073636j:plain

私が入社してからも毎日のように面接が行われ、新入社員が入社してきます。

しかし半数以上の新入社員が次の日には見かけなくなります。

なぜか?

原因は様々ありますが・・・・。

いや問題はありすぎる程あるのですが・・・。

最強のブラック企業にある宗教的洗脳教育

f:id:Haruosan:20161129074020j:plain

おそらく初日に辞める一番の理由は「宗教的な会社の雰囲気」だと思います。

例えば、まず入社すると全員「元気」を強制されます。

元気が無いとどうなるのか?

  1. 上司に「ちょっときて」と会社の外へ呼び出されます。
  2. 「なんで元気無いの?」と理由を聞かれます。
  3. みんなに迷惑だよね?等と諭されます。
  4. ダメそうならそのまま帰らされます。

「ネガティブな社員は会社にいてはならない」という事なのだそうです。

こんな雰囲気を見て

f:id:Haruosan:20161129074422j:plain

(ここはヤバイ)と思って辞めてくわけですね!

何かをすぐ投げ出すのはよくない事ですが、この会社を初日に辞めるのは英断と言えるでしょう。

クソブラック企業の「元気強制システム」の事例

f:id:Haruosan:20161129075037j:plain

入社して数日後に「今日は雨が降ってますね~」と会社で言った事がありました。

すると「ちょっといい?」と会社の外に呼び出されたのです。

(なんだろう・・・何かやってしまったのかな?)

とドキドキしました。

そして上司から「何でそんな事言うの?それネガティブだよね?」と叱られたのです。

(雨が?ネガティブ?なんだそれは?)

f:id:Haruosan:20161129075309j:plain

新入社員の私はとにかく謝りました。

まぁ確かに会社の空気を良くする事は悪いことではありませんよね・・・。

ちなみに

「あくび」

「疲れた」

「ため息」

「悪口」

なども口にした瞬間に「ネガティブ認定」されて社外に連れ出されます。

それは異常な程に徹底していました。

なので社内ではみんなニッコニコしていました。

退職者の名前を言う事は許されない

f:id:Haruosan:20161129075540j:plain

ここまでの話の流れでお察し頂けると思いますが・・・。

退職者=ネガティブ

となるわけですね!

ある日(あれ、今日◯◯さんいないなぁ)と思ったら

すでに辞めていた。という事が多々あります。

一般企業だと従業員が辞める時は

・退職者の挨拶

・会社内でお知らせ

等があると思いますが・・・

この会社では「退職者の事は一切話題に出してはいけない」のです。

次々に消えていく従業員達

f:id:Haruosan:20161129075822j:plain

退職の意思を伝えたら

「その日限りで黙って会社を去らなければいけません。」

引き継ぎも挨拶も一切ありません。

(引き継ぐものもないのですが)

辞めた後に従業員と連絡をとる事も一切禁じられます。

こうして、まるで神隠しのようにドンドン入っては消えていくのです・・。

離職率が極端に高いゆえの対策方法だったのでしょう・・・。

しかし今考えてもとんでもない会社だったと思います。