MENU

警察官をクビになった話 前編

 

私は高校を卒業と同時に

18歳で警察官になりました。

f:id:Haruosan:20171229163908j:plain

 

警察官になると・・・・

まず警察学校』に配属され、

集団生活の中で様々な訓練を受けるのです。

f:id:Haruosan:20170517050549p:plain

しかし・・まさか ・・わずか半年

警察官をクビになってしまうとは・・・

 

f:id:Haruosan:20171229170748j:plain

警察学校での集団生活では、

誰かがミスをすると連帯責任が基本です。

 

おっと・・マヌケな新人警察官が、

忘れ物をしてしまいました。

f:id:Haruosan:20171229204833j:plain

※私です。

 

警察学校の教官が大声で叫びます。

「全員腕立て!」

 

30名程の同期が一斉に

連帯責任の罰として腕立て伏せを開始します。

f:id:Haruosan:20171229205416j:plain

これが・・・なかなかに厳しい。

教官が「良し!」

と言うまで終われません。

 

まぁどうにかこうにか・・・

連帯責任の罰と授業が終わると・・

「ドンマイ!ドンマイ!」

「気にすんなよ!」

 

そんな風にミスを犯した私に

同期が優しい声をかけてくれます。

f:id:Haruosan:20171229210129j:plain

こうやって連帯感が生まれるワケですね。

 

しかし・・・・

このミスを何度も何度も続けてしまうと・・

どうなると思いますか?

 

私のミスのせいで同期達は・・

連帯責任として様々なを受け続けます。

f:id:Haruosan:20171229211752j:plain

するともう「どんまい!気にすんなよ!」

なんて言葉をかけてくれなくなるんです。

f:id:Haruosan:20171229211925j:plain

当たり前の話ですよね?

 

こうしてマヌケな私は嫌われ、

孤立してしまったのです。

f:id:Haruosan:20171229210935j:plain

さらにさらに致命的だったのが・・・

私は重度のコミュニケーション障害』

 

人を目の前にすると声が裏返りどもり、

あわあわと慌ててしまうのです。

 

f:id:Haruosan:20171229211234j:plain

友達の一人も作ることが出来ません。

誤解が誤解を生むばかりです。

 

男だらけの集団生活の中で、

私の孤立は一層深まるばかりでした。

f:id:Haruosan:20171231122333j:plain

すると・・・・・

やはり・・・と言いますか・・・

なんと言いますか・・

イジメが始まりました。

 

机に座っていると・・・・

ゴン!と後ろから殴られたました。

f:id:Haruosan:20171229212446j:plain

恐る恐る・・・後ろを振り向くと、

数名の同期がクスクスと笑っている・・

f:id:Haruosan:20171229212942j:plain

最初は軽く叩かれる感じだったのですが・・・

これがどんどんエスカレートしてしまいまして、

何かにつけてゴンゴン殴られるのです。

f:id:Haruosan:20171229212822j:plain

廊下を歩いていると・・・

 

キック!!

f:id:Haruosan:20171229213619j:plain

 

まぁ・・どこの学校でも職場でも

見かけるような話です。

f:id:Haruosan:20171229213853j:plain

しかし、こんな状態になってしまったのは・・

何も言い返せなかった私にも非があるのです。

 

私が黙ってイジメられ続けてしまったのは、

コミュ障やら気が弱かったのもあるのですが・・

一番の理由は罪悪感を感じていたからです。

 

f:id:Haruosan:20171231123308j:plain

 

自分がミスばかりするから嫌われてしまった。

「だから殴られても仕方ない」

「何をされても仕方ない」

さらにそんな風に卑屈に思ってしまったのです。

 

f:id:Haruosan:20171231124457j:plain

こういう卑屈な人間は・・

余計に嫌われるんですよね・・

 

そんなある日の夜・・

警察学校の教官から個室に呼び出されました。

 

「失礼します!」

そう言って恐る恐る個室に入ると・・・

3人の教官が私を待ち構えていました。

f:id:Haruosan:20171231133611j:plain

空気が重い。

 

初老の教官が無言のまま

私の顔をジッと見つめた後・・・・

 

さわやかな笑顔でこう言いました。

「なぁ警官辞めてくれないか?」

f:id:Haruosan:20171231134424j:plain

 

 

🔻中編に続きます

 

 

www.keikubi.com