MENU

警察官をクビになった話 中編

 

 

  

「警察を辞めてくれないか?」

唐突にそんな事を言われたので酷く動揺しました。

f:id:Haruosan:20171231140748j:plain

「や・・辞めたくありません!」 

 私はうろたえながらも、すぐに返事をしました。

 

そこから小一時間ほどお説教がありました。

 

しかしこの時の内容は他愛も無い話で・・・

「しっかりしてくれ!」という程度のモノでした。

 

私は申し訳ない気持ちで一杯で・・

ただただ頭を下げ続けました。

f:id:Haruosan:20171231170245j:plain

問題はこの個室への呼出の後に起こりました。

同期からのイジメが、

急激にエスカレートしていったのです。

 

数日後・・・部屋に戻ると・・・

私の目覚まし時計が床に叩きつけられていました。

 

f:id:Haruosan:20171231170700j:plain

確か・・これが始まりでしたかね・・・?

 

今度は私の持ち物が少しづつ消えていきました。

(いいさ・・大したことじゃない・・・・)

私は何も言えず我慢し続けました。

 

しかし黙っていてもイジメは終わりません。

 

ある日・・高校時代から付けている

『日記』が無くなっている事に気が付きました。

 

部屋のロッカーのカギが開けられていたのです・・

(これは・・・まさか・・)

嫌な予感がしました。

f:id:Haruosan:20171231173241j:plain

 

早足で共有の娯楽の部屋に行くと

同期達が私の日記を読み上げて笑っていました。

f:id:Haruosan:20171231173753j:plain

これはなかなかツライ・・・参りました。

 

彼らはナゼこんな事を始めたのでしょうか?

原因の一つは『私が教官に呼び出されたこと』

なのだと私は思います。

f:id:Haruosan:20171231133611j:plain

 

 私が個室に呼び出され、教官に「辞めろ」

促された話を知らない同期は居ません。

 

朝から晩まで生活を共にする警察学校では、

殆どの情報が筒抜けです。

 

「警察官としてふさわしくないのだから、

イジメて辞めるように仕向けても問題無いだろう」

 

「教官に目を付けられているから何をされても

 どうせ密告することは出来ないだろう!」

 

みなそんな考えだったのでは無いでしょうか?

f:id:Haruosan:20180101061950j:plain

 

ただ・・厳しい訓練の中での集団生活ですから、

みんな強烈なストレスを溜め込んでいたのです。

 

こういう特殊な状況が、

彼らに異常な行動をさせていたのだとも思います。

f:id:Haruosan:20171231124457j:plain

 まぁ・・たぶんですけど。

 

 

警察学校の教官達も当然イジメに気づきます。

しかし・・・止めてはくれません。

 

イジメが過激になればなる程・・・

私の目には教官達が焦っているように見えました。

 

理由は・・・なんとなくわかって頂けると思います。

 

f:id:Haruosan:20180101062537j:plain

イジメがエスカレートし始めると・・・・

教官達からの呼び出しの回数が劇的に増えました。

教官達もエスカレートしていったのです。

 

毎晩のように私は個室に呼び出されて、

「警官を辞めろ!お前には向いていない!」

と叱責され続けるようになったのです。

 

「お前はバカだ!」

なんていう汚い言葉も飛び出します。

f:id:Haruosan:20171231170245j:plain

しかし私は・・・・

どうしても警察官を辞めたくありませんでした。

 

毎晩毎晩・・・・ひたすら謝り続けました。

f:id:Haruosan:20180101063202j:plain

 

私は幼いころからずっと警察官になりたかったのです。

幼稚園の頃には「おまわりさんになりたい」

周りに言っていた記憶があります。

f:id:Haruosan:20171229170206j:plain

10数年間ずっと憧れ続けた警察官に

やっとの思いでなれたのです・・・・

 

辞めたいワケが無いのです!

 

しかしいつまでも状況は変えられず・・・

厳しい訓練がを終わった後、毎晩のように

個室に呼び出されて数時間叱責され続けます。

 

f:id:Haruosan:20171231170245j:plain

 

ある日・・・ようやく上司の叱責が終わり、

フラフラの状態でお風呂に入ろうとすると・・・

f:id:Haruosan:20180101202146j:plain

 

総代(同期のリーダー的役割をする人)

がお風呂に向かう私の前に立ちふさがりました。

 

「風呂を使う時間は過ぎているだろ?」

と言われると確かにその通りなのですが・・・

 

f:id:Haruosan:20180101201822j:plain

 

私は教官達に個室で叱責され続けていたのです。

決められたお風呂の時間に入浴出来ません。

 

そのことを説明したのですが・・・・

「警察官ならルールを守れ!」

と取り合ってくれません。

 

なぜこんな事をするのか?

(まさか教官達と示し合わせて、

 私を追い詰めようとしているのか?)

 

なんて・・・疑心暗鬼にもなりました。

f:id:Haruosan:20180101202610j:plain

しかし何があろうと、

警察官を辞めろと言われようと、

「辞めません、頑張らせて下さい!」

と教官達に毎日頭を下げ続けました。

f:id:Haruosan:20171231170245j:plain

すると教官達もシビレを切らしました。

どうやっても私が辞めないからです。

 

そしていつもの通り・・・

訓練を終えてから個室に向かうと・・・

なんと!そこには父が居たのです。

f:id:Haruosan:20180101203932j:plain

あああ・・・・そういう手を使うのか・・・

私は恥ずかしい気持ちでイッパイでした。

 

 

 

🔻後編につづく